ビジネス

日本製鉄株式会社

日本製鉄 シェル向け鋼管供給開始50周年式典を開催

日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)と住友商事会社(以下、住友商事)は、11 月11 日に英国シェル向けの鋼管供給開始から50 周年を記念した式典をオランダのヘーグにて開催しました。 日本製鉄と住友商事は、1972 年にブルネイシェル向けに油井管を出荷して以来、シェル向け鋼管供給を50 年間継...

創価大学

創価大学が2023年度から副専攻制度「SDGs」を開始 --- 所属学部での学びに加え、文理横断でSDGsに貢献する力を育成

創価大学(学長:鈴木将史/東京都八王子市)では2023年度より、所属する学部学科のカリキュラムを学ぶ主専攻に加えて、文理横断でSDGsに関する専門科目を学べる副専攻制度を開始します。 副専攻制度は、「幅広い学び」を保証するため、所属する学部学科以外の分野(学部)から体系的かつ深く専門領域を...

近畿大学

国内初!患者会の要望で非小細胞肺がんの医師主導治験を実施 分子標的治療薬の適応拡大を目指す

近畿大学医学部(大阪府大阪狭山市)内科学教室(腫瘍内科部門)主任教授 中川 和彦、講師 武田 真幸(現:奈良県立医科大学(奈良県橿原市)がんゲノム・腫瘍内科教授)らを中心とする研究チームは、従来の治療薬が効かなくなった非小細胞肺がん※1 患者に対し、分子標的治療薬※2 「タグリッソ(一般名...

プラップノード株式会社

2周年企画としてお得な「年末年始キャンペーン」を実施

「PRオートメーション」、ローンチ2年で導入社350社を突破!
広報・PRのデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するプラップノード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:渡辺幸光、以下 プラップノード)は、広報・PR業務のクラウドツール「PRオートメーション」の正式版ローンチ2周年を記念して新規導入を支援するキャンペーンを実施いたします。また、「...

大同生命保険株式会社

社会課題・人権に関する協働エンゲージメント「advance」への参画

 T&D保険グループの太陽生命保険株式会社(社長 副島 直樹)、大同生命保険株式会社(社長 北原 睦朗)、T&Dアセットマネジメント株式会社(社長 田中 義久)は、社会課題・人権に関する協働エンゲージメントを行う国際イニシアティブ「advance」への参画を決定いたしました。 ■社会課題...

株式会社ビデオリサーチ

ビデオリサーチ創立60周年記念イベント「VR FORUM 2022」を開催 ~メディア環境と生活者行動の多様化から、今後の業界の展望をディスカッション~

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:望月 渡)は、2022年11月29日(火)から12月1日(木)にかけて、「『VR FORUM 2022』~生活者とメディアのダイバーシティを見つめる。~」を開催し、メディア環境と生活者行動の多様化による今後の業界の展望につい...

崇城大学

第8回崇城大学ビジネスプランコンテスト 令和4年度熊本県オープンビジネスコンペティション 開催のご案内 -- 応募総数107件から勝ち抜いた10チームの発表

このたび本学では、12月10日(土)に熊本県と共催で「第8回崇城大学ビジネスプランコンテスト 令和4年度熊本県オープンビジネスコンペティション」を開催いたします。これは、“熊本から新しい価値を生み出すこと”を目指し、斬新な視点でのアイデアを競い合うビジネスプランコンテストです。未来へ向け、...

龍谷大学

【龍谷大学】先端理工学部 内田欣吾教授・服部陽平助教の研究グループが「溶液中で高効率蛍光を示す安定ラジカル」を開発 英国王立化学会「Chemical Science」誌に掲載

【本件のポイント】 ・龍谷大学 先端理工学部 応用化学課程の内田欣吾研究室は、シンプルな構造で溶液中で光発光量子収率最大69%の高効率蛍光を示す安定ラジカルを開発した。 ・安定発光ラジカルは、これまでの蛍光物質とは異なるタイプの蛍光材料であり、次世代の高効率有機EL材料や、磁性光学あるいは...

デロイト トーマツ グループ

デロイト トーマツ、ESGデータと企業価値の相関分析モデルを開発、非財務情報を起点とした経営管理を支援

デロイト トーマツ グループの有限責任監査法人トーマツ(東京都千代田区、包括代表:大久保孝一、以下トーマツ)は、企業が非財務情報の企業価値への影響を定量的に分析し、経営管理に活用するためのアドバイザリーサービスを開始します。 非財務情報開示の標準化・義務化に向けた動きが活発化している一方...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所