昭和女子大学のリリース一覧

在学生と卒業生、教員がともに女性の生き方を議論 -- 創立100周年記念特別講座「昭和女子大学の未来とビジョンを語る大会議」開催

昭和女子大学(理事長・総長:坂東眞理子、東京都世田谷区)は、創立100周年記念特別講座として、「キャリア」「グローバル」「健康」をテーマに「昭和女子大学の未来とビジョンを語る大会議」を開催します。 約1,000人の在学生が授業の一環として対面かオンラインで参加し、5つのテーマの分科会で在学...

『国会議事堂の誕生 仮議事堂からの5代にわたる建築史(1886~1936)』刊行視覚的資料と立体模型から考察・分析 -- 昭和女子大学

昭和女子大学(学長:小原奈津子、東京都世田谷区)近代文化研究所では、『国会議事堂の誕生 仮議事堂からの5代にわたる建築史(1886~1936)』を出版しました。著者は、堀内正昭・昭和女子大学近代文化研究所客員研究員(元大学院生活機構研究科・環境デザイン学科教授)で、『ブックレット 近代文化...

新入生が充実した学生生活を送るために 「新入生歓迎フェスタ」2年ぶりに開催 -- 昭和女子大学

昭和女子大学(学長:小原奈津子、東京都世田谷区)では4月8日、新入生に大学公認のクラブ・サークルを紹介する「新入生歓迎フェスタ」を2年ぶりに人見記念講堂で開催します。昨年はコロナ禍で中止となりましたが、今年は対面とライブ配信で行います。昨年新歓フェスタが中止になり参加できなかった新2年生...

コロナ対策2年目の春 学生の不安に寄り添う授業形態と経済支援 -- 昭和女子大学

昭和女子大学(学長:小原奈津子、東京都世田谷区)では、2021年度から対面授業を中心に開講します。対面授業は学生によってネット中継による「ハイフレックス型」の受講も選択できます。合わせて、経済的支援として、ネット環境を整備する「通信環境整備奨励金」、コロナ禍で学び続ける学生への「経済的支援...

入学式 2年ぶりに対面で実施 -- 昭和女子大学

昭和女子大学(学長:小原奈津子、東京都世田谷区)では4月2日、人見記念講堂で2021年度入学式を対面で実施しました。2020年度はコロナ禍を受け入学式は中止、対面での入学式は2年ぶりとなります。  入学式は感染予防のため新入生のみの参加とし、1席ずつ空けて着席、例年より時間を短縮...

食の科学的知識とビジネスを学ぶ -- 食安全マネジメント学科 第1期生 73人が卒業(昭和女子大学)

昭和女子大学(学長:小原奈津子、東京都世田谷区)から、生活科学部食安全マネジメント学科(2021年4月より食健康科学部食安全マネジメント学科に名称変更)の1期生73人が卒業しました。2017年4月に新設されたこの学科では、食の安全と流通・経済・経営を軸としたマネジメントの両方に通じ、食のフ...

上海交通大学とのダブルディグリー・プログラム第4期生を輩出 -- 両大学の学位取得者8人が卒業(昭和女子大学)

昭和女子大学(学長:小原奈津子/東京都世田谷区)では、3月16日に卒業式を執り行い、中国の国家重点大学である上海交通大学(中国・上海)とのダブルディグリー・プログラムを終了し、2つの大学の学位を取得した国際学部国際学科の学生8人が卒業しました。  ダブルディグリー・プログラムは昭和...

昭和女子大学独自のキャリア支援「社会人メンター制度」 -- 2021年度春期募集

昭和女子大学(理事長・総長:坂東眞理子/東京都世田谷区)では、学生がキャリアデザイン力を身につけられるよう、4年間を通じて体系的なキャリア支援を行っています。 特色ある取り組みの1つである「社会人メンター制度」では、2021年度春期の社会人メンターを募集しています。  「社会人メン...

学生のアイデアで井の頭線沿いの街活性化/京王電鉄との産学連携 新プロジェクト「インスタフォトコンテスト」 -- 昭和女子大学

昭和女子大学(理事長・総長:坂東眞理子/東京都世田谷区)は、京王電鉄株式会社(取締役社長:紅村康/東京都多摩市)と連携し、井の頭線の駅と町を活性化する新しいプロジェクト「インスタフォトコンテスト」を実施します。 2018年に開始した京王電鉄との「産学連携プロジェクト」では、住宅街を結ぶ井の...

「女性とスポーツ」シンポジウム開催 -- 昭和女子大学

昭和女子大学(理事長・総長:坂東眞理子/東京都世田谷区)では、国際女性デーを前にした3月6日(土)、女性スポーツについて考える「女性とスポーツ」シンポジウムをオンラインで開催します。スポーツとジェンダー平等の関係を知り、社会に定着させるためにできることは何か、考えます。  オリンピ...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所