その姿勢が口臭を招くかも!? 専門家に聞く口臭予防法

監修:中城歯科医院 医院長 歯学博士 鍼灸師 中城 基雄先生


「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」は、公式サイト『ウェルラボ』(http://www.well-lab.jp/)にて、新たなコンテンツを発表しています。以下にご紹介いたします。
----------------------------------------------------------------------

姿勢が悪い人ほど、スマートフォン(以下スマホ)の長時間使用が原因の「スマホ口臭」になりやすいという驚きの事実が判明! 口臭の専門家であり歯学博士の中城基雄先生にうかがいました。


| 口臭の原因は、舌の上の菌のかたまり

口臭の原因のひとつは、舌の菌のかたまり「舌苔(ぜったい)」です。舌苔とは、舌をべーっと出したときに、舌の中ほどからやや奥のほうについている白いもの。
口の中が健康な状態で唾液が十分に出ていれば、菌は唾液によって洗い流されるので、舌苔もそれほどたまりません。しかし何らかの影響で唾液が減少すると、菌がかたまって増殖し、舌苔が増えるため、口臭が強くなってしまいます(図1参照)。

図1

別の言い方をするなら、唾液が少ない人ほど、口臭が強くなる傾向にあるといえるのです。


| 唾液が減るのは、実は姿勢の悪さが原因!?

では、なぜ唾液の量は減るのでしょうか? その原因のひとつが、意外にも「姿勢」にあります。猫背でうつむき加減の人や、ほお杖をつく癖のある人、同じ方向を向いて長時間作業する人などは要注意!
人間のあごの下あたりには「唾液腺」という腺があるのですが、姿勢が悪いと、この唾液腺が圧迫され、唾液の量が減ってしまうのです。


| スマホの長時間使用も、唾液減少を招いて口臭の原因に!

私たちにとって身近なスマホの長時間使用も、唾液の減少を招く原因に! スマホを使っているとき、人はずっと同じ姿勢で猫背のうつむき加減になりやすく、唾液腺を圧迫し続けてしまいます。
また、姿勢が悪いと背中がこり、背中を通っている自律神経に影響を与えて、交感神経が優位に。画面に集中して緊張状態が続くことも、交感神経が優位な状況を招きます。唾液は副交感神経が優位なときに多く分泌されるものなので、交感神経が優位な状況は唾液の分泌を減少させます。
もうひとつ問題なのが、咀嚼筋(そしゃくきん)のこわばりです。スマホを使っているとき、人は誰とも話さないことが多いもの。すると咀嚼筋がこわばって、ますます唾液が減少することになってしまいます。


| 今すぐはじめられる!おすすめスマホ口臭対策

唾液の減少で、舌の上の菌のかたまり「舌苔」が増えることによって発生するスマホ口臭。
予防するには、唾液分泌を促し、舌の上の菌をケアすることが重要です。

・泡ハミガキで舌の上の菌をケア
泡タイプのハミガキを使います。きめ細かな泡を舌に直にのせて、クチュクチュと口内全体にいきわたらせた後、通常の歯磨きを行うと、泡が舌のよごれに密着し、口臭の原因となる舌の上の菌が取り除かれます。歯ブラシで舌を強くこすると、舌に傷がつく恐れがありますが、泡なら安心です。

・スマホやパソコンの長時間使用を控える
スマホの連続使用は15~20分、長くても30分までにしましょう。仕事で使わなければならない場合も、30分に1回は軽く一息ついて、伸びをしたり、ティータイムをとったりするのがおすすめ。パソコン操作の場合も同様です。

・スマホやパソコンの使用時は姿勢に気をつける
猫背のうつむき加減にならないよう意識し、同じ姿勢を続けないよう気をつけましょう。良い姿勢は唾液腺の圧迫を防ぎ、自律神経の流れを整えることにもつながります。自律神経は、ホットタオルや温熱シートで首もとを温めることでも整うので、ぜひ試してみて。

・人とよく喋って咀嚼筋を動かす
人と喋ると咀嚼筋が動いて、唾液分泌が促されます。リラックスして副交感神経を優位にするためにも、お喋りは大切なことです。

---------------------------------------------------------------------
<本件に関するお問い合わせ先>
ウーマンウェルネス研究会 事務局
TEL:03-4570-3167 FAX:03-4580-9155 Email:info@well-lab.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao
ホームページ
http://www.well-lab.jp/
代表者
対馬 ルリ子
上場
未上場
所在地
〒107-6033 東京都港区赤坂1-12-32
連絡先
03-4570-3167

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所