公共・政治

東京女子大学 次期学長に森本あんり(もりもと あんり)氏を選任

学校法人東京女子大学(東京都杉並区、安田隆二理事長)は、11月18日の理事会において、次期学長に森本あんり(もりもと あんり)氏を選任した。茂里一紘現学長の任期満了に伴うもの。任期は2022年4月1日から4年間。森本氏は、長年に亙る教育・研究分野での経歴に加え、豊かな行政経験をもつ。国際的...

名城大学

名城大学が小学生を対象とした「ミライ社会へのユメ絵画展コンテスト」を開催 -- 来年1月31日まで作品募集、表彰式にはノーベル賞受賞者の吉野彰教授と天野浩教授が出席予定

名城大学(名古屋市天白区)が設置している赤崎・天野・吉野ノーベル賞記念展示室(※)は、このたび、「ミライ社会へのユメ絵画展コンテスト~地球にやさしいミライの姿を描こう」を開催。小学生を対象として作品を募集し、受賞者は2022年3月19日(土)に行われる表彰式に招待される。表彰式には、同大の...

京都橘大学

2023年4月「総合心理学部(仮称)」開設予定(設置計画中) -- データサイエンスの必修および通信教育課程と連携心理学における5つの専門領域で社会課題を解決できる力を形成します --

京都橘大学(京都市山科区、学長:日比野英子)は2023年4月に「総合心理学部(仮称)」を開設予定であり、現在設置計画中です。  この「総合心理学部(仮称)」では、心理学研究や社会実践の基盤となるデータサイエンスなどの基本的知識、スキルを全学部生が修得したうえで、幅広い5つの専門領域...

京都産業大学

【京都産業大学】京都産業大学生命科学部×平城宮跡歴史公園 世界遺産、古都奈良の宮跡で天平文化に触れながら現代の社会課題について考える「天平衣装喫茶」開催!

京都産業大学生命科学部産業生命科学科の学生は、平城宮跡歴史公園から「コロナ禍における公園の活性化・利用促進について考える」という課題に取り組み、天平衣装で来場者と交流するイベント「天平衣装喫茶」を開催する。 京都産業大学生命科学部産業生命科学科では、生命科学と社会科学を融合させた「...

追手門学院大学の学生らがプロデュースした赤しそで作るクラフトビールがふるさと納税の返礼品に -- 茨木市×小豆島町の特産を使った「しそとことん」

追手門学院大学(大阪府茨木市、学長:真銅正宏)の学生プロジェクトチームがプロデュースしたクラフトビール「しそとことん」(酒税法上は発泡酒)が、このたび茨木市のふるさと納税の返礼品に採用された。これは、大学のある茨木市の特産品である赤しそと、姉妹都市である香川県小豆島町のビール醸造家をつない...

武蔵大学

【武蔵大学】「思い込みを超える言葉で真のグローバル化を伝えたい」アンジェロゼミなど、社会学部ゼミトークを公開中

武蔵大学(東京都練馬区/学長:山嵜哲哉)では、社会学部ゼミトークを本学Webサイトに公開しています。「ゼミの武蔵」と呼ばれる本学は、毎年400以上のゼミを平均学生数13名の少人数形式で開講しています。本学の特長である少人数体制のゼミについて的を絞り、Webサイトの「ゼミトーク」や「ゼミブロ...

学校法人聖学院

学校法人聖学院が12月8~10日の「エコプロ2021 持続可能な社会の実現に向けて」に出展 -- 地球や社会環境の課題を自分ごと化する一貫教育を紹介

学校法人聖学院(東京都北区、理事長=清水正之)は、12月8日(水)~10日(金)に開催される「エコプロ 2021 持続可能な社会の実現に向けて」(主催:日本経済新聞社、一般社団法人サステナブル経営推進機構)に出展。同法人の設置校で展開されている、地球や社会環境の課題を自分ごと化する一貫教育...

内戦が続く中東のシリアと多摩大学グローバルスタディーズ学部(神奈川県藤沢市)のプロジェクトゼミナールがコラボレーションした「年賀状プロジェクト」が進行中

多摩大学グローバルスタディーズ学部のプロジェクトゼミナールXIV―「湘南地域を巻き込んだ国際協力とボランティアの実践」では、日本から遠く離れたシリアをあえて取り上げ、湘南地域を巻き込んだ国際協力を進めている。  本ゼミ(担当教員:佐藤真紀 非常勤講師)では、ゼミ生が国際協力として自...

白鴎大学

白鴎大学が栃木県立小山西高等学校と高大連携協定を締結

白鴎大学(栃木県小山市/学長:北山修)は11月24日に、栃木県立小山西高等学校(小山市/校長:高木伸一)と高大連携に関する協定を締結。相互に連携し交流を深めることで、教育内容の充実と学生および生徒の資質の向上を図るとともに、地域社会や国際社会に貢献できる人材の育成を目指す。今後は大学の授業...

◆「関西大学 気候非常事態宣言」を発出◆ ~次世代に豊かな地球環境を継承 ~

 関西大学ではこのたび、気候変動による環境変化を背景として、本学独自の「気候非常事態宣言」を発出しました。今後、2050年までのカーボンニュートラルと脱炭素社会の実現を目指した教育・研究活動をはじめ、事業活動における再生可能エネルギーの積極活用(省エネルギー化)等の取組みを展開します。 ...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所