日本製鉄株式会社のリリース一覧

日本製鉄 小田急電鉄片瀬江ノ島駅の新駅舎屋根瓦に意匠性チタンTranTixxii®採用 ~金色のチタンIP Goldチタン適用建築で過去最大~

日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)の意匠性チタンTranTixxiiⓇ(トランティクシー)が、このたび小田急電鉄片瀬江ノ島駅(所在地:神奈川県藤沢市)のリニューアルされた新駅舎の屋根に採用され、8月31日、駅舎の改修工事を終え、竣工しました。施工面積は、785平方メートル(チタン使用量:約3....

日本製鉄 意匠性チタンTranTixxiiが弘前れんが倉庫美術館の屋根材に採用

日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)の意匠性チタンTranTixxiiⓇ(トランティクシー)が、青森県弘前市に本年7月オープンした芸術文化施設、弘前れんが倉庫美術館(所在地:青森県弘前市)の屋根材に採用されました。屋根の加工・施工は地元の勝又金属工業株式会社(青森県青森市、以下、勝又金属工業)が...

日本製鉄グループ 月星商事株式の一部譲渡及びNST日本鉄板による同社の子会社化について

日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)、日鉄物産株式会社(以下、日鉄物産)、NST日本鉄板株式会社(以下、日本鉄板)、および月星商事株式会社(以下、月星商事)は、建材薄板分野において、日本製鉄グループのサプライチェーンを通じたお客様対応力の更なる充実化を図るため、日本製鉄が保有する月星商事株式の一...

日本製鉄グループ 令和2年7月豪雨による災害に対する支援について

本年7月に発生した豪雨による災害により、亡くなられた方々に哀悼の意を表しますとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。 日本製鉄グループは、関係する皆さまへの支援および被災地の復旧・復興に役立てていただくため、1,150万円の義援金を拠出することと致しました。 被災地の一...

日本製鉄 ゲート型吸着剤が切り拓く吸着分離の新時代 ~二酸化炭素の分離回収技術の開発に貢献~

京都大学大学院工学研究科 平出翔太郎助教、坂中勇太同博士課程学生、日本製鉄株式会社 上代洋主幹研究員、高輝度光科学研究センター(JASRI) 河口彰吾主幹研究員、京都大学大学院工学研究科 宮原稔教授、信州大学先鋭領域融合研究群先鋭材料研究所 田中秀樹教授(特定雇用)らの研究グループは、従来の吸...

日本製鉄 北海道泊村での藻場再生プロジェクト「海の森づくり」本格始動 ~鉄分供給ユニット設置後1年でコンブなどの藻場が再生~

日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)は、北海道古宇郡(ふるうぐん)泊村、および古宇郡漁業協同組合とで、2019年11月に古宇郡泊村地区に鉄分供給鉄鋼スラグ製品「ビバリーⓇユニット」を埋設し、磯焼けで藻場が失われた海域を再生する「海の森づくり」をスタートしています。本年7月、「ビバリーⓇユニット」...

日本製鉄 「パートナーシップ構築宣言」に賛同

日本製鉄株式会社は、このたび内閣府・中小企業庁などによる「パートナーシップ構築宣言」の趣旨に賛同することと致しました。 当社は、サプライチェーンの取引先の皆様や価値創造を図る事業者の皆様と連携・共存栄を進めることで、新たなパートナシップを構築するため、以下の項目に重点的取り組むことを...

日本製鉄 2020年夏季における働き方改革推進施策および節電施策

日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)は、健康で効率的かつクリエイティブな働き方の実現を推進するとともに、新型コロナウイルス感染症予防のための新たな働き方の定着を図る観点および地球環境に配慮し夏季におけるエネルギー消費低減を図る観点から、本社において以下の施策を実施します。 1.勤務施策 ...

日本製鉄 「CCR研究会 船舶カーボンリサイクルWG」が9社で始動 ~メタネーション技術による船舶のゼロ・エミッション燃料を目指す業界横断の取り組み~

「CCR研究会 船舶カーボンリサイクルWG」(WG=ワーキンググループ、以下「本WG」)は、株式会社エックス都市研究所、サノヤス造船株式会社、JFEスチール株式会社、ジャパン マリンユナイテッド株式会社、株式会社商船三井、日揮グローバル株式会社、一般財団法人日本海事協会、日本製鉄株式会社、日立...

日本製鉄 CO2を原料とするパラキシレン製造に関する開発に着手

国立大学法人富山大学、千代田化工建設株式会社、日鉄エンジニアリング株式会社、日本製鉄株式会社、ハイケム株式会社、三菱商事株式会社(以下「共同研究者」)は共同で、NEDO(※1)の「カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/CO2排出削減・有効利用実用化技術開発/化学品へのCO2利用技術開発...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所