Formlabs、3Dプリント製アダプタでBiPAPを人工呼吸器に換えた、FDAから緊急時使用認可を受けた最初の3Dプリントメーカに

現在の公衆衛生上の緊急事態への対策として1日あたり最大3,000個の3Dプリント製アダプタを生産可能。COVID-19の重病患者のためにこれらのアダプタを病院に出荷

マサチューセッツ州サマービル(2020年5月4日) - 3Dプリント大手企業のFormlabsは本日、ニューヨーク最大の医療機関Northwell Healthが設計し、3Dプリントされた二相性陽圧呼吸(BiPAP)向けのアダプタに対し、アメリカ食品医薬品局(FDA)緊急時使用認可(EUA、https://www.fda.gov/media/136528/download)が下りたことを発表しました。Formlabsは、EUAを受けた最初の3Dプリントメーカであり、現在、人工呼吸器不足に対応するため、またCOVID-19の患者に救命治療を提供できるように米国中の病院にアダプタを出荷しています。この3Dプリント製アダプタは、通常は睡眠時無呼吸症候群の患者に使用されるBiPAPマシンを機能的な侵襲的人工呼吸器に換えます。

BiPAPマシンを換えるための重要なこのパーツは、プラスチック製の小さなT字型アダプタで、3Dプリンタで簡単に生産可能です。Formlabsは、FDA登録済の本社内でアダプタを生産し、米国中の病院および政府機関に配布する予定です。Formlabsはアダプタ生産に向け、本社にある150台の3Dプリンタを使用する予定で、生産が強化されれば1日あたり最大3,000個の生産が可能になります。

FormlabsのCEO 兼 共同創業者であるMax Lobovskyは次のように述べています。
「COVID-19のパンデミックが発生する以前の過去30年でFDAがEUAを認めたのはわずかな件数だけでした。FormlabsがBiPAPアダプタのEUAを受けたことは、このアダプタが求められていることと、それに応えることができる3Dプリントの可能性を示しています。3Dプリントは、新しく革新的な医療機器の迅速で反復的なプロトタイプ製作を可能にすると同時に、生産プロセスの短縮、サプライチェーンの縮小および必要となる場所での製造を可能にします。また、米国中の病院でFormlabsの3Dプリンタを用いて、それぞれ独自の医療活動に基づき各地でこれらのアダプタを生産でき、感染が深刻な地域ではデザインをアップロードしてプリントするだけで簡単に量産できます」

Northwell Healthは、COVID-19パンデミックの発生以来、Formlabsと更に緊密に連携しています。2018年に始まったFormlabsとのパートナーシップ(https://www.fastcompany.com/90243319/these-3d-printed-body-parts-let-surgeons-practice-on-a-model-before-they-open-you-up)により、University of South Florida Healthとの協力による3Dプリント製の検査用スワブ(綿棒)の作成、そして現在の3Dプリント製のBiPAPアダプタの作成へとつながりました。Northwellは、これらのアダプタを設計して、ニューヨーク市でのウイルス感染ピーク時にCOVID-19の入院患者に救命治療を提供しました。感染ピーク時のニューヨーク市の数多くのICU患者にこのアダプタが使用され、現在Formlabsは、大量に生産し、感染が深刻な他の都市の病院を支援しています。

COVID-19に対する業界の対応は、3Dプリントのこれからを変える大きな出来事です。Formlabsは、COVID-19に対抗するための重要な供給品および機器を提供する医療コミュニティを支援する独自の地位を確立しています。COVID-19に対応する病院およびその他多くの組織を支援することは、医療専門家や医療機関との信頼、信用および関係を長年築き上げてきたFormlabsの役割として自然に生まれたものです。検査用スワブ(綿棒)、検査キット、呼吸マスク、そして現在のBiPAPアダプタまで、Formlabsは、その医療パートナーとあらゆる段階で協力しています。

COVID-19に対するFormlabsの対応について詳しくは、formlabs.com/covid-19-response(https://formlabs.com/covid-19-response/)をご覧ください。COVID-19への対策を支援するボランティアとして時間や3Dプリンタを活用したい方は、
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe015Ylohgm7hE5lRsekdK01_OqElYeSAzqyHx7HbOmrJ_MjQ/viewform から詳細をご覧ください。


Formlabsについて
Formlabsは簡単に利用可能なデジタル製作技術の幅を広げ、誰もがものづくりができるようにします。マサチューセッツ州サマービルに本社を置き、ドイツ、日本、中国、シンガポール、ハンガリー、米国ノースカロライナ州にオフィスを持つFormlabsは、世界中のエンジニア、デザイナ、メーカおよび意思決定者が求めるプロフェッショナル向け3Dプリンタを提供しています。Formlabsの製品には、光造形(SLA)方式の最新技術であるLow Force Stereolithography(LFS)™ 3Dプリント技術を駆使したForm 3、Form 3BおよびForm 3L、Form 2 SLA 3Dプリンタ、後処理ソリューションであるForm WashおよびForm Cure、Fuse 1 SLS 3Dプリンタ、Form Cell製造ソリューションなどがあります。また、Formlabsは、業界最高クラスの3Dプリント用ソフトウェアに加え、3Dプリントの可能性を広げるさまざまな高性能素材も独自に開発しています。


報道関係各位からのお問合せ先:
Formlabs株式会社(フォームラブズ)
マーケティング部
新井原 慶一郎
karaihara@formlabs.com
080-9997-0387

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
Formlabs Japan
ホームページ
 
代表者
新井原 慶一郎
資本金
0 万円
上場
未上場
所在地
〒350-1317 埼玉県狭山市
連絡先
080-9997-0387

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所