関西大学のリリース一覧

◆関西大学と兵庫県朝来市が連携協定を締結◆教育・文化の振興、人材育成、健康福祉の増進等で協働 ~ 活力ある地域づくりと大学の活性化を推進 ~

 このたび関西大学と兵庫県朝来市は、地域および大学の活性化を目的とした連携協力協定を7月1日に締結しました。本件で、本学の自治体との連携協力協定は23例目(企業・団体を含めると36例目)となります。 【本件のポイント】 ・関西大学において、自治体では23例目、起業・団体を含めると3...

◆宮本勝浩 関西大学名誉教授が推定◆京都祇園祭 3年ぶりの山鉾巡行実施で経済効果は約138億6,615万円

 このたび関西大学 宮本勝浩名誉教授が、2022年の京都祇園祭の経済効果を計算したところ、約138億6,615万円となりました。  宮本名誉教授は、「2年間中止された祇園祭山鉾巡行と宵山行事が、今年再開されることになったのは喜ばしいことである。今年の経済効果試算額は、祇園祭山鉾巡行...

◆ 関西大・法政大・明治大連携によるウィズコロナ学生支援企画 ◆ 2年次生向けキャリア形成支援プログラム「CONNECT」~ キャリアプランを主体的に選択する力を育成。仲間づくりの場も提供 ~

 関西大学・法政大学・明治大学(以下、3大学)ではこのたび、ウィズコロナの学生支援企画として、2年次生向けのキャリア形成支援プログラム「CONNECT」を実施します。同プログラムでは、就活の先にある“働く”や他大学生の“価値観”に触れ、卒業後のキャリアプランを主体的に選択する力を養います。...

◆関西大学高等部SDGsフォーラム2022を開催◆ SDGsをテーマに、高校1年生147人がグローバル企業・団体と交流

 関西大学高等部では、SDGsについて考える特別授業として、「関大高等部SDGsフォーラム2022」を6月14日(火)に高槻ミューズキャンパス東館にて開催します。 【本件のポイント】 ・SDGsをテーマに、高等部1年生147人が17の企業や団体と交流 ・各企業や団体の取り組みを...

◆ 社会の課題解決を目指す通年プログラム「山岡塾」を創設 ◆ 関西大学が次世代を担う「経済人」「起業家」等を育成!最大100万円の活動資金を提供~名誉塾長にオービック会長の野田氏、塾長にパナソニックHD特別顧問の大坪氏が就任~

 関西大学ではこのたび、大学昇格100年記念事業の一環として、次世代を担う経済人や起業家等を育成する通年プログラム「山岡塾」を創設します。2022年6月6日から1期生となる塾生の募集を開始。経済の活性化、地方創生、DX・AIの活用、SDGsの推進などの社会的課題の解決を目指します。 ...

◆ 宮本勝浩 関西大学名誉教授が推定 ◆東京スカイツリー開業10年の経済効果は 約7,813億7,201万円

 このたび関西大学 宮本勝浩名誉教授が、開業10周年を迎えた東京スカイツリーの10年間の経済効果を計算したところ、約7,813億7,201万円となりました。  宮本名誉教授は、「2021年6月23日に上野動物園で生まれた双子のパンダの「シャオシャオ」と「レイレイ」の一般公開後1年間...

◆高速道路に関わる諸施設の維持管理の高度化を目的に、産業連携による 「インフラマネジメント研究会」を設立 ~ AIや3次元高精度カメラ等を駆使した先進的計測システムの開発を検討 ~

 関西大学ではこのたび、道路施設の維持管理の高度化を目的に、他大学や産業界とも連携した研究チーム「インフラマネジメント研究会」(研究代表者:環境都市工学部・楠見晴重教授)を設立しました。同研究会では、社会インフラの先進的な維持管理手法を検討し、より高度な情報技術の適用を推進します。 ...

◆関西大学「大学昇格100年記念式典&シンポジウム」を開催 ◆ 大大阪の誕生と旧制関西大学の出発 -- 山岡順太郎と学の実化 --

関西大学は2022年6月5日に「大学昇格100年」を迎えます。これに伴い、6月5日(日)当日に大学昇格100年記念式典およびシンポジウムを挙行します。 【本件のポイント】 ・2022年6月5日、大学昇格100年を記念した式典およびシンポジウムを挙行 ・式典では作曲者である山田耕...

◆関西大学教育後援会総会&教育懇談会を開催◆~ 大学と家庭の心のかけ橋「父母(保護者)の1日大学」~わが子の母校はわが母校!全国最大規模の保護者向けイベント

 このたび関西大学教育後援会ならびに本学では、在学生の父母(保護者)を会員とする教育後援会の定期総会および学部別教育懇談会を、5月15日(日)10:00から千里山キャンパスにて開催します。 【本件のポイント】 ・「父母(保護者)の1日大学」として開催する、大学と家庭のかけ橋となる...

◆ 関西大学梅田キャンパス起業家育成プログラムから学生ベンチャーが誕生!◆ 初心者向け韓国語学習アプリ『K-up!』を開発~ ユーザー自身が先生にもなれる''学びの循環''ツール

 このたび関西大学梅田キャンパスで展開される起業家育成プログラムの参加学生が、韓国語学習ウェブアプリ『K-up!』を運営する会社「株式会社OCHER(オーカー)」を立ち上げました。同社では、様々な韓国文化に触れながら初心者でも楽しく韓国語を学ぶことができるサービスを提供します。 【...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所