Formlabs、30番目の自社開発レジンとなるCastable Wax 40 Resinを発表し、素材ライブラリを更に拡充

〜 非常に優れた鋳造の仕上がりを3Dプリントジュエリー市場に提供 〜

3DプリントのリーディングカンパニーであるFormlabsは本日、業界をリードする鋳造信頼性を備えた革新的なジュエリー素材であるCastable Wax 40 Resinを発表しました。
Castable Wax 40 Resinは、Formlabsの素材ライブラリに追加される30番目の自社開発レジンです。Castable Wax 40 Resinの発表は、3Dプリントの次の時代が、ハードウェアではなく素材によって発展することを示しています。

今やFormlabsは、3Dプリントハードウェアのトップ企業であるだけでなく、レジン開発のリーディングカンパニーでもあります。3Dプリント企業としていち早く素材開発を垂直統合して以来、Formlabsは十数個の新しいレジンを導入し、Formlabsの材料科学部門は、COVID-19の検査用スワブを3Dプリントするために必要なFDAに認可された生体適合性素材を2020年初頭の不足時に提供するなど、2020年を通じてイノベーションを促進する上で重要な役割を果たしてきました。生体適合性は3Dプリントの重要な発展要素であり、その発展をリードするFormlabsは、この1年で6つの新しい生態適合性素材を導入し、歯科用途での使用をほぼ2倍に拡大しました。

今回のCastable Wax 40 Resinの発表に伴いFormlabsは、信頼性が高く、手頃な価格で、生産性の高いジュエリー製品を市場に投入することに引き続き注力していきます。Castable Wax 40 Resinの鋳造信頼性は他に類がなく、その仕上がりはロストワックス鋳造で使用する従来の素材であるブルーのカービングワックスと同様です。この鋳造信頼性は、従来の鋳造条件にも対応できる、ワックスを40%含んだ素材を開発することにより実現しました。Castable Wax 40 Resinを使用することで、ジュエリー職人は従来の方法よりも優れた汎用性とデザインの自由度が得られ、同時に作業フローをデジタル化して効率を高めることができます。ロストワックス鋳造などのハイブリッドワークフローにおいて、Castable Wax 40 Resinを使用した仕上がりは非常に優れています。


Formlabs Chief Product Officer(最高製品責任者)であるDavid Lakatosは次のように述べています。
「材料化学における進歩により、3Dプリント業界には新たなレベルの有用性と汎用性がもたらされています。革新的な素材を独自構造の3Dプリンタと組み合わせることで、より一層消費者のニーズと期待に見合った最終製品を作り出すことが可能になります。急速に成長し続けるFornlabsのさまざまな素材を使用することで、3Dプリントのメリットを享受できる業界規模を継続的に拡大することができます」

Formlabsライブラリの最新の素材であるCastable Wax 40 Resinは、ユーザからのフィードバックを素材開発プロセスに組み込んで開発されましたFormlabsは、ダイヤモンド、カラーストーン、真珠の世界的権威であるGIAおよび世界最大級のジュエリーの所見、工具、装置のサプライヤであるRio Grandeと協力し、Castable Wax 40 Resinが最終用途のジュエリーとして理想的な品質になるように開発しました。

Formlabs Engineering Vertical LeadKathy Buiは次のように述べています
「レジンは柔軟性や伸縮性があり、丈夫で、強度があり、かつ生体適合性を持ち、さらには皮膚や粘膜に接触することをFDAが承認しています。Formlabsでは、アデティブマニュファクチュアリング実現可能な限界を押し広げることに常に取り組んでおり、素材はその中心となっています。新しい素材は、マラソンで使用する靴などの日常的な製品から、手術を支援する医療機器やサージカルガイドに至るまで、新しい用途を開拓します」


Formlabsについて
Formlabsはデジタル製造を利用する機会を広げ、誰もがどんなものでも作ることができるようにしています。米国マサチューセッツ州サマービルに本社を置き、ドイツ、日本、中国、シンガポール、ハンガリーおよび米国ノースカロライナ州にオフィスを構えるFormlabsは、世界中の技術者、設計者、製造者および意思決定者に選ばれているプロフェッショナル向けの3Dプリンタを提供しています。Formlabs 製品には、Low Force Stereolithography(LFS)™ 3Dプリントという最新式の光造形法(SLA)によるForm 3、Form 3B、Form 3LおよびForm 3BLプリンタ、後処理ソリューションであるForm WashおよびForm Cure、Fuse 1 SLS 3Dプリンタ、Form Cell製造ソリューションなどがあります。産業ユーザー向けのFormlabs Factory Solutionsを通じて、要求が厳しく、発展しつつある産業用途に必要とされる適応性と汎用性を未来の工場へと提供しています。また、クラス最高の3Dプリント用ソフトウェアに加えて、3Dプリントの限界を押し広げ続ける独自の高性能素材も数多く開発しています。詳細については、formlabs.comをご覧ください。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
Formlabs Japan
ホームページ
 
代表者
新井原 慶一郎
資本金
0 万円
上場
未上場
所在地
〒350-1317 埼玉県狭山市
連絡先
080-9997-0387

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所