シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社のリリース一覧

シュローダー、グローバルでサステナブル・チームを強化 ~サステナブル運用力とサービスを拡充し、ネットゼロへの動きを加速~

シュローダー(本社:英国 ロンドン)は、グローバルでのサステナブル・チームの強化を発表しました。これは、サステナブル投資の運用力やサービスを拡充するというコミットメントに基づくものです。 マーゴット・フォン・エイシュは、新設されたヘッド・オブ・サステナブル・インベストメント・マネジメ...

人々が想像するほどデータ・センターが環境に負荷を与えない理由

データ・センターによるエネルギー消費量は爆発的に増え、深刻な状況におちうるのではないか、との警告にもかかわらず、過去10年間においてデータ・センターで消費されたエネルギー量はほとんど変化していません。この事実は同セクターへの投資家にとっては朗報となるでしょう。 トム・ウォーカ...

中国は最も急進的な気候変動改革を行う国なのか?

ネットゼロに向けてやるべきことが多く、時間もない中国は、気候変動政策における世界的リーダーの一人になるかもしれません。 アナスタシア・ペトラーキ ポリシー・リサーチ ヘッド ネットゼロに向けた競争において、中国ほど注目されている国はありません。中国が海外の新規石炭...

新興国市場が次のデジタル・フロンティアになる理由とは?

人口の増加とデータセンターに対する強い潜在的需要を背景に、マレーシア、インドネシア、インドといった新興国市場が、次のデジタル経済のメガハブとなる可能性があるでしょう。 ベン・フォスター エクイティアナリスト グローバル不動産 Covid-19のパンデミック危機は、イ...

2021年株主総会シーズンの総括とシュローダーの議決権行使結果

ESG基準を組み入れた役員報酬の決定や報酬プランの調整、株主決議、気候変動対策に関する投票、ダイバーシティや監査役任期についてなどのテーマで株主総会シーズンを総括します。 ユーシフ・エビード  コーポレートガバナンス・アナリスト ピッパ・オライリィ コー...

ハイイールド社債市場における重要な投資判断

ピーター・ハーヴェイ クレジット・ポートフォリオ・マネジャー ダニエル・ピアソン クレジット・ポートフォリオ・マネジャー ハイイールド(非投資適格)社債は、2020年3月の新型コロナウイルスの感染拡大を背景とした危機後、20%をはるかに上回って上...

気候変動対策のリーダーとなる企業とは?

脱炭素社会に向けた意欲的な計画を持つ企業は、業種を問わず、気候変動対策のリーダーとなることができます。これからの10年間は、これまでとは異なり、気候変動対策のリーダーであることが競争上の優位性となると考えます。 サイモン・ウェバー グローバル株式リードファンドマネジャー ...

パブリック・アセットとプライベート・アセットを一つのポートフォリオに統合する意義はあるか?

パブリック・アセット(ここでは、株式や一般的な債券など、取引所等の公開市場で発行、取引される、いわゆる伝統的資産と定義)およびプライベート・アセットを統合してマルチアセット・ポートフォリオに組み入れる場合、どのような意義があるのか検証しました。 レズリーアン・モーガン  マ...

欧州の温室効果ガス55%削減政策「フィット・フォー・55」に貢献する企業とは?

欧州が2030年の温室効果ガス削減目標を達成するために公表した政策目標パッケージは、欧州経済に大きな影響を及ぼすと予想されます。未来の低炭素社会の実現に貢献するものとしてどのような企業に注目しているか、シュローダーの欧州株式運用者がご紹介します。 文:エマ・スティーブ...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所