シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社のリリース一覧

インフレと金利上昇という2重の脅威に直面しても、不動産デットが価格弾力性を有する理由

安定したインカム収入を求める投資家は、インフレと金利上昇という2重の脅威に直面しています。本稿では、不動産デットがこの2重の脅威に対して有効な資産クラスである理由を説明します。 ナタリー・ハワード  ヘッド・オブ・不動産デット、シュローダー・キャピタル 金利上昇の...

シュローダー、アクティブ・オーナーシップの道筋を示す「エンゲージメント・ブループリント」を発表

シュローダー(本社:英国 ロンドン)は、アクティブ・オーナーシップに関する新しい基準と、株式・債券ファンドマネジャーおよびアナリストのエンゲージメント(企業と対話し企業価値向上に資する行動を促す取り組み)における目標を示す、エンゲージメント・ブループリントを発表しました。アクティブ・オーナーシ...

シュローダー・リセッション・ダッシュボードが示すものとは

シュローダーエコノミストチーム(以下、エコノミストチーム)が注視する指標のうち約40%の指標が米国経済の景気後退を示唆しています。さらに、米国における景気後退は世界経済に重大な影響を及ぼす可能性があります。 ティナ・フォング ストラテジスト サイモン・...

10のチャートが示すクレジット市場の投資機会

直近の急速な社債市場下落を受けて、社債の魅力度が高まっています。 ジュリアン・ホーダン ヘッド・オブ・欧州クレジット ラジーヴ・シャー グローバル・クレジット・ストラテジスト マーティン・クーク クレジット・ポートフォリオ・マネージャー 金融市場と世界経済...

シュローダー、サステナブルな社会形成に役立つ知見を共有する取り組み「シュローダー・サステナブル・ブリッジ」を開始 各界のプロフェッショナルとシュローダーの対談動画を特設ウェブサイト上で本日より公開

第一弾はAdecco Group Japan 川崎 健一郎氏 と人財や働き方の観点から企業のあり方を思考
シュローダー(本社:英国 ロンドン)の日本事業を展開するシュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社は、サステナブルな社会形成に資する新たな取り組み「シュローダー・サステナブル・ブリッジ」を開始しました。 シュローダー・サステナブル・ブリッジは、20年以上にわたってESG投資に取...

シュローダーのグローバル都市のランキングでロンドンが首位の座を維持

イギリスの首都、ロンドンは2年連続でグローバル・シティ・インデックスで首位を獲得し、ボストンがサンフランシスコを抜いて2位となりました。 マーク・ハーリー インベストメントライター シュローダーが発表した「グローバル・シティーズ・インデックス」において、ロンド...

世界経済はインフレによる景気後退を免れることができるか

足元でのインフレ率の上昇は、1970年代のインフレと比較されることがあります。しかし、新型コロナウイルス感染拡大で蓄えられた貯蓄に下支えられている堅調な消費者支出は、1970年代とは異なった環境を作り出しています。 ロシアのウクライナ侵攻を受け、原油価格が一時1バレル139ドルを超え...

プライベート・アセットの民主化:どのように機能するのか?

プライベート・アセットに対する需要は、伝統的な機関投資家の間だけにとどまらず、高まり続けています。本稿ではプライベート・マーケットがどのように「民主化」してきているのかを見ていきます。 ティム・ブール ヘッド・オブ・プロダクト・マネジメント これまで、プライベ...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所