関西大学のリリース一覧

◆「2022年度関西大学教育フォーラム」を開催◆探究学習、総合型選抜のギモンに何でもこたえます<高校教員対象>

 関西大学ではこのたび、全国の高校教員を対象とした「2022年度関西大学教育フォーラム」を、10月15日(土)の14:00から関西大学東京センターにて開催します(YouTube LIVEによる限定配信も実施)。 【本件のポイント】 ・いよいよ今年度からスタートした探究学習。高校現...

◆関西大学が「まちFUNまつり2022」を3年ぶりに開催◆子どもたちに楽しく学べる場を!地域と創る学園祭!~ スポーツ・文化体験に謎解きイベント、サイエンスショー、子ども店長ほか ~

 関西大学ではこのたび、地域と大学をつなぐイベント「まちFUNまつり2022」を、10月9日(日)に千里山キャンパスにて開催します。 【本件のポイント】 ・子どもと共に楽しく学べる大人気イベント「まちFUNまつり2022」を3年ぶりに開催 ・各種スポーツ・文化体験をはじめ、サイエ...

◆関西大学社会学部・池内ゼミ×大阪府×山本珈琲×OASによる産学官連携プロジェクト◆4種のオリジナルコーヒー『喫茶もずやんらんど』を開発~大阪府メインキャラクター「もずやん」を日本全国に轟かせる~

 関西大学社会学部の池内裕美ゼミでは、大阪府のメインキャラクターである「もずやん」のブランディングに取り組む産学官連携プロジェクトとして、もずやん仕様の4種のコーヒー『喫茶もずやんらんど』を開発しました。 【本件のポイント】 ・大阪府メインキャラクター「もずやん」の認知度向上を...

◆関西大学総合情報学部・林武文研究室×(株)ショウワによる連携事業◆見る目を疑う立体錯視看板『モジでる』~「逆遠近錯視」を利用したディスプレイによる画期的な演出手法を開発 ~

 関西大学総合情報学部の林武文研究室では、逆遠近錯視を利用した文字看板のフォントに関する3Dモデリング研究を行っています。このたび株式会社ショウワ(以下、ショウワ)と連携し、同社の板金加工技術を用いた立体錯視看板『モジでる』を開発しました。同製品は2022年9月22日から受注販売を開始しま...

◆ 関西大学と福岡県が就職支援に関する協定を締結 ◆ 福岡県の次世代を担う人材の育成に向けて。U・I・Jターン就職を促進 ~ 全国19の自治体に拡がる関大就職支援ネットワーク ~

 このたび関西大学と福岡県は、福岡県の次世代を担う人材の育成・確保を図るため、「就職支援に関する協定」を9月7日に締結しました。本学における自治体との就職支援協定は、本件で19件目となります。 【本件のポイント】 ・本学19件目となる自治体との就職支援協定 ・福岡県の次世代を担...

◆ 関西大学キャンパスを舞台にした「リアル謎解きイベント」を開催 ◆ 「コロナ禍の希薄なコミュニティ問題」を解消する学生支援企画 ~ 交流の場を広げ、自身の可能性を探る。本学OB・ジャルジャルによるトークショーも ~

関西大学ではこのたび、学内における“つながり”を生み出すための学生支援企画として、総面積35万平方キロメートルの広大な千里山キャンパスを利用した関大生のためのリアル謎解きイベント「奪われた単位を取りもどせ!」を9月19日(月・祝)に実施します。 【本件のポイント】 ・広大な千里山...

◆関西大学イノベーション創生センターとGarage Minato、Garage Taishoが三者間連携協定を締結◆ ~ イノベーションの担い手となる大学発ベンチャーの創出を目指して ~

 このたび関西大学イノベーション創生センターとGarage Minato、Garage Taishoの三者は、大学発ベンチャーの創出促進を目指した連携協力協定を9月6日に締結しました。今後、研究、教育、人材育成、地域連携等の分野において相互に協力していきます。 【本件のポイント】 ...

◆経済効果試算の第一人者 関西大学宮本勝浩名誉教授が分析◆日本経済活性化のカギ~ 「Well-being」、「生き生きと働く」、「ビジョンの明確化」の関係 ~

 このたび関西大学 宮本勝浩名誉教授が、日本経済活性化のカギとして、「Well-being(幸福度)」と「生き生きと働く」、「ビジョンの明確化」の関係を明らかにしました。  近年、経済学・経営学の分野では、「Well-being」への注目が増しており、幸福感が仕事へのモチベーション...

◆関西大学商学部が大阪ビジネスフロンティア高校との交流授業を実施◆高校生考案のSDGsビジネスプランに大学生がアドバイス

 関西大学商学部では、大阪ビジネスフロンティア高校(以下、OBF)・グローバルビジネス科の生徒約230人を招き、SDGsをテーマにした高大連携授業を8月31日(水)に千里山キャンパスで実施します。 【本件のポイント】 ・SDGsをテーマにした高大連携授業 ・大阪ビジネスフロンテ...

◆関西大学化学生命工学部・宮田隆志研究室が "ナノサイズの液晶高分子ミセル" を開発◆ ~ 液晶の医療応用。体温付近で薬物放出のON-OFF制御可能 ~

 関西大学化学生命工学部の宮田隆志教授の研究グループは、ナノサイズの液晶粒子(液晶高分子ミセル)の設計と、それを用いたモデル薬物の放出制御に成功しました。この液晶高分子ミセルは内部に疎水性分子を内包でき、体温以下ではそれを保持しますが、体温以上になると急激に放出するようになります。液晶の新...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所