調査

近畿大学

サツマイモを使ったメタンガスエネルギー実験教室 -- 近畿大学

近畿大学(大阪府東大阪市)は、平成30年(2018年)7月9日(月)、福島県川俣町の富田小学校にて、近畿大学生物理工学部(和歌山県紀の川市)生物工学科生産環境システム工学研究室教授 鈴木高広が、実用化に取組むサツマイモのメタン発酵実習やそのガスによる調理実験を行います。 【本件の概...

大東文化大学

大東文化大学が「『書道』が人体に及ぼす影響」について実験・検証を実施 -- 人間の内面を''見える化''することを目指す「超領域研究」の試み

大東文化大学は6月20日、「書道」が人体に及ぼす影響についてモーションセンサーを使用して実験および検証を実施。その結果、被験者の書道経験によって筆の動きが異なり、上級者ほど筆が縦方向に大きな抑揚をつけて動くことが判明した。同大は引き続き、「書道」の科学的実験データの収集と分析、研究を行って...

多摩大学

ルール形成戦略研究所、認知症発症遅延策の有効性を示す試算結果を発表~早期発見・治療・予防を通じた認知症の発症遅延により認知症高齢者数と関連医療費等の増加を抑制~多摩大学

多摩大学 ルール形成戦略研究所(所長 國分俊史)は、高齢者の認知症の発症トレンドや、それが医療費等に与える影響に関する将来予測を行い、軽度認知障害(MCI)段階での早期発見・治療・予防対策によって認知症の発症を平均5年遅らせることができた場合に、2025年時点の認知症高齢者数を成行予測対比...

アストラゼネカがSGLT2阻害剤「フォシーガ」の1型糖尿病に対する治療薬としての可能性を示す 新データをADAで発表

インスリン療法に対する経口の補助治療として1型糖尿病治療のアンメットニーズに対応
本資料はアストラゼネカ英国本社が2018年6月25日に発信したプレスリリースの一部を日本語に翻訳し、みなさまのご参考に提供するものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します。 アストラゼネカ(本社:英国ケンブリッジ、最高経営責任者(CEO):パスカル・ソ...

アストラゼネカのCVD-REAL2研究SGLT2阻害剤クラスの心血管アウトカムのベネフィットをさらに裏付ける

2型糖尿病を対象としたリアルワールドエビデンス研究におけるSGLT2阻害剤とDPP4阻害剤の比較データを発表
アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ステファン・ヴォックスストラム、以下、アストラゼネカ)は、同社が取り組む2型糖尿病患者さんを対象とした大規模リアルワールドエビデンス研究「CVD-REAL2」の新たな解析を、第78回米国糖尿病学会(ADA)年次総会のレイトブレーキングポ...

金沢工業大学

学校法人金沢工業大学革新複合材料研究開発センター「実証開発拠点」開所式開催

学校法人金沢工業大学は、革新複合材料研究開発センター(ICC)「複合材料の高速・連続製造プロセス開発による革新複合材料実証開発拠点」開所式を平成30年7月5日(木)13時から15時まで、金沢工業大学やつかほリサーチキャンパスで開催します。  この実証開発拠点は文部科学省の「地域科学...

名古屋商科大学ビジネススクール

世界ビジネススクールMBAランキングにおいてすべてのプログラムが日本1位にランクイン

名古屋商科大学ビジネススクールのすべての学位プログラムが国内1位、アジアランキングや世界ランキングにおいても上位にランクイン。
世界ビジネススクールMBAランキング「Eduniversal Best Masters Ranking 2018」が発表(6月28日発表)され、名古屋商科大学ビジネススクールが提供するすべての学位プログラムが国内1位、アジアランキングや世界ランキングにおいても上位にランクインしまし...

株式会社リクルートキャリア

6月15日時点での大学生の就職内定率は76.0% リクルートキャリア【臨時版】「2018年6月15日時点 内定状況」就職プロセス調査(2019年卒)発表!

株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林大三)のよりよい就職・採用の在り方を追究するための研究機関・就職みらい研究所(所長:松浦太郎)は、就職みらい研究所学生調査モニターの大学生・大学院生を対象に「就職プロセス調査」を実施いたしました。このたび調査結果がま...

成城大学 治療的司法研究センター設立一周年記念シンポジウム ''嗜癖行動''は止められるか -- 問題解決型の刑事司法の導入を目指して --

成城大学(東京都世田谷区 学長:戸部 順一)は、2018年7月21日(土)治療的司法研究所センター 設立一周年記念シンポジウム「“嗜癖行動”は止められるか -問題解決型刑事司法の導入を目指して-」を開催致します。  成城大学治療的司法研究センターは、2017年4月に日本で初めての治...

東京工科大学

ビタミンCによるがん転移の抑制メカニズムに新発見 還元型と酸化型で生理作用に違い 東京工科大学応用生物学部

東京工科大学(東京都八王子市片倉町、学長:軽部征夫)応用生物学部の佐藤拓己教授らの研究チームは、高濃度ビタミンC(以下、VC)による、がん転移抑制メカニズムに関する新たな知見を発見しました。本研究成果は、2018年6月25日(米国時間)に米国の薬理学専門誌「Reactive Oxygen ...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+