佛教大学のリリース一覧

佛教大学 「新型コロナウイルス対策緊急奨学金」を新設

佛教大学(京都市北区)では、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、家計状況の急変のために学資の支弁が著しく困難になり、就学の意志があるにも関わらず、休学・退学を余儀なくされるような学生に対して、今後の修学を支援するため、既存の奨学金制度に加えて、佛教大学の教職員等で組織する「佛教大学教...

佛教大学 新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴う学生への経済的支援について

佛教大学(京都市北区)では、新型コロナ感染症の感染拡大を受け、5月11日より遠隔授業を実施するにあたり、学修環境全般を整えるための緊急支援として、通学課程の在学生全員に一人当たり一律50,000円を支給することを決定しました。 ■緊急支援金の支給 通学課程の全学生を対象に、遠隔授...

「第13回佛教大学小学生俳句大賞」入賞作品が決定 ~応募句数は27,518句(低学年の部9,841句、高学年の部17,677句)

佛教大学では「全国の子どもたちに俳句を通して言葉の楽しさを体験してもらいたい」との願いで、2007年度より「佛教大学小学生俳句大賞」を開催している。13回目となる今年の応募句数は27,518句。同大名誉教授で俳人でもある坪内稔典氏など6名の選考委員による選考会を経て、279句の入賞作品が決...

佛教大学が「第13回佛教大学小学生俳句大賞」作品を募集中

佛教大学(京都市北区)は現在、「第13回佛教大学小学生俳句大賞」の作品を募集している。 これは、2007年から行っている小学生を対象とした俳句コンテストで、昨年は32,678句の応募があった。テーマは自由で、子どもたちの生き生きとした俳句作品を募る。応募締め切りは2020年1月24日(金)...

佛教大学硬式野球部主催 第3回「ぶったん」親善野球大会を開催

12月14日(土)、佛教大学園部キャンパス野球場において、本学強化指定スポーツの硬式野球部が、京阪神各地で野球に親しむ中学生を対象に野球教室を開催する。今年で3回目の開催。  本大会は社会貢献の観点から、大学生の模範指導により、京阪神各地で野球に親しむ中学生の技術の向上および意識の...

佛教大学社会福祉学部「にっこり笑えてじーんとしみる絵本展」開催

社会福祉学部では、学生の企画運営による絵本展を毎年開催している。同学部の学生が毎回テーマを決め、選書、紹介コメントを入れたポップづくりなどを行っている。  10回目を迎える今回は、「にっこり笑えてじーんとしみる絵本展」をテーマに、絵本を通じて笑顔になれる、心あたたまるような絵本を集...

「第12回佛教大学小学生俳句大賞」入賞作品が決定 ~応募句数は32,678句(低学年の部11,510句、高学年の部21,168句)

佛教大学では「全国の子どもたちに俳句を通して言葉の楽しさを体験してもらいたい」との願いで、2007年度より「佛教大学小学生俳句大賞」を開催してい る。12回目となる今年の応募句数は32,678句。同大名誉教授で俳人でもある坪内稔典氏など6名の選考委員による選考会を経て、276句の入賞作品が...

佛教大学硬式野球部主催 第2回「ぶったん」親善野球大会を開催

12月22日(土)、佛教大学園部キャンパス野球場において、本学強化指定スポーツの硬式野球部が、京阪神各地で野球に親しむ中学生を対象に野球教室を開催する。昨年度に続き2回目の開催。  本大会は社会貢献の観点から、大学生の模範指導により、京阪神各地で野球に親しむ中学生の技術の向上および...

佛教大学社会福祉学部「気持ちがつながる絵本展」を開催(12月15日(土)~20日(木)、佛教大学紫野キャンパス)

社会福祉学部では、学生の企画運営による絵本展を開催している。絵本展は、同学部の学生が毎年テーマを決め、選書、紹介コメントを入れたポップづくりなどを行い、今年で9回目の開催となる。  今年は、「気持ちがつながる絵本展」をテーマに、絵本を通して気持ちがつながり、誰かと一緒に読みたくなる...

佛教大学オリジナルグッズ「朱印帳」売れ行き好調につき、表紙色新色(2色)を販売

佛教大学では、宗教情操涵養の一環として、オリジナル朱印帳を作製し、販売している。 近年の御朱印ブームにあやかり、オリジナル朱印帳を手に、本学礼拝堂(水谷幸正記念館)をはじめ、全国各地の寺院を訪れ、「仏教」を身近に感じる機会を増やしていただこうとのねらいもある。 おかげさまで今年7月に販売を...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所