医療・科学

メディカル・データ・ビジョン株式会社

医療従事者のワクチン接種管理はPHR「カルテコ」で

今後の高齢者への接種に備え体制整備へ
 社会医療法人社団慈生会(東京都足立区 理事長:伊藤雅史)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の医療従事者へのワクチン接種の管理について、運営する等潤病院、常楽診療所、健診センター等潤で利用可能な診療・健診情報をパソコンやスマートフォンなどでいつでもどこでも閲覧できるPHR(パーソ...

横浜市立大学

タンパク質の柔らかさを予測するAI  -巨大かつ複雑な生体高分子の機能メカニズム解明に期待-

 理化学研究所(理研)科技ハブ産連本部医科学イノベーションハブ推進プログラム(MIH)医薬プロセス最適化プラットフォーム推進グループの松本篤幸研究員、奥野恭史グループディレクター(MIH副プログラムディレクター、京都大学大学院医学研究科教授)、京都大学大学院医学研究科の荒木望嗣准教授、横浜市立...

H.U.グループホールディングス株式会社

令和2年度 公益信託臨床検査医学研究振興基金 「藤田光一郎賞」「小酒井望賞」「研究奨励金」受賞者決定のお知らせ

 当社の連結子会社である株式会社エスアールエル(代表取締役社長:東 俊一、本社:東京都新宿区、以下「SRL」)および富士レビオ株式会社(代表取締役社長:藤田 健、本社:東京都新宿区、以下「富士レビオ」)が委託者である公益信託臨床検査医学研究振興基金(運営委員長:高木康、昭和大学医学部教授、以下...

スリー・アールシステム株式会社

【スリーアールソリューション】シンプルで低コスト導入可能な非接触温度計 3R-NCT01WTを新発売

スリー・アールグループである、工業用内視鏡やウイルス対策用品を取扱うスリーアールソリューション株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:今村 陽一)は2021年2月2日に、シンプルなデジタル表示で低価格を実現した「非接触温度計 3R-NCT01WT」を新発売しました。 ...

スリー・アールシステム株式会社

【スリーアールソリューション】換気タイミングを”見える化”。CO2モニター 3R-COTH01を新発売

スリー・アールグループである、工業用内視鏡やウイルス対策用品を取扱うスリーアールソリューション株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:今村 陽一)は2021年2月1日に、周囲の二酸化炭素濃度、温度、湿度の3つを表示可能な「CO2モニター 3R-COTH01」を新発売しまし...

AMED採択課題「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する治療薬開発のための実用的な予後予測・治療スコアの開発と社会実装」に取り組みます。

 横浜市立大学では、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の令和2年度新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する治療薬開発推進のための技術開発等」として、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する治療薬開発...

新型コロナウイルス抗原検査試薬の開発 第9回 技術経営・イノベーション大賞「選考委員特別賞」を受賞

 当社の連結子会社である富士レビオ株式会社(代表取締役社長:藤田 健、本社:東京都新宿区、以下「富士レビオ」)は、このたび、新型コロナウイルスの抗原検査試薬(「エスプライン® SARS-CoV-2」、「ルミパルス®SARS-CoV-2-Ag」)の開発において、一般社団法人 科学...

H.U.グループホールディングス株式会社

「ルミパルス(R)」大型機用インフルエンザウイルス抗原検査試薬製造販売承認取得および販売開始について~同一検体で新型コロナウイルス抗原との同時検査が可能に~

 当社の連結子会社である富士レビオ株式会社(代表取締役社長:藤田 健、本社:東京都新宿区、以下「富士レビオ」)は、全自動化学発光酵素免疫測定システム「ルミパルス」シリーズの大型機で使用するインフルエンザウイルス抗原を高感度かつ定量的に測定する試薬について、既に厚生労働省より製造販売承認を取得し...

横浜市立大学

造血幹細胞の維持に重要な酵素を発見 〜白血病治療などへの応用に期待〜

 横浜市立大学大学院医学研究科 幹細胞免疫制御内科学 中島秀明教授と村上紘一研究員の研究グループは、同 免疫学 田村智彦教授、同 神経解剖学 船越健悟教授、慶應義塾大学医学部 岡本真一郎名誉教授、国立国際医療研究センター研究所 田久保圭誉プロジェクト長、東京大学医科学研究所 岩間厚志教授などと...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所