調査

産業能率大学

【産業能率大学】全国の大学生1,000名を対象とした意識調査研究レポート -- 「全国の大学生が描く2030年のウェルビーイングな社会」Z世代にとって -- 働きがい・暮らしがい・子育て・教育とは

産業能率大学(東京都世田谷区)経営学部 小々馬敦教授のゼミは、日本テレビ放送網株式会社 日テレR&Dラボ、株式会社ビデオリサーチひと研究所に研究協力いただき、「Z世代・大学生が描く2030年のウェルビーイングな社会」に関する調査研究レポートをまとめました。本レポートでは、Z世代が10年後の...

新潟県

新潟県って結局何地⽅なの?新潟県のライバルは? 新潟県⺠100⼈に聞いた「新潟の地域性」

新潟※(コメジルシ)プロジェクト 「新潟コメジルシ総研」 県民アンケート結果
新潟県では、県民の皆様から本県の魅力をもっと自信を持って発信・表現していただける意識や機運を育てていくことを目的として、新潟※(コメジルシ)プロジェクトに取り組んでいます。 このプロジェクトの一環として「新潟コメジルシ総研」と題し100人の県民の声をもとに様々な角度から「期待どおりの...

TVISION INSIGHTS株式会社

【速報】9月 テレビCMランキング発表 個人全体、男性、女性の1位は、 新生フィナンシャル レイクALSA「番台」篇

ご家庭に人体認識技術を搭載した機器を設置し、テレビスクリーンの「視られている量」を測るTVISION INSIGHTS株式会社(所在地 :東京都千代田区、代表取締役社長 郡谷 康士、以下TVISION)は、2021年9月1日から9月30日に放映されたテレビCMからTVISION独自の指標「...

【調査レポート】2022年4月施行 改正個人情報保護法への企業の対応状況

PwC Japanグループでは、2022年4月1日に全面施行される改正個人情報保護法への対応状況について、日本で事業を行う各社に対し、調査を実施しました。 本調査では、多くの企業が対応の遅れにより、コンプライアンスリスクを抱えている実態が明らかになりました。一方、対応が進んでいる企業では...

新潟県

コロナ禍で注目を集めている「2拠点・多拠点生活」のリアル~関心高まる一方で特有の課題も 新潟県内の2拠点・多拠点生活者インタビュー~

 新型コロナウイルスの感染拡大が大きなきっかけとなり、2つの地域に拠点を持ち生活をする「2拠点生活」が注目を集めています。働き方が多様化し、それに合わせてライフスタイルも柔軟に対応できるようになっていることが大きな要因です。新潟県でも県内と都内で2拠点生活を実践する人が増えており、新たな居住ス...

麻布大学、ティーチング・ポートフォリオを公開 ~ 全学的に教育改善を推進し、教育の質の向上を強化 ~

麻布大学(学長代行:村上賢、本部:神奈川県相模原市、URL: https://www.azabu-u.ac.jp/ )は教育改善のための新たな方策として、ティーチング・ポートフォリオ(以下、「TP」)を導入し、本学ホームページで公表しました。  麻布大学は、本学の教育理念「地球共生...

ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao

長引くマスク生活による無表情化・唾液減少で口内環境リスクが増加 口腔トラブルを経験した人が71% 舌も含めたお口のメンテナンスで対策を

監修 :片平歯科クリニック 院長 片平 治人
女性の健康力向上を通した社会の活性化への貢献を目指す『ウーマンウェルネス研究会supported by Kao』(代表: 対馬ルリ子/産婦人科医)では、コロナ禍における口腔環境の変化について、首都圏在住の495人(20代~60代男女)を対象に調査を実施しました。 調査によると、マスク着用...

神奈川工科大学

まぶしさのメカニズムを解明

私たちがまぶしい!と感じる眼のメカニズムを、神奈川工科大学・ヒューマンメディア研究センターの内川惠二客員研究員が解明しました。網膜内に存在する光を感じる第3の細胞に、まぶしさを感じる大きな役割があることを明らかにしました。  私たちは網膜にある''錐体''と''桿体''という2種類...

近畿大学

ワクチン接種者を対象に3カ月ごとの抗体価の経時変化を調査 ワクチン効果の持続性や抗体価に影響を与える因子を明らかに

近畿大学メディカルサポートセンター(大阪府東大阪市)は、令和3年(2021年)10月19日(火)から、新型コロナウイルスワクチンを接種済みの在学生と教職員の希望者を対象に、血液採取による抗体検査を実施します。この検査によってワクチン接種の効果がどのくらい持続するのかを明らかにし、今後のワク...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所