医療・科学

世界の医療団(認定NPO法人) 特定非営利活動法人 メドゥサン・デュ・モンド ジャポン

世界の医療団 7月開催「FUJI ROCK FESTIVAL ʼ22 」のウクライナ人道支援プロジェクト寄付先団体に

世界の医療団(特定非営利活動法人メドゥサン・デュ・モンド ジャポン)は、2015年からウクライナ国内で活動を続け、現在も東部のドネツク州、ルハンシク州を含む各地で、さまざまな医療支援を実施しています。 こ...

横浜市立大学

日本人の血液透析患者では新型コロナワクチン接種後の抗体価上昇が抑制 ―ピーク抗体価の上昇に寄与する因子は栄養状態と貧血の改善、ビタミンDの補充―

 横浜市立大学大学院医学研究科 循環器・腎臓・高血圧内科学の金井大輔医師(大学院生)、田村功一主任教授、涌井広道准教授、横浜市立大学附属病院 次世代臨床研究センター(Y-NEXT)土師達也助教、感染制御部 加藤英明部長らは、医療法人社団 厚済会 大西俊正博士、山口聡博士、三橋洋医師、花岡正哲医...

株式会社武蔵野

次亜塩素酸水クリーン・リフレが、飲食業界注目の大阪『居酒屋Japan』に出展します!

展示会来場者にはミニスプレーボトルプレゼントの特典!
株式会社武蔵野(本社:東京都小金井市、代表取締役社長:小山昇)は7月5日~6日にかけて飲食業界をターゲットとした専門展示会『居酒屋Japan』にアクト武蔵野として出展いたします。除菌対策用品としてだけでなく、消臭用品としても活用できるクリーン・リフレの効果を来場者にも実際に目で...

アステラス製薬株式会社

第3回アステラスオープンフォーラム開催のお知らせ 『新たな治療選択肢を患者さんに ~難病とともに生きる人の声を聴く~』

日時:2022年7月27日(水)19:00~20:30 開催形式:オンライン
「難病」という言葉で、皆さんはどんなことを思い浮かべるでしょうか。 世界には、未だ有効な治療法が確立されていない病気がたくさんあります。 アステラス製薬は、難病に対する新たな治療選択肢を患者さんに届けるため、遺伝子治療の研究開発に取り組んでいます。 本フォーラ...

Fujirebio EuropeによるADx NeuroSciencesの買収を通じたアルツハイマー病領域およびCDMO戦略の強化について

 当社の連結子会社である富士レビオ・ホールディングス株式会社(代表取締役社長:石川 剛生、本社:東京都新宿区)傘下のFujirebio Europe NV(CEO:Christiaan De Wilde、所在地:ベルギー ヘント、以下「FRE社」)は、このたび、ADx NeuroScience...

サターラ、バイオ医薬品の新薬開発を支援するバイオシミュレーションソフトウェアの新バージョンを発表

より多くの開発化合物に対する臨床予測性能を向上する新機能を搭載
2022年6月21日:ニュージャージー州プリンストン - バイオシミュレーションのグローバルリーダーであるサターラ(NASDAQ:CERT)は、本日、免疫原性(IG)、がん免疫(IO)、およびワクチン開発をそれぞれ支援するシミュレーターソフトウェアの新バージョンをリリースしたことを発表しました...

横浜市立大学

脳を切らない新しいてんかん外科治療に期待 〜ラジオ波てんかん焦点温熱凝固術〜

 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター(NCNP)病院脳神経外科の高山裕太郎医師(現・横浜市立大学附属病院脳神経外科)、岩崎真樹部長らの研究グループは、島弁蓋部てんかんに対する新たな治療法としてラジオ波てんかん焦点温熱凝固術(RFTC)を提案し、この方法を用いた治療経験を報告しました...

H.U.グループホールディングス株式会社

「SOMPO サステナビリティ・インデックス」の構成銘柄に2年連続で選定

 当社は、このたび、SOMPOアセットマネジメント株式会社が運用する「SOMPOサステナビリティ・インデックス」(以下「本インデックス」)の構成銘柄に2年連続で選定されましたのでお知らせします。  本インデックスは ESG(環境、社会、ガバナンス)の取り組みに優れた約300社によって銘柄...

横浜市立大学

COVID-19患者における入院時の腎機能障害とその重症度が急性期の予後不良因子となることを証明

 横浜市立大学附属市民総合医療センター 心臓血管センター内科 佐藤亮佑医師(University of Göttingen留学中)、松澤泰志講師、日比潔准教授、木村一雄客員教授および横浜市立大学大学院医学研究科 循環器・腎臓・高血圧内科学 田村功一主任教授、東京慈恵会医科大学 腎臓・...

横浜市立大学

植物ホルモン「オーキシン」の生合成において重要な2段階酵素反応における調節機構を解明 ―農作物の生産向上に向けた進歩―

 横浜市立大学木原生物学研究所の嶋田幸久教授、佐藤明子職員および農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)西日本農業研究センターの添野和雄上級研究員らの共同研究グループは、植物ホルモンの一種であるオーキシン生合成の主経路で働く2段階の酵素反応における調節機構を解明しました。  オーキシンは植...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所