医療・科学

特定非営利活動法人日本アーティスト協会

日本アーティスト協会、アッヴィの「I know IBD(アイノウアイビーディー)プロジェクト」に賛同。指定難病IBDの理解向上を支援。

指定難病で最多なのに9割の人が知らない! トイレの貸し出しでIBD(炎症性腸疾患)患者を支援します。
アーティスト人材の活用とキャリア支援を推進する特定非営利活動法人日本アーティスト協会(本社:東京都渋谷区、代表:宇田川哲男)は、アッヴィ合同会社(本社:東京都港区、社長:ジェームス・フェリシアーノ)の「I know IBD(アイノウアイビーディー)プロジェクト」に賛同しました。 ...

横浜市立大学

タンパク質の結晶のほとんどはねじれている! -微小な“ねじれ”の観測に成功-

 横浜市立大学大学院生命ナノシステム科学研究科 阿部 満理奈(博士後期課程3年生)と鈴木 凌助教、橘 勝教授、小島 謙一名誉教授、高エネルギー加速器研究機構(KEK)平野 馨一准教授、広島大学大学院統合生命科学研究科 小泉 晴比古准教授らの研究グループは、世界で初めて、タンパク質結晶*1に存在...

株式会社リコー

「脊磁計による神経機能情報を活用した新たな診断技術の確立」に関して日本医療研究開発機構医療研究開発革新基盤創成事業(CiCLE)の委託研究開発契約を締結

~ リコー、東京医科歯科大学、金沢工業大学が共同で、臨床現場への普及を目指す ~
 株式会社リコー、国立大学法人東京医科歯科大学、学校法人金沢工業大学の3者が共同研究で開発を進めて来た脊磁計についての研究開発課題「脊磁計による神経機能情報を活用した新たな診断技術の確立」が、昨年11月、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)が実施する令和3年度「医療研究開発革新基盤...

横浜市立大学

B型肝炎ウイルスの受容体“胆汁酸輸送体”の立体構造を解明

 横浜市立大学大学院生命医科学研究科 朴 三用教授、国立感染症研究所治療薬・ワクチン開発研究センター 渡士幸一治療薬開発総括研究官、理化学研究所生命機能科学研究センター 白水美香子チームリーダー、京都大学 野村紀通准教授、延世大学 Lee Weontae教授らの国際研究グループは共同研究により...

アッヴィ合同会社

アッヴィ、IBD患者さんを取り巻く「見えない壁」を解消する「I know IBD(アイノウ アイビーディー)プロジェクト」を始動

アッヴィは「見えない壁」ともいえるIBD(炎症性腸疾患)患者さんを取り巻く様々な課題を解消し、希望あふれる日常の実現を目指す 本プロジェクトでは、IBD患者さんの日常生活での「見えない壁」の1つである外出時のトイレの不安解消と社会全体におけるIBDの理解向上に取り組む 国内のIB...

横浜市立大学

シスチン尿症の原因となるタンパク質生合成異常のしくみを解明

 横浜市立横浜市立大学大学院生命医科学研究科 生体膜ダイナミクス研究室 李勇燦助教(研究当時:マックスプランク生物物理学研究所 博士研究員)と東京慈恵会医科大学 永森收志准教授、Pattama Wiriyasermkul助教らによる国際共同研究グループは、シスチン尿症に関わるアミノ酸輸送体(ト...

サノフィ株式会社

日本人成人2型糖尿病に対する「ソリクア(R)」の 有効性・安全性を示す国内初(※1)のリアルワールドエビデンス SPARTA Japanを発表

・実臨床下におけるソリクア(R)の有効性・安全性を示唆 ・ソリクア(R)は経口血糖降下薬で血糖コントロール不十分な患者さんへの最初の注射薬として有効な選択肢である
サノフィ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岩屋孝彦、以下「サノフィ」)は、実臨床下での日本人成人2型糖尿病におけるソリクア(R)の有効性と安全性を評価した「SPARTA Japan」研究の結果が、2022年5月12日~5月14日まで開催されている第65回日本糖尿病学...

学校法人藤田学園

ナーシングフェスティバルを開催

5月12日は看護の日
藤田医科大学病院(愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1番地98、病院長:白木良一)は、5月12日の看護の日に「ナーシングフェスティバル」を開催しました。このイベントは、看護の心や活動内容を伝えるため、当院の専門・認定看護師らが中心となって行っているもので、新型コロナウイルスの影響で3年振りの開...

横浜市立大学

新型コロナウイルスの増殖性を立体臓器「ミニ腸」で検証〜デルタ株とオミクロン株の全く異なる特性を発見〜

 横浜市立大学大学院医学研究科 微生物学の梁 明秀教授、宮川 敬准教授、国立成育医療研究センター 生殖医療研究部の阿久津英憲部長らの研究グループは、ヒトiPS細胞由来の腸管立体臓器「ミニ腸」*1を用いて、腸管組織における新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)変異株*2の感染性、増殖性および...

横浜市立大学

患者中心のプライマリ・ケア評価尺度の日本版を開発

 横浜市立大学大学院データサイエンス研究科ヘルスデータサイエンス専攻 金子惇講師らの研究グループは、プライマリ・ケア*1の質評価尺度PCPCM(Person-Centered Primary Care Measure)の日本版を開発しました。これは患者さんの視点からプライマリ・ケアの医療機関の...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所