医療・科学

横浜市立大学

神経ペプチドの受容体GPCRの立体構造の解明

 横浜市立大学大学院生命医科学研究科 博士後期課程2年の石本 直偉士さん、朴 三用教授、北海道大学大学院薬学研究院 前仲 勝実教授、東北大学大学院薬学研究科 井上 飛鳥教授、延世大学 Lee Weontae教授らの国際研究グループは共同研究により、中枢・末梢神経系において発現するペプチドホルモ...

横浜市立大学

YCUコミュニケーション・デザイン・センター×東京デザインプレックス研究所 異能が共創し、医療課題の解決を目指す教育プログラム「Street Medical School」第四期受講生募集スタート

 横浜市立大学先端医科学研究センター コミュニケーション・デザイン・センター(以下、YCU-CDC)は、社会人向けデザイナー育成機関「東京デザインプレックス研究所」(以下、TDP)と共同で、新たな医療を共創する教育プログラム「Street Medical School」を 2019 年より開講...

サターラ、Pinnacle 21(TM)Enterpriseの新バージョンとPinnacle 21(TM)Data Exchange追加モジュールを発表

自動化・アナリティクス・コラボレーションの新機能によって効率化と規制コンプライアンス順守を支援
2022年8月5日:ニュージャージー州プリンストン - バイオシミュレーションのグローバルリーダーであるサターラ(NASDAQ:CERT)は、本日、薬事申請に用いられる臨床試験データのバリデーションを支援するフラッグシップ・ソフトウェアPinnacle 21 Enterpriseの新バージョン...

学校法人藤田学園

接触皮膚炎の免疫反応においてNETが重要な役割を果たすことを世界で初めて発見

藤田医科大学 皮膚科学の杉浦一充教授、岩田洋平准教授、長谷川由梨恵医師らの研究グループは、IL36RN遺伝子機能欠失変異に着目し、マウスの接触皮膚炎における好中球細胞外トラップ(NET)※1形成の解析を行いました。この結果、NET形成の阻害が接触皮膚炎反応を減少させるということを明らかにしまし...

横浜市立大学

新型コロナウイルスのウイルス形成に必須の膜タンパク質の構造を解明

概要  東京大学大学院薬学系研究科の張志寛 助教、大戸梅治 准教授、清水敏之 教授、京都大学大学院医学研究科の野村紀通 准教授、岩田想 教授、京都大学医生物学研究所の村本裕紀子 助教、野田岳志 教授、横浜市立大学大学院生命医科学研究科の浴本亨 助教、池口満徳 教授らの共同研究チームは、新型コ...

藤田医科大学がオンラインメディカルキッズプログラム2022を開催

自分のお家をロボティックスマートホーム化しよう!
藤田医科大学(豊明市沓掛町田楽ヶ窪1番地98 湯澤由紀夫学長)は、8月12日に小中学生を対象とした企画「オンラインメディカルキッズプログラム2022」を開催します。 プログラムでは、高齢の方や介護が必要な人が住み慣れた地域で暮らしていくために、家にはどんな機能があればよいか、参加者全員でアイ...

シーメンスヘルスケア株式会社

シーメンスヘルスケア、フォトンカウンティング搭載の次世代CT「NAEOTOM Alpha」、画像検査・診断専門クリニック「メディカルスキャニング」で稼働開始

「NAEOTOM Alpha」の導入は国内で2例目 画像診断の専門施設への導入で、検査を必要とする患者さんへのアクセスを拡大 シーメンスヘルスケアは、メディカルスキャニングとともに地域医療への貢献を目指す シーメンスヘルスケア株式会社(東京都品川区、代表取締役社長: 森 秀...

第一三共ヘルスケア株式会社

育児に関する世代間ギャップを感じる人は8割以上 3人に1人がスキンケアに関しても世代間ギャップを感じていることが明らかに

ー0~2歳の子どもを持つ現役パパ・ママに聞く、「育児に関する世代間ギャップ」調査ー 現役パパ・ママの9割以上は、子どものスキンケアを早めに始めることが大事と回答
 第一三共ヘルスケア株式会社(本社:東京都中央区)は、0~2歳の子どもを持つ現役パパ・ママを対象に、「育児に関する世代間ギャップ」に関する意識および実態調査を行いました。  その結果、8割以上が育児に関する世代間ギャップを感じ、教育、食事、スキンケアなど、様々なカテゴリーで祖父母世代の価値観...

ボストン・サイエンティフィック ジャパンと日本ルミナスが合併

ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:森川 智之)は、本日、日本ルミナス株式会社と合併したことをお知らせいたします。 本合併は、ボストン・サイエンティフィック社とルミナス社とのサージカル事業の2021年9月1日のグローバルでの統合に伴うもの...

横浜市立大学

未利用の位置情報付きデータを利活用する世界メッシュ統計基盤を構築 ~多様なデータを局所的に処理、高速で安価な方式を開発~

 横浜市立大学大学院データサイエンス研究科 佐藤彰洋教授らの研究グループは、メッシュ統計*1の利活用を可能とする技術的要素を開発し、メッシュ統計基盤上で株式会社ドコモ・インサイトマーケティングが提供するモバイル空間統計(R)*2処理することで、東京オリンピック競技大会期間中のリアルタイムの活動...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所