関西大学のリリース一覧

◆関西大学 総合情報学部・岡田ゼミがJR大阪環状線沿線の銭湯情報をまとめたフリーペーパーを制作◆~3月30日から大阪環状線主要駅にて配架開始~

 このたび関西大学総合情報学部・岡田朋之ゼミの学生が、JR大阪環状線沿線の銭湯情報がたっぷり詰まった魅力あふれるフリーペーパーを制作しました。同フリーペーパーは、JR西日本の協力を得て、3月30日(月)から、JR大阪環状線主要駅にて配架されます。 【本件のポイント】 ・かつて銭湯...

◆関西大学が「新入生に贈る100冊+1」(2020年度版)を発表◆卒業生のジャルジャル・福徳秀介さんの出版前デビュー小説もノミネート

このたび関西大学では、読書啓発の一環として今年で3年目を迎える企画、大手書店「丸善雄松堂」ならびに「紀伊國屋書店」と本学学長による「新入生に贈る100冊+1」を選定しました。2020年4月の新入生約6,700人にパンフレットを配付し、読書の重要性を呼びかけます(学長の入学式式辞の中でも言及...

◆宮本勝浩 関西大学名誉教授が推定 ◆ 新型コロナの影響で東京オリンピック・パラリンピックが延期なら...約6,408億円 中止なら...約4兆5,151億円の経済的損失

このたび、関西大学 宮本勝浩名誉教授が、新型コロナウイルスの影響で2020年の東京オリンピック・パラリンピックが万一延期または中止になったときの経済的損失について計算した結果、延期の場合は約6,408億円、中止の場合は約4兆5,151億円となりました。  宮本名誉教授は「経済的損失...

◆ 宮本勝浩 関西大学名誉教授が推定◆新型コロナウイルスの影響により失われるお花見の経済効果は約2,534億円(38.9%減)

このたび関西大学 宮本勝浩名誉教授が、2020年のお花見の経済効果について計算した結果、約3,982億9,823万円となりました。例年のお花見の経済効果が約6,517億4,013万円(2018年発表)であることから、新型コロナウイルスの影響により失われる経済効果は、約2,534億4,190...

◆関西大学システム理工学部 古城直道研究室が「硬さ分布を3次元解析する新システム」を開発◆精密加工と精密位置決め技術を組み合わせ、素材内部の微小硬さを測定~

 関西大学システム理工学部の古城直道准教授、廣岡大祐准教授および国立研究開発法人 理化学研究所光量子工学研究センターの横田秀夫チームリーダーらの研究グループは、内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)のプロジェクト「統合型材料開発システムによるマテリアル革命」(プログラムディレ...

◆宮本勝浩 関西大学名誉教授が推定◆第92回選抜高校野球が無観客試合となったときの経済損失は 約233億円

このたび、関西大学 宮本勝浩名誉教授が、第92回選抜高等学校野球大会が無観客試合になったときに失われる経済効果について計算した結果、約233億円となりました。  宮本名誉教授は、「第92回選抜高等学校野球大会が従来通りに観客を入れて開催された時の経済効果は約289億7,005万円と...

◆第28回「関西大学体育振興 大島鎌吉スポーツ文化賞」 受賞者が決定◆~受賞者:山口高志氏(野球)、坂井隆一郎(陸上)、喜多美結(デフテニス)、高野芹奈(セーリング)、宮原知子(スケート)など~

関西大学ではこのたび、広く社会的なスポーツ文化の発展に貢献し、顕著な実績を残した団体および個人に贈る「関西大学体育振興大島鎌吉スポーツ文化賞」の受賞者を決定しました。 【本件のポイント】 ・「五輪の哲人」とも称された偉大なるOB・大島鎌吉氏に由来する本学独自の文化表彰 ・201...

◆関西大学初!バチカン図書館に眠る日本関連史料の謎に迫る!◆KU-ORCASがクラウドファンディングを開始~国宝級の史料をデジタル化してすべての人の手に ~

 このたび、KU-ORCAS(関西大学アジア・オープン・リサーチセンター)では、バチカン図書館に眠る 日本関連史料をデジタル化し、歴史的発見に挑むプロジェクトを2月28日よりクラウドファンディングサイト「academist(アカデミスト)」にて開始します。 【本件のポイント】 ・...

◆関西大学 社会安全学部・永松ゼミ&尼崎市が減災対策ツール「企業のための減災ガイドBOOK」を制作◆~ 尼崎市内の中小企業が主なターゲット。南海トラフ巨大地震に備える ~

 このたび社会安全学部・減災政策研究室(永松伸吾ゼミ)では、尼崎市と協働して、中小企業を支援する減災対策ツール「企業のための減災ガイドBOOK」を制作しました。本ガイドBOOKは、尼崎市内の企業および施設等にて2月26日(水)から配布・配架されています。 【本件のポイント】 ・南...

◆ 宮本勝浩 関西大学名誉教授らが推定 ◆「第9回大阪マラソン」の経済効果は約177億円

このたび、関西大学 宮本勝浩名誉教授らが2019年12月1日に開催された第9回大阪マラソンの経済効果について計算した結果、約177億円となりました。  宮本名誉教授は、「大阪マラソンは運営費用が少額であるにもかかわらず、地域経済にもたらす経済波及効果、マスコミの宣伝広告効果による大...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所