Formlabs、ゴムやTPUを模した「Flexible 80A Resin」を発表

〜 「Flexible 80A Resin」と改名した「Elastic 50A Resin」が属する新しい素材ファミリ「Flexible and Elastic Resins」を発表 〜

3Dプリント大手企業のFormlabsは本日、ゴムやTPU(Thermoplastic Polyurethane:熱可塑性ポリウレタン)を模したエンジニアリングレジン「Flexible 80A Resin」を発表しました。また、「Flexible 80A Resin」と既存のElastic Resinから改名した「Elastic 50A Resin」が属する素材ファミリ「Flexible and Elastic Resins」を発表し、高性能で使いやすいソフト素材ライブラリを拡張しました。


<社内生産の合理化を促進する Flexible and Elastic Resins>
高性能で使いやすいソフト素材のライブリを拡張する「Flexible and Elastic Resins」は、シリコン、ウレタン、ゴムパーツのアウトソーシングおよびモールディングに代わる方法として、フレキシブルパーツの数時間以内での社内生産を可能にします。「Flexible and Elastic Resins」は一般消費財のプロトタイピング、ロボット工学に準拠した機能や特殊効果の小道具やモデルに最適です。


<Flexible 80A Resin>
「Flexible 80A Resin」は、既存のFlexible Resin V2の再調合レジンです。これは、「Flexible and Elastic Resins」の中では最も硬い柔らかな手触りの素材で、ショアデュロメータ 50Aの性能を有し、ゴムやTPUの柔軟性を再現します。柔軟性と強度のバランスに優れた「Flexible 80A Resin」は、繰り返し使っても、曲げ、撓み、圧縮に耐えます。

「Flexible 80A Resin」は以下のような用途に最適です。
  • ハンドル、グリップ、外側被覆
  • シール、ガスケット、マスク
  • 緩衝材、減衰、衝撃吸収
  • 軟骨、腱、靱帯解剖学

<Elastic 50A Resin>
「Elastic 50A Resin」は、既存のElastic Resinの新しい名称です。ショアデュロメータ 50Aの性能を有し、Formlabsのレジンの中で最も軟らかいエンジニア系レジンです。通常シリコンで製造されるパーツのプロトタイピングに最適です。「Elastic 50A Resin」は、曲げたり、伸ばしたり、圧縮させたり、素早く形状を復元するパーツに最適です。

「Elastic 50A Resin」は以下のような用途に最適です。
  • ストラップなどのウェアラブル
  • 圧縮可能ボタン
  • 伸縮式エンクロージャおよびケーシング
  • 軟組織解剖学


Formlabsについて
Formlabsは簡単に利用可能なデジタル製作技術の幅を広げ、誰もがものづくりができるようにします。マサチューセッツ州サマービルに本社を置き、ドイツ、日本、中国、シンガポール、ハンガリー、米国ノースカロライナ州にオフィスを持つFormlabsは、世界中のエンジニア、デザイナ、メーカおよび意思決定者が求めるプロフェッショナル向け3Dプリンタを提供しています。Formlabsの製品には、光造形(SLA)方式の最新技術であるLow Force Stereolithography(LFS)™ 3Dプリント技術を駆使したForm 3、Form 3BおよびForm 3L、Form 2 SLA 3Dプリンタ、後処理ソリューションであるForm WashおよびForm Cure、Fuse 1 SLS 3Dプリンタ、Form Cell製造ソリューションなどがあります。また、Formlabsは、業界最高クラスの3Dプリント用ソフトウェアに加え、3Dプリントの可能性を広げるさまざまな高性能素材も独自に開発しています。


報道関係各位からのお問合せ先:
Formlabs株式会社(フォームラブズ)
マーケティング部
新井原 慶一郎
karaihara@formlabs.com
080-9997-0387

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
Formlabs Japan
ホームページ
 
代表者
新井原 慶一郎
資本金
0 万円
上場
未上場
所在地
〒350-1317 埼玉県狭山市
連絡先
080-9997-0387

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所