医療・科学

アストラゼネカ株式会社

アストラゼネカ【喘息患者さんの実態調査 第二弾】喘息患者さんの4割以上が自己判断による通院や服薬の中止・回数変更をしたことがあると回答 その約4割が発作・症状悪化などの影響あり

~ 6割の喘息患者さんが治療や処方内容が3年以上同じ ~
アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ステファン・ヴォックスストラム、以下、アストラゼネカ)は、気管支喘息患者さんを取り巻く現状や喘息治療の実態を明らかにすることを目的とした患者調査を、全国の気管支喘息患者さん※1 3000名を対象に、近畿大学病院 病院長 東田 有智先生の...

アストラゼネカのSGLT2阻害剤フォシーガ、 第III相DAPA-HF試験の詳細結果を発表 心血管死と心不全の悪化、両方の発現率の有意な低下を示す

DAPA-HF試験は2型糖尿病合併および非合併の 左心室駆出率が低下した心不全の患者さんを対象とするSGLT2阻害剤で 最初のアウトカム試験
本資料はアストラゼネカ英国本社が2019年9月1 日に発信したプレスリリースを日本語に翻訳し、みなさまのご参考に提供するものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します。 アストラゼネカ(本社:英国ケンブリッジ、最高経営責任者(CEO):パスカル・ソリオ[...

アストラゼネカの抗血小板剤ブリリンタ (R) 錠、 第III相THEMIS試験において2型糖尿病合併冠動脈疾患患者さんの 心血管イベントリスクを低下

さらにブリリンタは冠動脈形成術の施行歴がある患者さんを対象とした 事前設定されたサブ解析において、臨床的により有意義な結果を示す
本資料はアストラゼネカ英国本社が2019年9月1 日に発信したプレスリリースを日本語に翻訳し、みなさまのご参考に提供するものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します。 アストラゼネカ(本社:英国ケンブリッジ、最高経営責任者(CEO):パスカル・ソリオ[...

アストラゼネカのAnifrolumab 全身性エリテマトーデスの患者さんを対象とした第3相試験で主要評価項目を達成

TULIP 2試験の良好なトップライン結果 は、複合的SEL評価における 統計学的に有意かつ臨床的に意義のある疾患活動性の低下を示す
本資料はアストラゼネカ英国本社が2019年8月29 日に発信したプレスリリースを日本語に翻訳し、みなさまのご参考に提供するものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します。 アストラゼネカ(本社:英国ケンブリッジ、最高経営責任者(CEO):パスカル・ソリオ...

アストラゼネカの呼吸器領域生物学的製剤ファセンラ 米国食品医薬局(FDA)より好酸球性食道炎に対する希少疾病用医薬品指定を取得

本資料はアストラゼネカ英国本社が2019年8月28日に発信したプレスリリースを日本語に翻訳し、みなさまのご参考に提供するものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します。 アストラゼネカ(本社:英国ケンブリッジ、最高経営責任者(CEO):パスカル・ソリオ[...

亀田グループとみらか中央研究所による顕微授精支援AI化成功について

みらかホールディングス株式会社(東京都新宿区、代表執行役社長:竹内 成和、以下「みらかHD」)の子会社である合同会社みらか中央研究所(東京都八王子市、職務執行者:小見 和也、以下「みらか中研」)は、医療法人鉄蕉会亀田総合病院及び亀田IVFクリニック幕張と共同で、顕微授精における精子の判別を支援...

アストラゼネカのCOPD治療配合剤 「ビレーズトリTMエアロスフィア(R)56吸入」および 「ビベスピ(R)エアロスフィア(R)28吸入」 同日に販売を開始

アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ステファン・ヴォックスストラム、以下、アストラゼネカ)は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療配合剤「ビレーズトリTMエアロスフィア®56吸入」(一般名:ブデソニド/グリコピロニウム臭化物/ホルモテロールフマル酸塩水和物、以下「ビレ...

アストラゼネカのビレーズトリTMエアロスフィア(R) COPDに関する第III相ETHOS試験で主要評価項目を達成

3剤配合治療薬(ブデソニド標準用量および低用量の両方)が 2剤併用療法と比較して中等度あるいは重度の増悪発生率において 統計学的に有意な抑制を示す 2つの異なる用量の3剤定量配合治療薬の影響を検証した初めての COPDに関する第III相試験
本資料はアストラゼネカ英国本社が2019年8月28 日に発信したプレスリリースを日本語に翻訳し、みなさまのご参考に提供するものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します。 アストラゼネカ(本社:英国ケンブリッジ、最高経営責任者(CEO):パスカル・ソリオ...

ギリアド・サイエンシズ株式会社、 抗HIV薬6品の日本国内における製造販売承認を12月1日より承継

ギリアド・サイエンシズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ルーク・ハーマンス、以下「ギリアド」)は、本日、日本で販売されている抗HIV薬6品の製造販売承認を2019年12月1日に承継することとなりましたので、お知らせいたします。これに伴い、これまで鳥居薬品が製品の流通を担当しており...

アストラゼネカのSGLT2阻害剤「フォシーガ」 米国食品医薬品局(FDA)より慢性腎臓病治療薬としての開発に対する ファストトラック指定を取得

本資料はアストラゼネカ英国本社が2019年8月27日に発信したプレスリリースを日本語に翻訳し、 みなさまのご参考に提供するものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します。 アストラゼネカ(本社:英国ケンブリッジ、最高経営責任者(CEO):パスカル・ソリ...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所