アストラゼネカ株式会社のリリース一覧

アストラゼネカ 大阪府とともにアレルギー疾患をテーマとした一般向け講座 および医療関係者向け研修会を開催 ~10月13日(日)に同日開催 ゲストスピーカーに東尾 理子さん ~

アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ステファン・ヴォックスストラム、以下、アストラゼネカ)は、大阪府とともに、大阪府および近隣府県の一般市民を対象とした大阪府アレルギー疾患府民公開講座と、医師、歯科医師、薬剤師、看護師、栄養士を対象とした大阪府アレルギー疾患対策研修会を2...

アストラゼネカ【喘息患者さんの実態調査 第一弾】 コントロール不十分・不良と判断される喘息患者さんの6割は 症状がコントロールされている状態と回答 3人に1人が喘息発作による救急搬送や救急受診を経験

アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ステファン・ヴォックスストラム、以下、アストラゼネカ)は、気管支喘息患者さんを取り巻く現状や喘息治療の実態を明らかにすることを目的とした患者調査を、全国の気管支喘息患者さん※1 3000名を対象に、近畿大学病院 病院長 東田 有智先生の...

アストラゼネカ 障がい者の活躍を支援する 屋内ハーブ園「AZハウス横浜」を開設 ~インクルージョン&ダイバーシティ促進を目指して~

   アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ステファン・ヴォックスストラム、以下、アストラゼネカ)はこの度、障がい者の雇用と活躍を支援する屋内ハーブ園「AZハウス横浜」を開設しました。 「AZハウス横浜」では、天候の影響が少ない屋内型農園という安定した環境で、さ...

5月9日は呼吸の日 喘息治療サポートサイト「ぜん息外来.jp」をオープン~治療していても繰り返す喘息症状を゛いつものこと”とあきらめない~

アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ステファン・ヴォックスストラム、以下、アストラゼネカ)は、呼吸の日の5月9日に合わせ、喘息の症状や治療の正しい知識を提供するウェブサイト「ぜん息外来.jp」をオープンします。               本サイト「ぜん息外来...

アストラゼネカの呼吸器領域生物学的製剤ファセンラ 好酸球増加症候群に対する第II相試験の良好な結果を発表 ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスンに掲載

本資料はアストラゼネカ英国本社が2019年4月4 日に発信したプレスリリースを日本語に翻訳し、みなさまのご参考に提供するものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します。 アストラゼネカ(本社:英国ケンブリッジ、最高経営責任者(CEO):パスカル・ソリオ[...

アストラゼネカの呼吸器領域生物学的製剤ファセンラ 米国食品医薬品局(FDA)より好酸球増加症候群に対する希少疾病用医薬品指定を取得

本資料はアストラゼネカ英国本社が2019年2月6 日に発信したプレスリリースを日本語に翻訳し、みなさまのご参考に提供するものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します。 アストラゼネカ(本社:英国ケンブリッジ、最高経営責任者(CEO):パスカル・ソリオ[...

アストラゼネカの呼吸器領域生物学的製剤ファセンラ 米国食品医薬品局(FDA)より好酸球性多発血管炎性肉芽腫症に対する希少疾病用医薬品指定を取得

本資料はアストラゼネカ英国本社が2018年11月26 日に発信したプレスリリースを日本語に翻訳し、みなさまのご参考に提供するものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します。 アストラゼネカ(本社:英国ケンブリッジ、最高経営責任者(CEO):パスカル・ソリ...

アストラゼネカ 好酸球性の重症喘息患者さんを対象とする 長期第III相BORA試験において ファセンラが一貫した安全性および持続的な有効性を示す

ファセンラでの治療を継続した血中好酸球数300/μL以上の患者さんの74%が 治療2年目において喘息増悪を起こさず 試験結果は欧州呼吸器学会(ERS)国際会議2018で発表
アストラゼネカ(本社:英国ケンブリッジ、最高経営責任者(CEO):パスカル・ソリオ[Pascal Soriot]、以下、アストラゼネカ)は2018年9月18日、第III相延長BORA試験の結果を発表しました。本試験は、ファセンラ(一般名:ベンラリズマブ(遺伝子組換え)、以下、「ファセンラ」)を...

アストラゼネカ プロトンポンプ阻害剤「ネキシウム(R)」の 小児用法・用量の追加を目指し、新たに臨床試験を開始

~AMED「小児領域における新薬開発促進のための医薬品選定等に関する研究」の優先的に開発すべき医薬品の選定結果を受け~
アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ステファン・ヴォックスストラム、以下、アストラゼネカ)は、プロトンポンプ阻害剤(以下、PPI)「ネキシウム(R)カプセ10mgおよび20mg」「ネキシウム(R)懸濁用顆粒分包10mgおよび20mg」(一般名: エソメプラゾールマグネシウ...

アストラゼネカ リアルワールドデータ解析研究により判明した日本における重症喘息患者さんは7.8%

~約300万人の保険データから継続治療中の喘息患者さんを調査したKEIFU研究: コントロール不良な重症喘息患者さんは2.5%を占め軽症から中等症の患者さんと比較して、経口ステロイド薬処方量は20.8倍という現状が明らかに~
アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ステファン・ヴォックスストラム、以下、アストラゼネカ)は、保険データベースから「継続治療中の喘息患者さん」に関するデータを抽出し、重症喘息患者およびコントロール不良な重症喘息患者さんの割合、背景、および治療実態を調査した非介入研究(KE...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所