8月16日(日)営業終了に伴い、7月1日(水)より、港南台高島屋「さよならセール」を開催。フォトスポットやカウントダウンボードも登場。


港南台高島屋「さよならセール」開催

会期:7月1日(水)~8月16日(日)
問い合わせ先:045-833-2211
港南台高島屋ホームページ:

https://www.takashimaya.co.jp/konandai/premium_bazaar/index.html



※1983年 港南台高島屋開店時の様子

港南台高島屋は、1983年10月に開店して以来、40年近くに亘り、地域のお客様にご愛顧いただいておりましたが、地域における経営環境の変化や今後の不透明な消費環境を踏まえ、来る8月16日(日)をもって営業を終了。
そこで港南台高島屋では、これまでの多くのご愛顧に感謝をして、7月1日(水)より「さよならセール」を開催し、お買得商品を多数取り揃えます。また、館内では、お客様からのメッセージを募集するほか、フォトスポット・営業終了日までのカウントダウンボードを設置し、残りの約40数日間を地域の皆様とともに歩んでまいります。

第一弾「さよならセール」開催 
■7月1日(水)~7月14日(火)
■港南台高島屋 各階
これまでのご愛顧に感謝をして、婦人服や紳士服、こども服のほか、雑貨やリビング用品まで各階今期物を中心としたお買得商品を多数取り揃えます。また食料品売場では、通常取り扱いのない人気商品の期間限定販売などを実施。



フォトスポットの設置 
■7月1日(水)~8月16日(日)
■港南台高島屋1階 正面玄関
“港南台高島屋での思い出を記念に収めたい”とのお客様の声を元に、1階正面玄関に港南区の花である「ひまわり」をモチーフにしたフォトスポットを設置。開店当時の懐かしい写真と共に記念撮影が可能。



カウントダウンボードの設置
■7月1日(水)~8月16日(日)
■港南台高島屋1階 正面玄関
1階正面玄関に、営業終了日までのカウントダウンボードを設置いたします。7月1日(水)に設置されるカウントダウンボードには「あと47日」の文字が表示され、営業終了日までの日数を刻みます。




巨大メッセージボードの設置
■7月1日(水)~8月16日(日)
■港南台高島屋1階 バーズ口
港南台高島屋への想いをひまわり型のメッセージカードにて募集いたします。頂いたお客様の声は、メッセージボードにひとつひとつ掲示し、多くの声が届けば届くほど、港南台高島屋を彩るひまわりが満開に近づきます。高さ約1.8m、横幅約9mの巨大メッセージボードです。



                                  
【港南台高島屋概要 基本情報】
開店日:1983年10月1日
建 物:地上5階、地下2階 (4・5階はニトリ)
売上高:7,649百万円(2020年2月期)
売場面積:8,214m2


【港南台高島屋 これまでの歩みと今後のスケジュール】
1973年4月9日:国鉄(現JR)根岸線(横浜-大船間)全線開通、港南台駅開業
1983年10月1日:港南台店開店 開店待ちのお客様5,000人以上 入店:約55,000人



1990年4月:化粧品売場・こども服売場・屋上リニューアル テニスコートがあった屋上に子供広場が誕生



1995年4月20日:リフレッシュオープン 暮らしを磨く「地域生活貢献百貨店」がコンセプト
2000年9月20日:全館リニューアルオープン デイリー&カジュアル、「いっしょに、いい時間」がテーマ
2006年4月26日:リニューアルオープン「身近で便利なデイリーユース百貨店」がコンセプト



2008年10月1日:開店25周年 記念キャッチフレーズは「これからも あなたの街のバラ一輪」
2016年9月9日:全館リニューアルオープン 4・5階に<ニトリ>オープン
2018年10月1日:開店35周年

2020年7月1日:全館「さよならセール」開催、フォトスポット、カウントダウンボード設置
2020年7月15日:全館「さよならセール 第2弾」均一セールやまとめ買いセールなどを実施を予定
2020年7月29日:全館「さよならセール 第3弾」最終売り尽くしセール、記念グッズの販売やお買い上げプレゼントの実施を予定
2020年8月16日営業終了








この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社高島屋
ホームページ
https://www.takashimaya.co.jp/
代表者
村田 善郎
資本金
5,602,512 万円
上場
東証1部,大証1部
所在地
〒542-8510 大阪府大阪市中央区難波5丁目1-5
連絡先
06-6631-1101

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所