ラグビーワールドカップ2019開催記念 森 喜朗 氏インタビュー(熱い情熱で世界のラグビー界を動かし、ラグビーワールドカップ日本招致を実現した最大の功労者)

笹川スポーツ財団「スポーツ歴史の検証 日本のラグビーを支える人びと」
 森 喜朗 氏インタビュー『世界の重い扉を開いて日本ラガーマンの悲願実現へ』


▲ 日英親善国会議員ラグビー試合(1998年)

「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する笹川スポーツ財団(所在地:東京都港区赤坂 理事長:渡邉一利 以下:SSF)は、ラグビーワールドカップ2019開催を記念し、日本のラグビーを支える人びとをテーマに、スペシャルインタビューを公開しています。

 今回ご登場いただいたのは、ラグビーへの深い愛で世界のラグビー界に一石を投じた森喜朗元首相です。

ものすごい剣幕で、IRB(国際ラグビーボード)に乗り込み、
「国連では、経済大国のアメリカや中国も、小国のフィジーやトンガも、すべて平等に1票ずつです。なぜ、ラグビーの世界だけが、力のある国が2票で、そうではない国が1票しかないのでしょうか。これが民主主義の先導国であるイギリスがやることですか?こんな時代錯誤的なことをしていることが世界に知られたら、恥ずかしいですよ。今すぐ改めなさい」と会長を一喝し、世界を動かすきっかけになったエピソードをはじめ、ラグビーW杯招致の道のりや大会の残すレガシー、ラグビーとともに歩まれた人生について伺いました。

http://www.ssf.or.jp/ssf/tabid/813/pdid/281/Default.aspx



▲ 日本代表のユニフォームを着て(右から2人目)


▲ 釜石がラグビーワールドカップ日本の国内開催都市に決定(2015年)
(写真提供:釜石市)


▲ 日本ラグビーフットボール協会会長時代、代表キャップ授与式(中央、2014年)


▲ ラグビーワールドカップ2015イングランド大会

インタビュアーには、産経新聞特別記者兼論説委員の佐野慎輔氏をお迎えし、意義深いお話を引き出していただきました。
【主な内容】
  • 元ラガーマンとしての意地と亡き後輩の存在
  • 一国の総帥が投じた一石が世界を動かすきっかけに
  • 「早慶戦」で魅了されラガーマンの道へ
  • 市民に根付いている「ラグビーの町」としての誇り
  • 人生で一番の幸せはラグビーで得られた出会いの数々
--------------------------------------------------------------------------------------------------

 SSFでは、スポーツの価値や意義を検証し、あるべきスポーツの未来について考える機会として、鈴木大地氏、吉田沙保里氏、室伏広治氏など日本のスポーツの歴史を築かれてきた方々へのインタビュー記事『スポーツ歴史の検証』 を連載しています。
https://www.ssf.or.jp/history/tabid/811/Default.aspx

--------------------------------------------------------------------------------------------------

笹川スポーツ財団 スペシャルサイト
『スポーツ歴史の検証』

第84回 
世界の重い扉を開いて日本ラガーマンの悲願実現へ

森 喜朗氏


(「スポーツ歴史の検証」で検索ください!)
 

http://www.ssf.or.jp/ssf/tabid/813/pdid/281/Default.aspx

<プロフィール>
森 喜朗(もり よしろう)氏
1937年、石川県生まれ。石川県立金沢二水高等学校ラグビー部で主将を務め、早稲田大学ラグビー部に入部。産経新聞社勤務、議員秘書を経て、1969年衆議院議員に初当選。文部大臣、通産大臣、自民党幹事長、政調会長等の要職を歴任し、2000年に第85代内閣総理大臣に就任。2005年、日本ラグビーフットボール協会会長に就任。現在は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長、日本ラグビーフットボール協会名誉会長、日本財団パラリンピックサポートセンター最高顧問などを務める。

インタビュアー佐野 慎輔(さの しんすけ)
1954年生まれ。産業経済新聞社特別記者兼論説委員、SSF理事。スポーツ記者を30年以上経験し、日本オリンピックアカデミー理事、野球殿堂競技者表彰委員を務める。


<スポーツ歴史の検証>概要
【企画制作】公益財団法人 笹川スポーツ財団
【後 援】スポーツ庁、東京都、公益財団法人日本スポーツ協会、
 公益財団法人日本オリンピック委員会ほか
【特別協力】株式会社アシックス 
※本事業は『平成30年度スポーツ振興くじ助成』を受けて行われます。

【笹川スポーツ財団】
公益財団法人 笹川スポーツ財団は、「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進するスポーツ分野専門のシンクタンクです。国、自治体のスポーツ政策に対する提言策定や、スポーツに関する研究調査、データの収集・分析・発信を行い、「誰でも・どこでも・いつまでも」スポーツに親しむことができる社会づくりを目指しています。

■公益財団法人 笹川スポーツ財団について

名称  : 公益財団法人 笹川スポーツ財団
代表者 : 理事長 渡邉 一利
所在地 : 〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル3階
設立  : 1991年3月
目的  : スポーツ・フォー・エブリワンの推進
事業内容: ・生涯スポーツ振興のための研究調査
      ・生涯スポーツ振興のための研究支援
      ・生涯スポーツ振興機関との連携事業
      ・生涯スポーツ振興のための広報活動
URL   : http://www.ssf.or.jp/

本件に関するお問合わせ先
笹川スポーツ財団 経営企画グループ:古坂(ふるさか)
TEL:03-6229-5300 info@ssf.or.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
公益財団法人 笹川スポーツ財団
ホームページ
http://www.ssf.or.jp/
代表者
渡邉 一利
上場
未上場
所在地
〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2日本財団ビル3階
連絡先
03-6229-5300

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所