電気通信大学のリリース一覧

【電気通信大学】電気通信大学と国立天文台が包括協定を再締結し、異分野連携を強力に推進することを目的とした新たなマッチングファンド型共同研究事業を創設します。

国立大学法人電気通信大学(学長 田野俊一、以下「電気通信大学」)と、大学共同利用機関法人自然科学研究機構国立天文台(台長 常田佐久、以下「国立天文台」)は、双方における研究力の強化及び情報・通信を核とした先端科学・技術の発展に寄与することを目的として2020年11月に締結した連携推進に関す...

【電気通信大学】「星間塵合成実験装置」が日本天文遺産に認定!

2024年3月11日に、国立大学法人電気通信大学(東京都調布市、学長:田野俊一、以下「本学」)のUECコミュニケーションミュージアムが所蔵する星間塵合成実験装置が日本天文学会の日本天文遺産に認定されました。 ■「日本天文遺産」制度について  日本における天文学(暦学も含む)的な視...

【電気通信大学】女子中高生向けイベント匠ガールプロジェクト2023「春休みは電通大でラボ体験」

電気通信大学(学長:田野俊一、以下「本学」)は、2024年3月26日(火)に「匠ガールプロジェクト2023-春休みは電通大でラボ体験-」を開催します。 【概要】  「匠ガールプロジェクト2023-春休みは電通大でラボ体験-」は、女子中高生向けのイベントです。本イベントは4つの体験...

【電気通信大学】2025年度入試に向けた「情報」入試/CBTに関する体験会を開催

電気通信大学(東京都調布市)は、11月26日(日)開催の秋のオープンキャンパスにおいて、高校2年生および中等教育学校5年生を対象に、2025年度入試に向けた「情報」試作問題および「CBTシステム」の体験会を開催しました。  電気通信大学では、2025年度(令和7年度)入試より、情報...

【電気通信大学】「デザイン思考・データサイエンス (D×2(デンツー)) プログラム」を拡充

情報理工学域I類(情報系)及び大学院情報理工学研究科博士前期課程情報学専攻の専門教育プログラム「デザイン思考・データサイエンスプログラム」(学士・修士一貫プログラム)を2024年度(令和6年度)4月から一層強化・拡充し、入学定員をそれぞれ学域では30名増員して45名に、博士前期課程では10...

2025(令和7)年度入学者選抜における「情報」及びCBTシステム体験会・解説会の開催について【電気通信大学】

本年11月26日(日)に開催するオープンキャンパスにおいて、2025年度入学者選抜から新たに導入する教科「情報」の試作問題及びCBT(Computer Based Testing)システムを公開し、高校生等を対象に体験会及び解説会を開催いたします。また、高校教員に向けた説明会も別途実施いた...

【電気通信大学】デザイン思考・データサイエンスプログラムの新設について

電気通信大学(東京都調布市)では、ビジネスや研究の現場において、指導的立場で活躍できる実践力の高いエキスパートレベルの「共創進化スマート社会創造人材」を養成するため、令和5年4月から情報理工学域(学部)I類(情報系)および大学院情報理工学研究科博士前期課程情報学専攻に新たな教育プログラムと...

【電気通信大学】2025(令和7)年度入学者選抜における科目「情報I」の取り扱いについて

高等学校学習指導要領(平成30年告示)に対応した入学者選抜が、2025(令和7)年度から実施されるにあたり、今後の情報化社会を先導する人材を育成するために、電気通信大学(東京都調布市)では令和7年度入学者選抜(令和7年2月実施予定)から、情報理工学域一般選抜前期日程試験において科目「情報I...

電気通信大学が10月から日本音楽出版社協会・日本レコード協会合同寄附講座「AI時代のエンタテインメントビジネスと著作権」を開講 -- 各界で活躍するゲスト講師がリレー形式で講義

電気通信大学(東京都調布市)では10月から、日本音楽出版社協会および日本レコード協会による合同寄附講座「AI時代のエンタテインメントビジネスと著作権」を開講している。これは、同大情報理工学域全類(1~4年)の学生を対象に、音楽、放送、出版、ゲームなどクリエイティブ産業の具体的なビジネスの内...