ヤマハ発動機株式会社のリリース一覧

「ヤマハパフォーマンスダンパー」生産累計300万本を達成~変形や振動を穏やかに整え吸収する車両用車体制振装置~

 ヤマハ発動機株式会社の車両用車体制振ダンパー「ヤマハパフォーマンスダンパー*」の2004年からの生産本数が、累計300万本を達成し、このたび緩衝機器等の生産子会社であるヤマハモーターハイドロリックシステム株式会社(本社:静岡県周智郡森町)の沼津第2工場にて記念式典を行いました。  「ヤ...

「TMAX560 TECH MAX ABS」 「TMAX560 ABS」 2024年モデル発売~上質感とスポーティさを表現した2色を新採用~

 ヤマハ発動機販売株式会社は、オートマチックスポーツ「TMAX560 TECH MAX ABS」および「TMAX560 ABS」のカラーリングを変更し、2024年モデルとして3月29日に発売します。  「TMAX560 TECH MAX ABS」の新色は、深みのあるレッドフレークが自然光...

原付二種スクーター「JOG125」2024年モデルを発売~爽やかな“ライトブルー”と元気な“レッド”2色を新採用~

 ヤマハ発動機販売株式会社は、原付二種のスタンダードモデル「JOG125」のカラーリングを変更し、2024年モデルとして3月19日に発売します。  2024年モデルは2色を新たに採用しました。軽快感のある爽やかな“ライトブルー”とトーンを上げ、コンパクトでキビキビ...

職種別採用の開始および2025年の新卒採用計画について~2024年度入社の初任給を昨年改定実績に比べ大幅引き上げ~

 ヤマハ発動機株式会社は、2025年度からの総合職採用における職種別採用開始と2025年の新卒採用計画、加えて2024年度入社からの初任給の大幅引き上げを決定しました。  職種別採用については、採用後に適性をみて配属を決める従来型の「OPENコース」に加え、初期配属をあらかじめ選択できる...

マイナーチェンジしたロードスポーツ「MT-07 ABS」を発売~専用アプリで“つながる”機能、5インチTFTメーター、新ハンドルバー採用~

 ヤマハ発動機販売株式会社は、ロードスポーツ「MT-07 ABS」をマイナーチェンジし、3月22日に発売します。  主な変更点は、1)着信通知や燃費管理などが可能なスマートフォン連携機能の搭載、2)表示テーマを2種類(ストリート/ツーリング)から切り替え可能な5インチTFTメーター、3)...

「ジャパンインターナショナルボートショー2024」への出展について~総合マリンメーカーとして最新製品・技術を展示。豊かなマリンライフのイメージを訴求~

 ヤマハ発動機株式会社は、3月21日(木)から24日(日)に、パシフィコ横浜および横浜ベイサイドマリーナ(ともに神奈川県横浜市)などで開催される「ジャパンインターナショナルボートショー2024」(主催:一般社団法人 日本マリン事業協会)に出展します。  メインブースとなるパシフィコ横浜会...

フィッシングボート 「DFRシリーズ」 をマイナーチェンジ~操船支援システム 「Y-FSH」 採用で、より快適なボートフィッシングを実現~

 ヤマハ発動機株式会社は、インボードエンジン(船内機)を搭載したオフショア・フィッシングボート「DFRシリーズ」において、新開発の操船支援システム「Y-FSH(ワイ・フィッシュ)」を採用するなどのマイナーチェンジを行い、7月より順次発売します。  マイナーチェンジするのはフライングブリッ...

船外機 「F450A」 を日本市場に導入~トルクとパワー、利便性と信頼性を追求した最大馬力モデル~

 ヤマハ発動機株式会社は、当社船外機ラインナップで最大馬力の船外機「F450A/FL450A*」(最大出力450馬力)の国内販売を2024年8月に開始します。  「F450A/FL450A」は、2023年春に北米市場から発売を開始し、海外市場で高評価を得ているV型8気筒、排気量5,559...

フィッシングボート 「YFR330」 新発売~新開発の艇体と高度な機能性・快適性で充実した“釣り時間”を提供~

 ヤマハ発動機株式会社は、全長33フィート(10.10m)の新型フィッシングボート「YFR330」を2024年10月に発売します。  「YFR330」は、ボートで釣りを楽しみたい人々に、出港から移動、実釣、休息、帰港に至るまで、より充実した“釣り時間”の提供をコンセプ...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所