株式会社ペッパーフードサービスのリリース一覧

ペッパーフードサービス、インドネシア共和国現地法人「PT MAKMUR PRIMA STEAK」と「いきなり!ステーキ」事業のフランチャイズ契約を締結

株式会社ペッパーフードサービス(本社/東京都墨田区・代表取締役社長CEO/一瀬健作)は、2024年2月20日(火)にインドネシア共和国現地法人であるPT MAKMUR PRIMA STEAK(ピーティー マクムール プリマ ステーキ/インドネシア共和国/代表者Michael Arlie)との間...

抽選で合計3,000名様に『総額150万円分』のアプリクーポンが当たるXキャンペーン開催

いきなり!ステーキ公式X、フォロワー20万人達成記念!
株式会社ペッパーフードサービス(本社/東京都墨田区・代表取締役社長CEO/一瀬健作)は、2024年2月15日(木)~3月15日(金)までの1ヵ月間、公式Xフォロワー20万人達成を記念して、抽選で合計3,000名様に『総額150万円分』のアプリクーポンが当たる、いきなり!ステーキ公式Xキャンペー...

肉初めクーポン祭り!今すぐ使える「ソース1品無料クーポン」を配布します

株式会社ペッパーフードサービス(本社/東京都墨田区・代表取締役社長CEO/一瀬健作)は、2024年2月19日(月)~2月25日(日)までの間、いきなり!ステーキ公式アプリにご登録いただいている会員様(新規会員含む)へ、デミグラスソース・オニオンソースのどちらか1品が無料になるアプリクーポンを配...

肉初めクーポン祭り!今すぐ使える「お得なドリンククーポン」を配布します

株式会社ペッパーフードサービス(本社/東京都墨田区・代表取締役社長CEO/一瀬健作)は、2024年2月12 日(月)~2月18日(日)までの間、いきなり!ステーキ公式アプリにご登録いただいている会員様(新規会員含む)へ、ソフトドリンク1杯まで50円(トクホ黒烏龍茶・レッドブルOK)または、生ビ...

2024年2月は4年に一度の『肉祭り』開催!2月は9日・14日・29日がお得!!

肉祭り対象日は肉マネークーポン2回分進呈!
株式会社ペッパーフードサービス(本社/東京都墨田区・代表取締役社長CEO/一瀬健作)は、2024年2月の9日・14日・29日を対象に、肉マネークーポンを2回分進呈する『肉祭り』を開催いたします。 通常、1回のお食事で特典1回分進呈のところ、肉祭り対象日は、1回のお食事でお食事2回分の肉マ...

肉初めクーポン祭り!今すぐ使える「カレーソース1品無料クーポン」を配布します

株式会社ペッパーフードサービス(本社/東京都墨田区・代表取締役社長CEO/一瀬健作)は、2024年2月5日(月)~2月11日(日)までの間、いきなり!ステーキ公式アプリにご登録いただいている会員様(新規会員含む)へ、カレーソース1品が無料になるアプリクーポンを配布いたします。 ...

1月29日「肉の日」開催!

株式会社ペッパーフードサービス(本社/東京都墨田区・代表取締役社長CEO/一瀬健作)は、2024年1月29日の肉の日限定で『お食事2回分の肉マネークーポンを進呈』させて頂きます! 通常、1回のお食事で特典1回分進呈のところ、1月29日は1回のお食事でお食事2回分の肉マネークーポンを進呈させて...

肉初めクーポン祭り!今すぐ使える「お得なドリンククーポン」を配布します

株式会社ペッパーフードサービス(本社/東京都墨田区・代表取締役社長CEO/一瀬健作)は、2024年1月29 日(月)~2月4日(日)までの間、いきなり!ステーキ公式アプリにご登録いただいている会員様(新規会員含む)へ、ソフトドリンク1杯まで50円(トクホ黒烏龍茶・レッドブルOK)または、生ビー...

肉初めクーポン祭り!今すぐ使える「ソース1品無料クーポン」を配布します

株式会社ペッパーフードサービス(本社/東京都墨田区・代表取締役社長CEO/一瀬健作)は、2024年1月22日(月)~1月28日(日)までの間、いきなり!ステーキ公式アプリにご登録いただいている会員様(新規会員含む)へ、チーズソース・和風おろしポン酢のどちらか1品が無料になるアプリクーポンを配布...

【いきなり!ステーキ】プレスリリース訂正とお詫び

株式会社ペッパーフードサービス(本社/東京都墨田区・代表取締役社長CEO/一瀬健作)は、2024年1月9日(火)に配信致しましたプレスリリース「岩塩で肉の旨味を堪能!豪州産トライチップステーキ 150g1,340円~販売開始!」において、内容に一部誤りがございましたので、下記のとおり訂正させて...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所