昭和大学のリリース一覧

昭和大学医学・医療振興財団が今年度の昭和上條医療賞の受賞者を発表

公益財団法人昭和大学医学・医療振興財団(東京都品川区・理事長 山元俊憲)はこのほど、平成28年度の昭和上條医療賞受賞者を発表した。授賞式は12月19日、昭和大学50年記念館で執り行う。  昭和大学医学・医療振興財団は、国民の健康増進と医学・医療の発展に貢献するために設立された公益財団法人。...

医術と美術が結びつく -- 学校法人昭和大学と学校法人多摩美術大学が包括連携協定を締結

学校法人昭和大学(東京都品川区)は学校法人多摩美術大学(東京都世田谷区)と包括連携協定を締結した。今後、両大学はそれぞれの特色を活かした連携により、教育・研究・診療・芸術の分野における充実と発展を目指す。  調印式は10月27日、昭和大学病院入院棟17階において執り行われ、学校法人昭和大学...

富士吉田キャンパスに新体育館が完成 -- 昭和大学

昭和大学(本部:東京都品川区)の富士吉田キャンパス(山梨県富士吉田市)に新たな体育館が完成した。体育館の名称は「富士吉田スクエアガーデン」で、バスケットボールコート1面、バレーボールコート2面のほか更衣室などを備え、式典にも対応できる建物となっている。  竣工式は10月24日、富士吉田キャ...

11月19日に文部科学省 大学間連携共同教育推進事業 第3回公開シンポジウム「ITを活用した超高齢社会の到来に対応できる歯科医師の養成」を開催 -- 昭和大学

11月19日(土)、文部科学省 大学間連携協働教育推進事業 第3回公開シンポジウム「ITを活用した超高齢社会の到来に対応できる歯科医師の養成」を北海道自治労会館4階ホールで開催する。これは、文部科学省の大学間連携共同教育推進事業の一つに採択された、「ITを活用した超高齢社会の到来に対応できる歯...

昭和大学附属病院で、わが国初のeICUの導入実証研究を実施

学校法人昭和大学(以下、昭和大学)は米国フィリップスと共同で遠隔集中治療患者管理プログラム(以下、eICU)を日本で初めて導入し、附属病院において実証研究を開始した。  eICUとは、コントロールセンターと複数病院の集中治療室(ICU)をVPN(仮想プライベートネットワーク)で接続すること...

学校法人昭和大学とフジケミカル株式会社が皮膚および毛髪の黒化促進剤に関する特許を取得

学校法人昭和大学とフジケミカル株式会社は、このたび「皮膚および毛髪の黒化促進剤、その黒化促進剤を含む黒化促進用外用剤および黒化促進用飲食品」の特許を取得した。これは昭和大学医学部生理学講座生体制御学部門の久光正教授、藤原博士兼任講師が中心となり研究したもので、白髪の根本的な治療や皮膚に対する紫...

昭和大学薬学部が薬剤師生涯研修認定制度実施機関の認証を取得

医療の高度化・多様化に伴い薬剤師の役割が大きく変化するなか、昭和大学薬学部は薬剤師が患者中心の医療により貢献することを目指して昭和大学薬学部薬剤師生涯研修認定制度を立ち上げ、公益社団法人薬剤師認定制度認証機構(CPC)から生涯研修実施機関(プロバイダー)としての認証を受け、薬剤師生涯研修プログ...

昭和大学横浜市北部病院消化器センター 世界初の人工知能を応用した内視鏡自動診断システムに関する論文がアメリカ消化器病学会の学会誌に掲載

昭和大学横浜市北部病院消化器センターの三澤将史助教が投稿した論文が、アメリカ消化器病学会(AGA)の学会誌である「Gastroenterology」2016年6月号に掲載された。人工知能技術を応用した超拡大内視鏡の自動診断システムに関する論文で、名古屋大学大学院情報科学研究科の森健策研究室とサ...

昭和大学が医学部・歯学部・薬学部特別奨学生採用式を実施

昭和大学(東京都品川区/学長:小出良平)は7月14日、医学部・歯学部・薬学部特別奨学生採用式を実施した。今年は医学部5年生13人、歯学部5年生6人、薬学部5年生8人のあわせて27人を特別奨学生として採用した。  昭和大学は大学の発展に貢献できる人材の育成を目的として、平成26年に昭和大学特...

昭和大学が東急線「旗の台駅」に副駅名標板を設置

昭和大学は2013年(平成25年)4月より、旗の台キャンパスの最寄り駅である東急池上線・大井町線「旗の台駅」に「昭和大学前」と記載した副駅名標板を設置。視認性の高い副駅名標板を設置することで利用者の利便性の向上を図るとともに、昭和大学の認知度向上と地域の人々に親しみをもってもらうことを期待して...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+