調査

芝浦工業大学

運動後の骨格筋の損傷の程度を評価する有効な方法を発表 -- 最大随意等尺性収縮(MVIC)トルクの回復率を活用 --

芝浦工業大学(東京都港区/学長 山田純)システム理工学部赤木亮太准教授、同大学院修士課程東海林幹生氏、静岡産業大学(静岡県藤枝市/学長 鷲崎早雄)スポーツ科学部江間諒一准教授、エディス・コーワン大学(オーストラリア)野坂和則教授らは、運動による骨格筋の損傷程度を評価する指標として、運動1日...

東洋大学がアスリートの挑戦を支え、社会のダイバーシティ推進に貢献する「オリンピック・パラリンピック特別プロジェクト研究助成」の研究成果報告会をオンデマンド公開!

東洋大学(東京都文京区/学長:矢口悦子)は、独自の研究助成制度「東洋大学オリンピック・パラリンピック特別プロジェクト研究助成」による7つの研究成果を発表する報告会を12月1日(水)からオンラインで一般公開します。  東洋大学は2017年度に、総合大学として有する知的資源の社会還元と...

株式会社ビデオリサーチ

【速報版】2021年 年間テレビCM出稿タレントは「斎藤 工」が初のトップ テレビCM起用社数は若手女優2人がトップに ~【速報版】2021年 年間テレビCM出稿動向(関東地区)~

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:望月 渡)は、この度、2021年の年間タレント別テレビCM出稿量およびテレビCM起用社数(関東地区)※をまとめましたので、お知らせいたします。 なお、今回は2021年1月1日~11月21日までを集計対象とした結果速報で...

ギットハブ・ジャパン合同会社

急成長を続ける日本の開発者コミュニティ

〜2021年、GitHubの国内総ユーザー数は前年比30.1%増〜
オープンソースプロジェクトおよびビジネスユースを含む、ソフトウェアの開発プラットフォームを提供するGitHub, Inc.(本社:米国サンフランシスコ)は、11月16日(米国現地時間)に、ソフトウェア開発者の活動をまとめた年次レポート「The State...

ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao

血圧を高くする要因の一つが内臓脂肪であることを知っている人は26.7% 冬は要注意!高めの血圧を予防するには「血圧」と「内臓脂肪」のダブルケアが重要! コロナ禍に自宅で手軽にできる対策法

監修: 和歌山県立医科大学 名誉教授 有田 幹雄     有限会社クオリティライフサービス 代表取締役 管理栄養士 小島 美和子 女性の健康力向上を通した社会の活性化への貢献を目指す『ウーマンウェルネス研究会supported by Kao』(代表: 対馬ルリ子/産婦人科医)では、自身...

株式会社スタッフサービス・ホールディングス

【スタッフサービスグループ40周年記念 働く4世代4,000人対象調査 第2弾「仕事観」】 “生まれ変わったらやってみたい憧れの職業”、Z世代は「YouTuber」

ミレニアル世代・就職氷河期世代は「ITエンジニア/プログラマー」、バブル期世代は「公務員」 ~Z世代だけでなく全世代でトップ5にIT職種がランクイン。転職したい業界でも「IT」が上位に~
 人材総合サービスを全国で展開する株式会社スタッフサービス・ホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:阪本耕治)は、働く4世代「Z世代」「ミレニアル世代」「就職氷河期世代」「バブル期世代」の4,000人を対象に、仕事にまつわる調査を実施しました。第2弾では、「仕事観」をテーマとし...

横浜商科大学が動画「入試管理委員長が解説する『面接対策』」を公開中 -- 面接時の評価ポイントについて担当者が解説

横浜商科大学(横浜市鶴見区)は現在、「入試管理委員長が解説する『面接対策』」と題する動画を公開している。これは、同大の入試管理委員長である村林裕氏が、面接時のポイントについて映像をもとに解説するもの。同大の総合型選抜や公募推薦の志願者はもちろん、他大学の受験対策としても、また、横浜商科大学...

フォーバルが中小企業経営者の実態 FOR SOCIAL VALUE ブルーレポートmini 12月号を発行!

~中小企業のRoad To DX~ 「DX人材」に対する経営者の期待
企業経営を支援する次世代経営コンサルタント集団で、中小企業のDXアドバイザーのリーディング・プレーヤーである株式会社フォーバル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中島 將典、以下「フォーバル」)は、中小企業のDX人材に対する意識にスポットを当てて検証し整理した、ブルーレポートmini2021...

日本イーライリリー株式会社

日本人の約10人に1人が抱える ”片頭痛” に関する 「大規模横断的疫学調査」 結果発表/17,071例の調査結果から、頭痛に耐える・我慢する日本人の実態が明らかに

診断、診察、治療パターンに関する過去最大規模の観察研究結果と、 国際間比較研究結果により、新たに浮き彫りとなった日本の現状
<調査結果のポイント> ・ 1ヵ月あたりの頭痛日数が15日以上の患者は、労働遂行能力が49.9%に低下していたが、  片頭痛を理由に仕事を休んだ時間は全労働時間のうち6.2%であった。 ・ 片頭痛の負担は1ヵ月あたりの頭痛日数が15日以上の群で最も大きかったが、0~3日の群でも、  日...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所