日本製鉄株式会社のリリース一覧

新日鉄住金 1310MPaハイテンが自動車構造用冷間プレス部品として世界初採用

新日鐵住金株式会社(以下、新日鉄住金)はマツダ株式会社(以下、マツダ)と共同で、1310MPa級高張力冷延鋼板(以下、1310MPaハイテン)を用いた車体構造用冷間プレス部品の開発に取り組み、このたび、マツダ新型MAZDA3に、世界で初めて採用されることとなりました。 1310MPaハイ...

新日鉄住金 パナソニック株式会社より9年連続ECO・VC金賞を受賞 

新日鐵住金株式会社(代表取締役社長:進藤孝生、以下「新日鉄住金」)は、2018年12月6日に行われたパナソニック株式会社(代表取締役社長:津賀一宏、以下「パナソニック」)主催のエクセレントパートナーズミーティングにおいて、ECO・VC賞の金賞を2010年度から9年連続で受賞致しました。 ...

新日鉄住金 次世代自動車の構造コンセプト“NSafe®-AutoConcept”を構築

昨今、自動車メーカー各社の車体軽量化・衝突安全ニーズの高まり、EV等新エネルギー車や自動運転の普及など、今後、社会や産業が大きく変化しようとしています。新日鐵住金株式会社(以下、新日鉄住金)は、こうした自動車産業の大変革期を、ビジネス進化の新たな起点と捉え、研究開発を加速し、鉄による次世代自動...

新日鉄住金 「第11回オートモーティブワールド」に出展

新日鐵住金株式会社(以下、新日鉄住金)は、1月16日(水)~18日(金)までの3日間、東京ビッグサイトで開催される「第11回オートモーティブワールド」に出展します。新日鉄住金としては、初の出展となります。 オートモーティブワールドは、EV・HEV駆動システム、自動運転、カーエレクトロニク...

新日鉄住金 コークス炉化学原料化法によるプラスチックリサイクルを楽しく学べるゲームコンテンツ第2弾「~プラスチックリサイクル!君津で探検~ GO!GO!プラリサ」を開設

新日鐵住金株式会社(以下、新日鉄住金)は、12月18日、各製鉄所で行っているコークス炉化学原料化法によるプラスチックリサイクルの認知度向上を目的として、プラスチックの分別を楽しみながら学ぶことができるゲームコンテンツ「~プラスチックリサイクル!君津で探検~ GO!GO!プラリサ」を公開しました...

新日鉄住金 精密加工用細粒ステンレス鋼板「FYGRAS(フィグラス)」ブランドの展開開始

新日鐵住金株式会社(以下、「新日鉄住金」)は、11月28日(水)より精密加工用細粒ステンレス鋼板「FYGRAS(フィグラス)※1」のブランド展開を開始しました。また、同日、お客様向けにFYGRAS専用ウェブサイト※2を公開しましたのでお知らせいたします。 今回新たにブランド展開を開始...

新日鉄住金 幕張メッセで開催される「第5回高機能金属展」に出展

新日鐵住金株式会社(以下、新日鉄住金)は、12月5日(水)~7日(金)までの3日間、幕張メッセで開催される「第5回高機能金属展(通称「メタルジャパン」)」に出展します。新日鉄住金は、2015年から出展しており、今回で4回目となります。 高機能金属展とは、鉄鋼・非鉄・流通など金属産業を網羅...

新日鉄住金 薄肉化した高強度鋼管を用いた新AGF工法を共同開発 ~不安定な岩盤におけるトンネル掘削作業の負荷を軽減し、生産性を向上 ~

株式会社大林組(本社:東京都港区、社長:蓮輪賢治)は、株式会社亀山(本社:福岡県柳川市、社長:亀山元則)と新日鐵住金株式会社(本社:東京都千代田区、社長:進藤孝生)と共同して、山岳トンネル工事における長尺鋼管先受け工法(以下、AGF工法)(※1)に用いる長尺鋼管を薄肉化することで大幅に軽量化し...

新日鉄住金 プラスチックリサイクル累計300万トンを達成 ~コークス炉化学原料化法による~

新日鐵住金株式会社(以下、新日鉄住金)は、2000年よりコークス炉化学原料化法によるプラスチックリサイクルに取り組んでおり、全社としては2008年5月に100万トン、2013年11月に200万トンと順調にリサイクルを進めてきましたが、このたび2018年11月14日に累計リサイクル量で300万ト...

新日鉄住金 車輪製造ラインにおける圧延工程(ホイールミル)の設備を強化更新

新日鐵住金株式会社(以下、新日鉄住金)は、2020年中期経営計画の主要施策の1つである「国内マザーミルの“つくる力”の継続強化」の一環として、交通産機品事業部製鋼所において、車輪製造における圧延設備であるホイールミルの全面更新を決定致しました。 新日鉄住金は国内唯...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所