横浜美術大学のリリース一覧

横浜美術大学の学生によるデザインが「太平洋岸自転車道」の統一ロゴマークに採用 -- どんな人にも見やすいシンプルさの中に太平洋の美しさを表現

横浜美術大学(横浜市青葉区)2生生の小柳沙也華さんによるデザインが「太平洋岸自転車道」の統一ロゴマークとして採用された。太平洋岸自転車道とは、千葉県から和歌山県までの6県にまたがる太平洋沿岸の自転車道のこと。現在、国土交通省によって、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた環境...

平成30年度 横浜美術大学卒業制作展のお知らせ

個性あふれる作品の数々は学生たちの努力と成長の証。 平成30年度 卒業制作受賞作品展を開催します。 平成30年度 横浜美術大学卒業制作展 <受賞作品展> 【会期】 2019年3月7日(木)~3月12日(火)10:00~19:00 ※最終日は17:00まで 【会場】 横浜赤レ...

山田弘和教授 退任記念展「山田弘和・デザインのプロセス」のお知らせ

本学プロダクトデザインコース山田弘和教授が今年度をもって退任するにあたり、退任記念展「山田弘和・デザインのプロセス」を開催いたします。 退任記念展「山田弘和・デザインのプロセス」 【会 期】  2019年2月20日(水)~2月24日(日)10:00~18:00 ※最終日は15:...

「あたたかい」学生支援 -- 横浜美術大学

毎年恒例の「お雑煮会」と「100円朝食」で、あたたか~い学生支援。  横浜美術大学では、毎年授業最終日に「お雑煮会」を開催しており、 日々制作に励む学生たちと教職員が共に温かい食事をしながら歓談する好機会となっています。今年は12月21日に開催します。  https://www.y...

imagining -- 横浜美術大学助手展2018 -- のご案内

このたび、横浜美術大学の助手21人による作品展を開催します。  日々、学生たちの創造の現場に立ち会っている彼らは、自らも作り手として「表現」を続けています。  テーマである「imagining」は、手を止めずに想像し続けることを意味しています。  絵画、彫刻、工芸、デザイン等ジャン...

横浜美術大学をハバロフスク対外友好団連合会代表団が訪問 -- 学生や教員と文化交流

11月9日、ロシアのハバロフスク対外友好団連合会代表団と神奈川県日本ユーラシア協会の関係者らが、横浜美術大学(神奈川県横浜市/学長:岡本信明)に来訪。アトリエや工房の見学、ロシア太平洋大学との双方の大学紹介、学生らの作品発表などの文化交流を行った。  ロシアと日本はさまざまな形で文...

横浜美術大学をシンガポールのブキッパンジャン公立高等学校の生徒が訪問 -- 日本美術やVR描画に挑戦

11月12日、シンガポールのブキッパンジャン公立高等学校の生徒および教員30人が同校の修学旅行の一環として、横浜美術大学(神奈川県横浜市/学長:岡本信明)に来訪した。生徒らは同大のアトリエや工房を見学。ワークショップでは日本古来の本の形式の一種である「画帖」の制作にチャレンジした。 ...

学生のイラストレーションでヨコハマベイサイドスポーツカーニバル2018を応援 -- 横浜美術大学

「ヨコハマベイサイドスポーツカーニバル2018 港よこはま秋のウォーキング」において、5カ所のチェックポイントに、横浜美術大学イラストレーションコース2年生の男子5人が描いたイラストパネルが設置される。  11月17日(土)、公益財団法人横浜市体育協会スポーツ事業課主催による「ヨコ...

横浜美術大学と寺田倉庫及びイタリアの修復学校PALAZZO SPINELLI による、日本及びイタリアにおける文化遺産の保全・修復に関する三者間パートナーシップ協定締結について

この度、イタリアのフィレンツェにおいて、横浜美術大学と寺田倉庫及びイタリアの修復学校PALAZZO SPINELLIによる、日本及びイタリアにおける文化遺産の保全・修復に関する三者間パートナーシップ協定締結をいたしました。 学校法人トキワ松学園 横浜美術大学(神奈川県横浜市 学長:...

学生たちの努力と成長の証!「平成29年度 横浜美術大学卒業制作受賞者作品展」 -- 横浜美術大学

2月に開催した「平成29年度横浜美術大学卒業制作展」に続き、「卒業制作受賞者展」を学外ギャラリーにおいて開催いたします。  今年度卒業生を輩出する8コース(絵画、彫刻、クラフト、プロダクトデザイン、テキスタイルデザイン、ビジュアルコミュニケーションデザイン、映像メディアデザイン、イ...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+