調査

「平成30年7月豪雨被害に対する支援について」

このたびの平成30年7月豪雨により、被災された皆様、関係の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。 株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:加藤 讓)は、被災された皆様への支援、被災地復興のために、義援金として500万円の寄付を実施致します。 一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

金沢工業大学

コミュニティバスのっティの現在位置がリアルタイムでわかる。第37回野々市じょんからまつりの期間中、バスどこシステムの運用テストを実施。 -- 金沢工業大学

金沢工業大学「BusStopプロジェクト」では、野々市市のコミュニティバス「のっティ」の現在位置がわかる「バスどこシステム」の運用テストを平成30年7月28日(土)、29日(日)に開催される「第37回野々市じょんからまつり」の期間、実施します。野々市じょんからまつりは、例年3万人程度の来場...

テンプル大学ジャパンキャンパス

学術引用で世界22位。2018年の世界ランキングに見るテンプル大学のグローバル評価

テンプル大学(米ペンシルベニア州フィラデルフィア/総長リチャード・イングラート)は1884年創立の州立総合大学で、米国4,000校以上の4年制大学がある中、さまざまな分野、指標において確実に、全米ひいては世界的評価を高めています。 ウェブ検索サイト グーグルの提供する学術引用の検索サービス...

株式会社ビデオリサーチ

日常生活行動やメディア接触行動の包括的なクラスタリングが可能に ~「MCR/exデータ」を活用した「ソーシャル・シークエンス分析」サービスの提供を開始~

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:加藤 讓)は、生活・メディア行動調査データMCR/ex(※1)を活用した「ソーシャル・シークエンス分析」(※2)サービスの提供を開始致します。
「MCR/exデータ」を活用した「ソーシャル・シークエンス分析」の取り組みは、2017年より株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博、以下「電通」)のシンクタンク「電通メディアイノベーションラボ」と共同で研究を進めてまいりました(※3)。 この分析により、特定のターゲットや商品・サー...

株式会社リクルートキャリア

7月1日時点での大学生の就職内定率は81.8% リクルートキャリア【確報版】「2018年7月1日時点 内定状況」就職プロセス調査(2019年卒)発表!

株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林大三)のよりよい就職・採用の在り方を追究するための研究機関・就職みらい研究所(所長:松浦太郎)は、就職みらい研究所学生調査モニターの大学生・大学院生を対象に「就職プロセス調査」を実施いたしました。 このたび調査結果...

東京農工大学

小細胞肺癌が分泌する2種類のマイクロRNAのパターン診断(検出)をDNAコンピュータで実現 -- 東京農工大学

国立大学法人東京農工大学大学院工学研究院生命機能科学部門の川野竜司テニュアトラック特任准教授と同大学大学院生 平谷萌恵は、DNAを用いて情報処理を行う「DNAコンピューティング技術」と一分子のDNAを検出できる「ナノポア(注1)」を用いて、小細胞肺癌の早期診断マーカーである2種類のマイクロ...

東京農工大学

東京農工大学の永岡謙太郎准教授らが海馬内のアミノ酸代謝が記憶能力に影響することを明らかに -- アミノ酸代謝異常の難病に対する新たな治療法開発に期待

国立大学法人東京農工大学大学院農学研究院動物生命科学部門・永岡謙太郎准教授らの研究グループは、アミノ酸代謝酵素の遺伝子LAO1を欠損したマウスの解析を行った結果、脳内で記憶に関わる海馬においてアミノ酸代謝異常が生じており、特にフェニルアラニン濃度の上昇を確認しました。また、このフェニルアラ...

芝浦工業大学

車々間通信を用いてリアルタイムな渋滞解消支援手法を提案  4割の車両が導入で渋滞所要時間が10%減少 -- 芝浦工業大学

芝浦工業大学(東京都港区/学長 村上雅人)情報通信工学科の森野博章准教授は、アナログテレビで使用されていた700MHz帯の周波数を用いた車々間通信による自然渋滞解消支援手法を提案し、サグ部(緩やかな下り坂のあとに緩やかな上り坂が続く、自然渋滞頻発箇所)での平均走行速度が約10%向上すること...

多摩大学

「多摩大学リレー講座交流サロン」団塊世代と学生の交流カフェサロンを多摩大学生が企画・運営

多摩大学は、文部科学省 平成29年度私立大学研究ブランディング事業に採択され、「大都市郊外型高齢化へ立ち向かう実践的研究-アクティブ・シニア活用への経営情報学的手法の適用-」をテーマとした研究に取り組んでいる。研究の柱の一つである「世代継承型研究」の一環として、「多摩大学寺島実郎監修リレー...

ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao

デジタル機器との“つながりっぱなし”による心身の疲れ「デジバテ」*を6割が実感!「スマホ依存」7割が自覚  目もと温めなど毎日の習慣でデジバテ対策

監修:慶應義塾大学医学部教授 坪田一男先生 女性の健康力向上を通した社会の活性化への貢献を目指す『ウーマンウェルネス研究会supported by Kao』(代表:対馬ルリ子/産婦人科医)では、スマートフォンやPC、タブレット端末などのデジタル機器の使用と心身の疲れに関する意識調査を...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+