調査

世界初! 膵臓の慢性疾患の発症メカニズムを解明 膵臓疾患治療や膵臓癌予防への応用に期待

近畿大学医学部(大阪府大阪狭山市)内科学教室(消化器内科部門)准教授の渡邉智裕らの研究グループは、膵臓の慢性疾患である「自己免疫性膵炎」と「慢性膵炎」という2つの異なる病気に共通する免疫反応の一端を、世界で初めて解明しました。本研究成果が膵臓疾患の新たな治療法の開発や膵臓癌の予防法に応用さ...

アストラゼネカのBevespi Aerosphere(PT003)慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬として欧州医薬品評価委員会(CHMP)より肯定的見解を発表

本資料はアストラゼネカ英国本社が2018年10月19 日に発信したプレスリリースを日本語に翻訳し、みなさまのご参考に提供するものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します。 アストラゼネカ(本社:英国ケンブリッジ、最高経営責任者(CEO):パスカル・ソリ...

心房細動による脳卒中リスクを知らない人は7割/10月29日は「世界脳卒中デー」 一般生活者5,820名、患者さん600名を対象に脳卒中の主要原因である心房細動に関する意識調査を実施

~脳卒中により要介護になる可能性も~
ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:内木祐介)は、10月29日の「世界脳卒中デー」の機会に、また、脳卒中の発症が多くなると言われる冬の本格到来を前に、脳卒中を引き起こす主要な原因の一つである心房細動に関する意識調査を実施いたしました。本調査は、...

北海道科学大学の亀山修一教授らがスマホで路面状況を監視できるモニタリングシステムを構築 -- 救急車の長距離搬送を支援、「いのちの道」をサポートする

北海道科学大学(札幌市手稲区)工学部都市環境学科の亀山修一教授は前田道路株式会社(東京都品川区)との共同研究で、救急車の緊急搬送を支援する道路舗装の管理手法を構築した。これは、救急車に乗り心地をモニタリングできるシステムを組み込んだスマートフォンを搭載することで、走行に影響を与える箇所や補...

SAS、アドバンスド/プレディクティブ・アナリティクス市場においてトップシェアを堅持 (市場調査会社のレポートより)

アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、アドバンスド/プレディクティブ・アナリティクス市場においてトップシェアを獲得したことを発表しました。米IDC社の調査レポート「Worldwide Big Data and Analytic...

芝浦工業大学

プラスチックのナノ粒子で神経伝達物質の動きを可視化する技術を開発~生きた神経細胞をリアルタイムで観察可能に~芝浦工業大学

芝浦工業大学(東京都港区/学長 村上雅人)の工学部応用化学科の吉見靖男教授は、帝京平成大学健康メディカル学部健康栄養学科の長濱辰文教授、一般社団法人日本薬理評価機構の犬塚隆志研究統括らの協力を得て、神経伝達物質の分泌を可視化する方法を開発しました。分子を認識する高分子のナノ粒子で神経を染色...

三井住友アセットマネジメント株式会社

ノーベル賞受賞で注目が集まる『がん免疫薬』

三井住友アセットマネジメント株式会社(代表取締役社長兼CEO:松下隆史)は、経済イベントや市場動向に関するマーケットレポートを日々発行しております。このたび、マーケットレポート「ノーベル賞受賞で注目が集まる『がん免疫薬』」を2018年10月18日に発行いたしましたので、お知らせいたします。 ...

SAS Institute Japan株式会社

企業は人工知能の倫理的かつ責任ある利用に向けた取り組みを強化していることが判明 ――SAS、アクセンチュア、インテル、フォーブス・インサイツ最新調査

人工知能の活用に成功している企業のうち、92%が技術者向け倫理研修を実施、74%が成果を毎週評価
【ニューヨークおよびサンディエゴ発:2018年9月18日】 SAS、アクセンチュア(NYSE:ACN)、インテル、フォーブス・インサイツの最新調査によると、人工知能(AI)の活用に先進的な企業はAIの責任ある利用を自社で徹底させるため、さまざまな対策を講じていることが明らかになりました。AI...

株式会社ビデオリサーチインタラクティブ

2018年上半期に最も出稿のあったスマートフォン広告は「荒野行動」。次いで「Tik Tok」。

スマートフォン広告統計サービス「SmartPhone Ads Report」をもとに、2018年上半期(4月~9月)のスマートフォン広告出稿状況を取りまとめました。
インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:遠藤 敏之(えんどう としゆき))は、スマートフォン広告の広告統計サービス「SmartPhone Ads Report」をもとに、2018年上半期(4月~9月)のスマートフォン広告出稿状況を...

東京都市大学

東京都市大学人間科学部の早坂信哉教授らの研究チームが、温泉の習慣的な利用により介護状態の悪化を予防できる可能性を明らかに

東京都市大学(東京都世田谷区、学長:三木千壽)人間科学部の早坂信哉教授らの研究チームは、自宅で温泉に入浴できる環境をもつ熱海市民の介護保険のデータを用いて、温泉の習慣的な利用と介護予防の関連についての研究を行った。2回以上介護認定を受けている者についてデータを解析した結果、介護状態の変化と...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+