シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社のリリース一覧

脱炭素化へのガイド:ネットゼロ計画の策定と実施

脱炭素化へのガイド:パート1 ネットゼロ計画の策定 なぜネットゼロなのか? 気候変動による最悪の影響を回避するためには、世界の気温上昇を産業革命前の水準から1.5℃以内に抑える必要があることが科学的に示されています。196か国が署名したパリ協定において、世界の気温上昇を産業革命以前に比...

今債券投資を行う上で考えるべき3つのポイント

シュローダーのグローバル・アンコンストレインド債券チームヘッドのジュリアン・ホゥダンが足元の債券市場の魅力、苦悩、リスクについて語ります。 ジュリアン・ホゥダン グローバル・アンコンストレインド債券チーム・ヘッド 米英の預金金利が非常に高いなかで、債券に投資する価値は...

中東地域における対立経済と市場への影響は?

シュローダーのシニア・エマージングマーケット・エコノミスト、デイビッド・リースが、中東地域における緊張の高まりのマクロ経済と金融市場への影響を分析します。 デイビッド・リース シニア・エマージングマーケッツ・エコノミスト 中東地域における緊張の高まりが世界経済に影響を...

シュローダー、独立検証機関から インパクト投資における上位評価を取得

シュローダー(本社:英国 ロンドン)は、このたび、インパクト投資の運用原則(Operating Principles for Impact Management、OPIM、以下「インパクト原則」)との整合性において上位評価を取得しました。これは、20年以上の経験と専門知識を持つインパクト投資の...

マクロ環境の逆風においても、底堅さを発揮するインフラデット

シュローダー・キャピタルのダミアン・ガルデスが、インフラデットのインフレ耐性と金利上昇時におけるメリットに関して、プライベート・デット・インベスター誌に掲載された記事の中で述べました。 ダミアン・ガルデス インフラデット部門共同責任者 金利上昇とインフレはインフラ...

シュローダー マクロ経済見通し(2023年7-9月期)

基本シナリオ 【米国】 2023年4-6月期の米国GDPは2.1%(前期比年率)と底堅いものとなり、7-9月期はさらなる成長が見込まれます。景気後退局面入りする可能性が低下したことを受け、2023年の米国経済成長率見通しを2.3%、2024年は1.1%に引き上げました。経済成長率がより高い...

富裕層向けのプライベート・アセット:なぜプライベート・アセットか?、なぜ今のタイミングなのか?

ウェルス・マネージャーは、プライベート・アセットへの顧客資本の配分を増やしています。多くのウェルス・マネージャーがそうしている理由、特に今そうしている背景について見てみます。 ジェームス・ロウ インベストメント・トラスト・ビジネス・デベロップメント・マネージャー 富裕...