恵泉女学園大学のリリース一覧

恵泉女学園大学が学生を対象とした「エアライン集中講座」を実施 -- 実績ある講座をコロナ禍でも絶えることなく継続

恵泉女学園大学(東京都多摩市)は8月下旬から9月上旬にかけて、今年度も「エアライン集中講座」を開講する。これは、エアライン業界をはじめ観光業界への就職を希望する学生を対象とした講座で、今年度は新型コロナウィルスの感染拡大によりオンラインで実施。経験豊かな講師陣を招き、イメージアップレッスン...

恵泉女学園大学が海外協定校の学生とオンラインで繋がり学ぶ「恵泉サマープログラム」を実施

恵泉女学園大学(東京都多摩市)は8月12日から25日にかけて、「恵泉サマープログラム」を実施した。これは海外協定校の学生が日本語や日本文化を学ぶもので、同大の学生もボランティアとしてサポート。今回は中国、韓国などの協定校の学生24人と、同大の学生68人が参加した。活発な国際交流の場になって...

恵泉女学園大学・大日向雅美学長が18年間携わってきた子育て支援活動の記録が刊行!

恵泉女学園大学・大日向雅美学長が18年間携わってきた子育て支援活動の記録、『共生社会をひらく シニア世代の子育て支援 子育てひろばあい・ぽーと2003~2021』(恵泉女学園大学・大日向雅美学長+NPO法人あい・ぽーとステーション・日本評論社刊)が刊行された。家庭だけで、親だけで、まして母...

学校法人恵泉女学園理事長に樋野興夫が就任

学校法人恵泉女学園は前理事長の任期満了にともない、2021年7月1日の理事会において樋野興夫(ひのおきお)を理事長に選出しました。 任期は2021年7月1日より2025年6月30日となります。 樋野興夫はがん哲学外来ほか、多方面の活動で教育分野をはじめ、広く社会貢献してきました。...

恵泉女学園大学が2021年度も現地派遣を伴う協定留学を実施 -- 4名の学生が韓国の協定校に留学中

恵泉女学園大学(東京都多摩市)では、偏見や先入観に縛られない、しなやかな知性を育てるため、海外へ出て異文化と出会う機会を提供している。昨年度はコロナ禍の中、4名が留学を継続し、年度末に無事に帰国。今年度も同大は各協定校と連携を図り、現地情勢や日本政府の判断を含めて学生の派遣を決定。韓国の協...

恵泉女学園大学 コロナ禍で困窮する学生へ向けて「恵泉フードバンク」で学生を支援する活動を始めました

恵泉女学園大学(東京都多摩市)では、コロナ禍において困窮する学生に寄り添い支える活動の一つとして、「恵泉フードバンク」を設立しました。  長引くコロナ禍、とりわけ度重なる緊急事態宣言下において、学生たちもアルバイトのシフトが減少したり、定期的な仕送りが困難になったりするなど、さまざ...

恵泉女学園大学 「THEインパクトランキング2021」''SDGs17項目中9項目''でランクインを遂げる大躍進 -- 全国女子大では単独1位に

4月21日に発表された「THEインパクトランキング2021」では昨年に続き、恵泉女学園大学もエントリー。総合得点ランキング6位(全国私大5位)、女子大内では単独1位にランクインしました。  イギリスの高等教育専門誌「Times Higher Education(THE:ティー・エイ...

恵泉園芸センターが園芸教育継承の一助となるべく活動をリニューアル!

60年以上に渡り、フラワースクールおよびショップの運営を続けていた恵泉園芸センターが、「花のある生活をともに」をモットーに、園芸を同窓生と在学生をつなぐ活動を目指してリニューアルした。  学園事業部として1954年より60年以上に渡ってフラワーアレンジメントのスクールとフラワーショ...

恵泉女学園大学 THE世界大学ランキング日本版2021「国際性」分野でランク更新 -- 首都圏女子大では5年連続1位

3月25日に発表された「THE世界大学ランキング日本版2021」において、恵泉女学園大学(東京都多摩市、学長:大日向雅美)が「国際性」の分野で24位にランクインしました。首都圏の女子大学では5年連続で1位となっています。  2021年3月25日にTHE(Times Higher E...

恵泉女学園大学「生涯就業力推進センター」が活動を本格始動 -- 「生涯就業力」の意義についてアウターブランディングの周知徹底を図る

恵泉女学園大学(東京都多摩市)はこのたび、「生涯就業力推進センター」の活動を本格的に始動した。このセンターは、同大が掲げる「生涯就業力」のアウターブランディングを目的として開設。政財界で活躍する7名を客員教授として迎え、近隣地域の自治体、各省庁や各種法人、協定校等とも連携をとりながら、「生...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所