公共・政治

聖徳大学

聖徳大学が7月27日に「第57回 SEITOKU夏期保育大学」を開催 ― 総合テーマは「子どもたちの豊かな育ちのために!」、あそび歌作家の鈴木翼氏が講演

 聖徳大学・聖徳大学短期大学部(千葉県松戸市/学長:川並弘純)は7月27日(土)、「第57回 SEITOKU夏期保育大学」を開催する。この取り組みは、幼稚園教諭・保育士・保育に関心のある人を対象とした研修会で、今回は「子どもたちの豊かな育ちのために!」を総合テーマとして実施。あそび歌作家の...

Prince Holding

Prince Holding Group、2024 Global CSR & ESG Awardsでプラチナ賞を受賞

慈善家Chen Zhiが率いるPrince Groupの継続的なCSR活動の功績が認められ「Best in Cambodia」賞を4年連続で受賞
カンボジア、プノンペン -Media OutReach Newswire- 2024年5月8日 -カンボジア有数の事業グループであるPrince Holding Group( https://www.princeholdinggroup.com/ )は、第16回Annual Global CS...

関西大学

◆関西大学が北海道及び札幌市と U I J ターン就職支援協定を締結◆全国22の自治体に広がる関大就職支援ネットワーク~北海道内及び札幌圏域の次世代を担う人材の育成に向けて~

 このたび関西大学は、北海道と札幌市との三者間で、学生の道内企業へのUIJターン就職活動支援について、相互に連携・協力をして取り組むことを目的とした協定を4月22日に締結しました。本学の地方自治体との就職支援協定は本件で22件目となります。 【本件のポイント】 ・本学22件目とな...

摂南大学

災害時に備え 舟運を知り考える 5月18日、琵琶湖・淀川・大阪湾流域圏シンポジウム in 大阪--摂南大学

 摂南大学(学長:久保康之)と琵琶湖・淀川・大阪湾流域圏シンポジウム実行委員会(主催)は5月18日、「~災害と舟運(しゅううん)~」と題し、「第6回琵琶湖・淀川・大阪湾流域圏シンポジウム in 大阪」をOIT梅田タワーで開催します。 【本件のポイント】 ●災害時の舟運の活用につ...

アイリスオーヤマ株式会社

「アイリスモデル電子黒板」601台 和歌山県和歌山市の教育機関53カ所に導入

文教市場における電子黒板の需要増加
 アイリスオーヤマ株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:大山 晃弘)は、教育現場におけるICTの活用を推進するためディスプレイタイプの「アイリスモデル電子黒板」601台を和歌山県和歌山市(以下、和歌山市)内の市立の教育機関53カ所(※1)に導入しました。  文部科...

京セラコミュニケーションシステム株式会社

埼玉県久喜市立図書館、生成AI蔵書検索システムの実証実験を開始

~AIを活用した蔵書検索や書籍のレコメンド機能により読書への興味促進を目指す~
久喜市立図書館(所在地:埼玉県久喜市、以下:久喜市立図書館)、株式会社図書館流通センター(本社:東京都文京区、代表取締役社長 谷一 文子、以下:TRC)、京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区、代表取締役社長 黒瀬 善仁、以下:KCCS)の3者は、生成AI技術などを活用し...

神田外語大学

【4年連続】神田外語学院、ホテルビジネス実務検定で再び優秀指導校賞を受賞

神田外語学院(千代田区/学院長 今井実)は、一般財団法人 日本ホテル教育センター(以降、日本ホテル教育センター)が主催するホテルビジネス実務検定において、2023年度も「優秀指導校賞」を受賞しました。これにより、2020年度から4年連続での受賞となりました。この賞はホテル業界で必要とされる...

関西学院大学が5月13~17日まで「第12回関学レインボーウィーク」を開催 ― 「We Will Survive」をテーマに映画上映会や講演会などを実施

関西学院大学(兵庫県西宮市、学長:森康俊)では5月13日(月)から17日(金)まで「第12回(2024年度)関学レインボーウィーク」を開催します。これは、期間中のさまざまなイベントを通して、誰にとっても生きやすい関西学院にむけて学生らがアクションを起こしていくことを願って、毎年「IDAHO...

テンプル大学ジャパンキャンパス

テンプル大学ジャパンキャンパスで「100%英語漬け」 小学生から大学生まで短期集中プログラムを8月1日から開催

テンプル大学ジャパンキャンパス(東京都世田谷区/学長:マシュー・ウィルソン、以下TUJ)は、2024年の夏も、小学生から大学生と幅広い年齢層向けにさまざまな短期集中英語プログラムを開催します。 このプログラムは、約20年の歴史を持ち、当初は数十名の規模で始まりましたが、近年ではリピーター...

日本空港ビルデング株式会社

木造・鉄骨ハイブリッド構造採用の第1ターミナル北側サテライト施設2026年夏頃の供用開始に向け着工

~人にも環境にもやさしい先進的空港を目指す~
第1ターミナル北側サテライト施設(イメージ) 日本空港ビルデング株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長執行役員兼 COO:横田信秋)は、2024年5月7日(火)より第1ターミナル北側に6スポットを備えた出発・到着ゲート施設であるサテライト施設(以下、「本施設...