テクノロジー・IT

日本語の任意の言葉の発話画像生成技術を開発 -- 聴覚障碍者のコミュニケーション環境の改善に向けて -- 神奈川工科大学

日本語の音と口形の関係を利用して任意の発話画像をコンピュータで生成する技術を開発。読唇のトレーニングに活用し、聴覚障碍者の読話能力の向上へ。  神奈川工科大学情報工学科の宮崎剛教授は、日本語の音との口形の関連性を使って、任意の日本語の語句を発話する口の画像を生成する技術を開発しまし...

学生向けに「仮想通貨ワークショップ」を実施~来たるデジタル通貨時代にむけて~近畿大学

近畿大学(大阪府東大阪市)は、平成30年(2018年)2月9日(金)、東大阪キャンパス内「ACADEMIC THEATER(アカデミックシアター)」で活動中の、「人づくり、モノづくり、コトづくりプロジェクト」の一環として、今後の動向が世界中で注視されている「仮想通貨」を学ぶワークショップを...

東京農工大学

東京農工大学が蜂蜜のような高粘度液体を射出可能な装置を開発 -- 3Dプリンタなどの次世代インクジェット技術や医療分野への応用に期待

国立大学法人東京農工大学大学院工学研究院先端機械システム部門の田川義之准教授と同大学院博士後期課程在籍の大貫甫氏、同大学院博士前期課程在籍の大井雄登氏は、蜂蜜のような非常に粘り気の強い液体を射出できる装置を新たに開発しました。この成果は3Dプリンタや金属配線などの次世代インクジェット技術を...

ネットワンパートナーズ、ファナック「FIELD system」専用の推奨構成・初期設定済Cisco UCSサーバを販売

~ファナックと共同で構成・設定を確認 / 製造工場を担当するパートナー企業の提案を支援~
 ネットワンパートナーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:川口 貴久)は、ファナック株式会社の「FIELD system(FANUC Intelligent Edge Link & Drive system)」専用の推奨構成・初期設定済Cisco UCSサーバ「...

アリババグループ

アリババグループ 平昌オリンピックに向けて3本のテレビCMを発表

カンファレンスコールにて、アリババグループCMOの董本洪(クリス・トン)がオリンピックに向けた目標を発表
アリババグループは、国際オリンピック委員会(IOC)と、2017年から2028年までの長期にわたるオリンピックの公式パートナー提携を結んでいます。2018年2月9日より開催される平昌オリンピックは、アリババグループがオリンピックのオフィシャルパートナーとして迎える最初のオリンピック...

関西大学と北海道大学が、特定の信号で自発的に「群れ」をつくる分子ロボットの共同開発に成功。

北海道大学大学院理学研究院の角五彰准教授、関西大学化学生命工学部の葛谷明紀准教授らの研究グループは、ロボットに必要な3要素である駆動系(動く)、知能・制御系(考える)、センサー(感じる)を備え、群れのように振る舞う分子ロボットの開発に世界で初めて成功しました。 本研究では、北海道大学が駆動...

楽天コミュニケーションズとSQUEEZE、宿泊事業者向け民泊運営支援サービス「あんしんステイIoT」を提供開始

- 宿泊事業運営を3分の1に省力化、民泊運営コストを大幅に削減 -
楽天グループの通信会社である楽天コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:平井康文、以下「楽天コミュニケーションズ」)は、宿泊事業者向けの運用支援サービス「mister suite(ミスタースイート)」を提供する株式会社SQUEEZE (本社:東京都港区、代表取...

株式会社サテライトオフィス

サテライトオフィス、IoTセンサー「MESH」 を利用した法人向けビジネスパックの第3弾 「トイレ空き状況確認/在室確認システム」を販売開始

「人感センサー」で確認、PC/スマートフォンなどのメール/ LINE チャット/音声などでリアルタイムに通知
クラウド環境、サテライト環境でのビジネス支援に特化したインターネットシステムソリューションベンダーである株式会社サテライトオフィス(本社:東京都江東区、代表取締役社長:原口豊http://www.sateraito.jp/ )は、 IoTセンサー/ビジネスフロー作成ツール「MESH」を利用した...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+