医療・科学

アストラゼネカのLOKELMA(ZS-9)成人の高カリウム血症患者さんの治療薬として米国にて承認を取得

迅速かつ持続的な血中カリウム濃度のコントロールにより患者さんのアンメットニーズに対応
アストラゼネカ(本社:英国ケンブリッジ、最高経営責任者(CEO):パスカル・ソリオ[Pascal Soriot]、以下、アストラゼネカ)は5月18日、同社が開発するLokelma(開発コード:ZS-9、一般名:ジルコニウムナトリウム環状ケイ酸塩、以下、ZS-9)が成人の高カリウム血症患者さんに...

アストラゼネカのSGLT2阻害剤フォシーガ 日本において1型糖尿病に対する治療薬としての効能・効果追加申請

2018年3月の欧州での申請受理に続く申請
本資料はアストラゼネカ英国本社が2018年5月21日に発信したプレスリリースを日本語に翻訳し、みなさまのご参考に提供するものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します。 アストラゼネカ(本社:英国ケンブリッジ、最高経営責任者(CEO):パスカル・ソリオ[...

ギリアド・サイエンシズ非代償性肝硬変と直接作用型抗ウイルス剤治療不成功のC 型肝炎ウイルス感染症患者に対する治療薬ソホスブビル/ベルパタスビル配合錠日本での製造販売承認を申請

ギリアド・サイエンシズ株式会社(以下「ギリアド」)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ルーク・ハーマンス)は、本日、非代償性肝硬変患者と直接作用型抗ウイルス剤(DAA)治療不成功の患者に対する1日1回投与のC型肝炎ウイルス(HCV)感染症治療薬であるソホスブビル/ベルパタスビル配合錠(SO...

味の素株式会社アミノサイエンス統括部アミノインデックスグループ

<味の素株式会社>検査項目拡大の『アミノインデックス(R)』が神奈川県「ME-BYO BRAND(未病ブランド)」に継続認定~1回の採血で複数の現在がんである可能性と、4年以内の糖尿病発症リスクを評価

 味の素株式会社(社長:西井孝明 本社:東京都中央区 以下「当社」という)が開発した、1回の採血で血液中の アミノ酸濃度バランスを測定し、現在と将来の様々な疾患リスクを一度に評価する検査『アミノインデックス® 』が、2018年5月15日、神奈川県が推進する「ME-BYO BRAND(未...

浦和大学・浦和大学短期大学部

浦和大学「第2回 介護ロボット・福祉機器展」5月26日(土)開催

いま注目の最新鋭の介護ロボット・福祉機器を展示
浦和大学・浦和大学短期大学部(所在地:埼玉県さいたま市、以下「浦和大学」)は、「第2回介護ロボット・福祉機器展」(以下、ロボット展)を5月26日(土)に、浦和大学キャンパス内にて開催します。    本展は、介護ロボット・福祉機器の適切な普及を目指し、浦和大学介護福祉科の教員・学...

日本法人設立から6周年を迎えるアルマック 日本での事業拡大に伴い、臨床試験部門を増員、20名体制へ

英国に本拠を置くグローバルな医薬品受託製造開発企業であるアルマック・グループ(本社: 英国クレイガボン、CEO: アラン・アームストロング、以後「アルマック」)は、日本における事業が拡大していることから、2018年度中にクリニカルサービス(治験薬供給)部門とクリニカルテクノロジー(治験管理)...

アストラゼネカ リアルワールドデータ解析研究により判明した日本における重症喘息患者さんは7.8%

~約300万人の保険データから継続治療中の喘息患者さんを調査したKEIFU研究: コントロール不良な重症喘息患者さんは2.5%を占め軽症から中等症の患者さんと比較して、経口ステロイド薬処方量は20.8倍という現状が明らかに~
アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ステファン・ヴォックスストラム、以下、アストラゼネカ)は、保険データベースから「継続治療中の喘息患者さん」に関するデータを抽出し、重症喘息患者およびコントロール不良な重症喘息患者さんの割合、背景、および治療実態を調査した非介入研究(KE...

公益財団法人 笹川スポーツ財団

日本のスポーツ振興ならびにスポーツ政策の形成に寄与する 「笹川スポーツ研究助成」2018年度47件 総額3,096万円 助成決定のお知らせ

日本のスポーツ振興に貢献する優れた人文・社会科学領域の研究活動を支援する 『笹川スポーツ研究助成』の2018年度採択研究を決定しました。
「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する公益財団法人笹川スポーツ財団(所在地:東京都港区赤坂 理事長:渡邉 一利 以下:SSF)は、日本のスポーツ振興に貢献する優れた人文・社会科学領域の研究活動を支援する助成制度『笹川スポーツ研究助成』の2018年度採択研究を決定しました。 本年度は、...

ギリアド・サイエンシズ 2018年国際肝臓学会議において線維化が進行した非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の患者に対する複数の開発中の化合物に関するデータを発表

- 12週間の併用療法試験のデータを発表 - ASK1阻害剤selonsertibの第III相STELLAR試験の患者登録は完了
米国カリフォルニア州フォスターシティ、2018年4月13日 – ギリアド・サイエンシズ(NASDAQ: GILD)は、4月13日、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)による線維化が進行した患者を対象として現在開発中のアポトーシス・シグナル調節キナーゼ1(ASK1)阻害剤selonse...

メンズヘルスクリニック東京

-男性の「薄毛とストレス」に関する意識調査-  20代、30代の若年層の薄毛ストレスがもたらす日常生活への影響とは?

~自信がもてない、他人の視線が気になる~ 頭髪と心へ両面からアプローチ 注目の『リエゾン治療』
メンズヘルスクリニック東京(所在地:東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内 10F)は、この度、薄毛に悩む全国20代~50代の男性1,600名を対象に「薄毛とストレス」に関する意識調査を行いました。 昨今、男性向けの美容製品が増加*するなど、外見、容姿を気に...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+