公益財団法人 笹川スポーツ財団のリリース一覧

スポーツで、あらゆる人が明日を楽しみに生きられる社会を創る 笹川 陽平 氏インタビュー(日本財団 会長)

笹川スポーツ財団「スポーツ歴史の検証 スポーツの変革に挑戦してきた人びと」 笹川 陽平 氏 インタビュー「インクルーシブ社会の実現に向けたパラリンピック支援」
「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する笹川スポーツ財団(所在地:東京都港区赤坂 理事長:渡邉一利 )では、日本のスポーツの歴史を築かれてきた方々のお話をもとにスポーツの価値や意義を検証し、あるべきスポーツの未来について考えるためのスペシャルサイト「スポーツ歴史の検証」を掲載しています。 ...

熱い心と冷静な頭脳でスポーツ界を動かす元ラガーマン 森 喜朗 氏インタビュー(現 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長、元 内閣総理大臣)

笹川スポーツ財団「スポーツ歴史の検証 スポーツの変革に挑戦してきた人びと」 森 喜朗 氏インタビュー「未来へつなげたい『ゴールデン・スポーツイヤーズ』のレガシー」
「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する笹川スポーツ財団(所在地:東京都港区赤坂 理事長:渡邉一利 以下:SSF)では、日本のスポーツの歴史を築かれてきた方々のお話をもとにスポーツの価値や意義を検証し、あるべきスポーツの未来について考えるためのスペシャルサイト「スポーツ歴史の検証」を掲載して...

発売のご案内/日本スポーツ界における唯一の白書 「スポーツ白書 2020 ~2030年のスポーツのすがた~」

本日2020年3月30日 発売 巻頭企画として、スポーツ庁鈴木大地長官らによる会談も掲載
 「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する笹川スポーツ財団(所在地:東京都港区赤坂 理事長:渡邉一利 以下:SSF)は3年ごとに『スポーツ白書』を刊行し、わが国のスポーツの現状を明らかにしています。このたび、2020年3月30日に最新号を発売いたします。  本書はスポーツ界における唯一...

4~21歳のスポーツライフに関する最新調査結果/子ども・青少年のスポーツライフ・データ2019 最新号のご案内

過去1年間に運動・スポーツをまったく行わなかった12~21歳の割合が増加
 スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する笹川スポーツ財団(所在地:東京都港区赤坂 理事長:渡邉一利 以下:SSF)は、2 年ごとにわが国の幼児から青少年までを対象に、スポーツの「実施頻度」や「実施時間」、「運動強度」などを調査し、現状を明らかにしてきました。  このたび、最新の調査結果...

スポーツで世界をつなぐ、懐の深い国際人 松浪 健四郎 氏インタビュー(現 日本体育大学理事長、元 文部科学副大臣)

笹川スポーツ財団「スポーツ歴史の検証 スポーツの変革に挑戦してきた人びと」 松浪 健四郎 氏インタビュー「グローバル社会におけるスポーツ界が進むべき道」
「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する笹川スポーツ財団(所在地:東京都港区赤坂 理事長:渡邉一利 以下:SSF)では、日本のスポーツの歴史を築かれてきた方々のお話をもとにスポーツの価値や意義を検証し、あるべきスポーツの未来について考えるためのスペシャルサイト「スポーツ歴史の検証」を掲載して...

約300万人が参加する住民総参加型スポーツイベント「チャレンジデー2020」。日本全国から実施する110自治体の対戦組合せが決定!

日常的に運動・スポーツを楽しむきっかけづくりを目的とした「チャレンジデー」。 15分以上運動・スポーツを行った住民の参加率を競い合い、敗れた場合は相手自治体の旗を掲揚し健闘を称えます。
 「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する笹川スポーツ財団(所在地:東京都港区赤坂 理事長:渡邉 一利 以下:SSF)が主催する、日本最大規模の住民総参加型スポーツイベント『チャレンジデー2020』の実施自治体と対戦組合せが決定いたしました。  チャレンジデーは、日常的に運動・...

東京オリンピック・パラリンピック開催を夢見て走り続けた 石原 慎太郎 氏インタビュー(元 東京都知事)

笹川スポーツ財団「スポーツ歴史の検証 スポーツの変革に挑戦してきた人びと」 石原 慎太郎 氏インタビュー「オリンピック招致活動に込められた1964年の思い」
「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する笹川スポーツ財団(所在地:東京都港区赤坂 理事長:渡邉一利 以下:SSF)では、日本のスポーツの歴史を築かれてきた方々のお話をもとにスポーツの価値や意義を検証し、あるべきスポーツの未来について考えるためのスペシャルサイト「スポーツ歴史の検証」を掲載...

鯉川 なつえ氏、白土 真紀氏、宇田川 佳子氏、大山 加奈氏 によるトークセッション「私のための私の体。-私たちは変わる、スポーツも、きっと変われる-」2月5日(水)18時より開催

社会や家庭においてしなやかに挑み続ける女性4名による、女性が楽しくスポーツを続けられる方法や環境のありかたについてトークセッション
「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する笹川スポーツ財団(東京都港区赤坂 理事長:渡邉一利 以下、SSF)では、有識者によるシリーズ制公開講座「スポーツアカデミー」を開催しております。 第8回スポーツアカデミーは、「女性×スポーツ」をテーマに開催します。 女性...

東京マラソン財団×笹川スポーツ財団×日本スポーツボランティアネットワーク スポーツボランティア活動の推進に関する協定を締結

スポーツを「支える」楽しみを気軽かつ継続的に得ることができる文化の醸成を目指します
 東京マラソン財団(東京都江東区 理事長:伊藤静夫)、笹川スポーツ財団(東京都港区赤坂 理事長:渡邉 一利 以下、SSF)および日本スポーツボランティアネットワーク(東京都港区赤坂 理事長:渡邉 一利 以下、JSVN)では、18日、スポーツボランティア活動の推進に関する協定を締結いたしました。...

トップリーグ開幕直前!「ラグビーワールドカップ2019の観戦行動と意識に関する調査」で、トップリーグや新リーグへの期待の高さが明らかに

ラグビーワールドカップ2019日本大会を何らかのかたちで観戦した6割のなかで、約8割が今後もラグビーを観戦したいと回答
 「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する公益財団法人笹川スポーツ財団(所在地:東京都港区 理事長:渡邉一利 以下:SSF)では、全国の18~79歳までの男女4000人を対象に「ラグビーワールドカップ2019の観戦行動と意識に関する調査」を、昨年末から年頭にかけて実施いたしました。このたび、...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所