シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社のリリース一覧

グローバル商業用不動産は、ポートフォリオの中でどのような役割を果たせるのか?

パブリック・プライベート市場にわたる多様な不動産戦略をポートフォリオに組み入れることで得られるメリットを認識する投資家が増えています。 ソフィー・ヴァン・オステロム グローバル・ヘッド・オブ・リアルエステート キーラン・ファレリー ヘッドオブ・グローバル・ソ...

気候変動の影響を最も受ける人々に対する投資を優先すべき理由とは

シュローダーは2019年にインパクト投資の専門運用会社であるブルーオーチャードの株式過半数を取得しました。当レポートでは、COP27に参加したマリア・テレサ・ザッピアが、グリーン経済への「公正な移行 (Just Transition)」がなぜ人を中心に据えたものでなければならないのかを説明しま...

欧州銀行セクターの見通しに期待が持てる5つの理由

足元、欧州の銀行は注目を集めていますが、魅力的な 投資ケースを備えていると考えています ベン・アーノルド 欧州株式 インベストメント・ディレクター 今年の株式市場は、主にバリュエーションの調整により大きく下落しました。景気減速が避けられなくなった足元では、消費者の生活...

欧州プライベート・エクイティの投資家は不安を感じる必要があるのか?

シュローダー・キャピタルは、2008年以降に発生した重大な金融危機の各事例について調査しました。過去のデータをふまえると、欧州プライベート・エクイティの投資家は冷静さを保つことができると考えられます。 ダンカン・ラモント、CFA ヘッド・オブ・ストラテジックリサーチ ...

「市場環境の揺れ」にも対応し、着実に収益の獲得を目指すヘッジファンド投資「シュローダー・ツーシグマ・ダイバーシファイド・ファンド」 新規設定

シュローダー(本社:英国 ロンドン)の日本事業を展開するシュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社は、2022年12月15日に「シュローダー・ツーシグマ・ダイバーシファイド・ファンド」(以下、当ファンド)を新規設定、運用を開始いたします。SMBC日興証券株式会社が、2022年12月1...

シュローダー・グループのブルーオーチャード、本邦投資家向けにインパクト債券ファンドを設定

シュローダー(本社:英国 ロンドン)のグループ企業でインパクト投資のスペシャリストであるブルーオーチャード(BlueOrchard Finance Ltd)は、本邦投資家向けに「BlueOrchard Impact Bond Fund - Blue I」(以下当ファンド)を設定しました。設定に...

ESG四半期レポート:2022年第3四半期

シュローダーでは、企業とのエンゲージメントや実態調査など、サステナビリティへの取り組みを掲載したサステナブル・インベストメント・レポートを四半期毎に作成しています。本レポートでは、2022年第3四半期のサステナブル・インベストメント・レポートを構成する内容の一部をご紹介します。今回のテーマは、...

プライベート・アセット:投資家のための投資オプション

プライベート・アセットへの投資は、多くの投資家が恩恵を受ける可能性があり、またプライベート・アセットの民主化が進むにつれ、投資家の選択肢は広がってきています。同セクターの経験豊富なスペシャリストであるウェルスマネージャーが解説します。 ナタリー・クレキス ポートフォリオ・デ...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所