Microsoft Azureを活用したデジタル・トランスフォーメーション基盤構築の社内利用に向けた検証を実施

データ活用文脈でのデジタル・トランスフォーメーション実現に向けて、最先端クラウド技術のノウハウ蓄積および活用を目指す

NTTデータ先端技術株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:木谷 強、以下:NTTデータ先端技術)はMicrosoft Azureを活用したデジタル・トランスフォーメーション基盤構築の自社利用に向けた検証を2021年1月より実施しました。
本検証では、Microsoft Azureを用い、将来的な機械学習の実施も見据えた、企業情報のデータの統合、可視化を目的とし、企業内に散在するデータ連携、可視化を検証しました。

具体的には弊社で利用するSalesforce.comのクラウドサービスからのデータ連係、長期間の可視化期間に対するハンドリングとデータ量に応じた閾値を把握し、Microsoft Azureのさまざまな機能を組み合わせる事で自動化を実現します。

NTTデータ先端技術では本検証結果に基づき、Microsoft Azure製品を中心としたデジタル・トランスフォーメーション基盤のノウハウ蓄積および活用を目指します。


背景
昨今、ITシステムの分野においても、デジタル技術を活用した業務の自動化・効率化が期待されています。しかし、ITのオープン化に伴い、複雑化・大規模化するシステムから得られる情報は多種多様にわたり、それらを収集、統合することは非常に困難になっています。

こうした中で、NTTデータ先端技術では、他クラウドサービス等のさまざまなETLサービスを活用し、データの運用業務の効率化と自動化といったデジタル・トランスフォーメーションの実現のための基盤作りに取り組んできましたが、データガバナンスの観点からはカラム単位でのデータ開示範囲等、データ活用に対する課題があり、基盤構築の都度、大きな課題となっていました。

このような背景のもと、ETL、高速なデータ統合処理、分析処理、可視化処理、機械学習処理のすべてが揃い、短期間で導入が可能かつ、ADベースのデータアクセス権限の設定が可能なMicrosoft Azureを検証対象として選定しました。

そして、より高度なデジタル・トランスフォーメーション機能のサービス化の実現を目指し、Azure Synapse Analytics基盤による、データ連係・可視化、データガバナンスにフォーカスを当てた検証を行いました。


図1:今回の検証範囲

検証の概要
Azure Synapse Analytics がもつETL機能は「Azure Data Factory」に基づいています。Azure Data Factoryでは200を超えるコネクターが手配されており、多岐にわたる対象データへの結合、高速なデータの結合による分析用テーブルの作成およびPower BIによる可視化が実現できました。


図2:Power BIによる可視化

今回の検証では、当社内ですでに利用している外部サービスのデータをデジタル・トランスフォーメーション基盤に取り込み、可視化・モニタリングすることで、機械学習にも活用可能なデジタル・トランスフォーメーション基盤の構築を目指します。

機械学習基盤としては、Microsoft Azure内で実行可能なAzure Machine Learning デザイナーを利用し、GUIによる予測モデルの構築を目指します。


今後について
NTTデータ先端技術では本検証結果に基づき、Microsoft Azure製品を中心としたデジタル・トランスフォーメーション基盤のノウハウ蓄積および活用を目指します。

参考
Microsoft Azureについて
Microsoft Azureに関する情報はマイクロソフト社のウェブサイトにて公開しています。Microsoft Azureの詳細やリリース情報以外にも、セミナーやイベント情報、アライアンスの詳細情報などを掲載しています。
● Microsoft Azureポータルサイト(外部リンク)
https://azure.microsoft.com/ja-jp/
● Microsoft Azure のイベント
https://azure.microsoft.com/ja-jp/community/events/

日本マイクロソフト株式会社からのエンドースメント
日本マイクロソフト株式会社は、NTTデータ先端技術株式会社様の「Microsoft Azureを活用したデジタル・トランスフォーメーション基盤の検証」の取り組みを心より歓迎いたします。

デジタル・トランスフォーメーションの実現が企業にとって不可欠となってくる中、データ活用基盤は、データソース増加への柔軟な対応、外部サービスとの連携、ビジネスの変化に合わせた機能拡張といった要素が必要不可欠となってきております。

そのような中、Azure Synapse Analyticsを中心とした今回の取り組みは、貴社がこれまで培ってきた基盤技術の豊富な経験と、Microsoft Azureの深い知識を活用し、貴社内のビジネスプロセスの抜本的な改革に向けた大きな一歩を踏んだものと確信しております。

この取り組みをきっかけとして、Microsoft Azureによるデジタル・トランスフォーメーションのさらなる推進に貢献いただけることを期待しております。

日本マイクロソフト株式会社
執行役員 最高技術責任者
兼 マイクロソフト ディベロップメント株式会社
代表取締役 社長
榊原 彰


※Microsoft、Azureは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標、または商標です。

本件に関するお問い合わせ先
NTTデータ先端技術株式会社
Altemistaテクノロジコンサルティング室
Tel: 03-5843-6842

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
NTTデータ先端技術株式会社
ホームページ
https://www.intellilink.co.jp/
代表者
木谷 強
資本金
10,000 万円
上場
未上場
所在地
〒104-0052 東京都中央区月島1-15-7パシフィックマークス月島7F
連絡先
03-5843-6800

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所