シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社のリリース一覧

【シュローダー】2024年5月 グローバル債券チームによる経済見通し 

シュローダー グローバル債券チームによる経済見通し 2024年5月 ジュリアン・ホゥダン グローバル・アンコンストレインド債券チーム・ヘッド グローバル債券やグローバル・クレジットを運用するグローバル・アンコンストレインド債券チームによる、マクロ経済環境見通...

エンゲージメントの仕組み:ネットゼロへの道

排出量ネットゼロの達成に向けた競争の中で、企業は気候変動リスクと脱炭素化の目標へのエクスポージャーを慎重に検討しています。一部の企業は確固たる気候変動目標を設定し、競争をリードしている一方で、ビジョンを実行するためのリソースや規制の枠組みが不足していることから遅れを取っている企業もあります。 ...

プライベート・エクイティ・ポートフォリオにおける継続ファンド戦略の役割

継続ファンドは、プライベート・エクイティ全体の中でも特徴的な資産クラスとして位置づけられます。 デビッド・グリン シニア・インベストメント・ディレクター、 プライベート・エクイティ プライベート・エクイティの投資家は、パフォーマンスを最大化するため...

グループCEOピーター・ハリソン退任予定について

シュローダー(本社:英国 ロンドン)は、10年にわたり取締役会の一員として務めてきたピーター・ハリソンが、来年、グループ・チーフ・エグゼクティブ(CEO)を退任する意向を示したことを発表しました。今後、幅広く綿密に後任の選定を行います。取締役会は2025年中の移行を予定しており、ピーターはこの...

プライベート・マーケットの見通し 2024年第2四半期: 新たな投資環境

ニルス・ロード シュローダー・キャピタル CIO プライベート・マーケットは2024年第2四半期に入り、投資環境が再構築されています。特定の戦略に対する資金調達活動とバリュエーションが調整されたことで、有望な投資機会の舞台が整っています。 世界的な3Dリセット...

グローバル市場見通し(2024年4月)~米国債見通しを弱気に引き下げ~

【本資料に関するご留意事項】 本資料は、情報提供を目的としてシュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下「弊社」といいます。)が作成した資料であり、いかなる有価証券の売買の申込み、その他勧誘を意図するものでは...

再生可能エネルギー投資で取るべきリスクとは?

再生可能エネルギー資産を開発するか、すでに操業中の資産を購入するかでは、潜在的なリターンとリスクプロファイルは大きく異なります。金利が上昇する中で、その差はより明確になりました。 ダンカン・ヘイル プライベート・マーケット・グループ、 シュローダー・グリーンコート ...

ブルー・ボンドとオレンジ・ボンド ‐ 債券におけるインパクト投資の最前線

サステナビリティのラベルが付与された債券(例: グリーン・ボンド、サステナビリティ・ボンド、ソーシャル・ボンド)は、直近5年のパブリック・デット市場におけるインパクト投資の拡大に大きく貢献してきました1 。絶対ベースの発行金額においても、債券市場全体に対するラベル付き債券市場の比率においても、...

キャッシュのその後 - 金利が低下し始めた時、何をするべきか?

金利が低下し始めた時、多様な資産クラスがどのようなパフォーマンスとなるか、シュローダー・グループの専門家が議論を行いました。そして、大半の資産をキャッシュで保有し続けることに警鐘を鳴らしています。 インフレ圧力の緩和に伴い、市場では米連邦準備制度理事会(FRB)、欧州中央...

上場株式におけるインパクト投資:シュローダーのアプローチ

インパクト投資をスケールをもって実施していく上で上場株式は重要な役割を果たします。しかし、投資家はインパクト投資のいくつかの基本原則に則った投資が求められます。本資料では、シュローダーのアプローチをご紹介します。 ...