大手前大学のリリース一覧

「加藤一彦先生を語る会」を9月28日(土)に開催/大手前大学名誉教授、アニメ「ルパン三世」原作者のモンキー・パンチ(加藤一彦)先生を追悼/9月26日(木)・27日(金)には授業風景動画など大学所蔵作品を展示

大手前学園(本部:大阪市中央区、理事長:福井要、以下本学)は、アニメ「ルパン三世」の原作者であり、本学名誉教授の加藤一彦(以下、モンキー・パンチ)先生を追悼し、2019年9月26日(木)・27日(金)に授業風景動画をはじめとした本学所蔵作品の展示会、28日(土)に「加藤一彦先生を語る会―教...

大手前短期大学 歯科衛生学科(3年制)2020年4月に新設

大手前学園(本部:大阪市中央区、理事長:福井要)は、大手前短期大学 歯科衛生学科(3年制、以下「本学科」)の設置認可申請書類を文部科学省に提出しており、8月30日、文部科学省大学設置・学校法人審議会において、判定を「可」とする答申がなされました。  近年、急速に高齢化が進み、団塊の...

ハンセン病資料 英訳で世界へ/学生たちが長島愛生園や邑久光明園を訪問

大手前大学はハンセン病資料の英訳活動を今年も行います。これまでに、国立ハンセン病療養所「長島愛生園」(岡山県瀬戸内市)の施設内で同園が所有する資料等の英訳や園外でのフィールドワークにも取り組んできましたが、今年は初めて同じ地区にある「邑久光明園」も訪れ、同地区の地域性を角度を変えて学びます...

大手前大学大阪大手前キャンパス新校舎完成、竣工式を挙行/2019年4月、日本初の国際看護学部が開設

学校法人大手前学園は2019年4月、大手前大学で5番目の学部となる国際看護学部を開設いたします。新学部開設にあわせて、大阪市中央区の大阪大手前キャンパスでは新校舎(新C棟)の建設を2017年10月より始めており、このほど新たな校舎が完成致しました。3月12日には、学園関係者と工事関係者が一...

アニメーション制作を学ぶ中学生に和田淳准教授が魅力を紹介 -- 大手前大学

大手前大学メディア・芸術学部の和田淳准教授(映像アニメーション専攻)が3月8日、奈良県生駒市立緑ヶ丘中学校でアニメーションの授業を受けている1年生約150名に講演致します。講演会では、アニメ制作の魅力や和田准教授の作品紹介、同校の生徒が制作した作品の寸評などを行います。  和田准教...

リベラルアーツ教育の大手前大学が専門教育の学校と教育連携協定締結!

オンラインでも学べる<大手前大学>と<専門学校YICグループ>が12月17日(月)に調印式を行いました。 オンラインで受講できる大学の通信教育課程をもつ<学校法人大手前学園 大手前大学・大手前短期大学>は、山口と京都で10の専門学校を運営している<専門学校YICグループ(山口市)...

大手前大学、日本初の「国際看護学部」開設記念講演会を開催

大手前大学は、日本初の国際看護学部を2019年4月に開設します。開設に合わせて、12月8日と来年1月12日にそれぞれ記念講演会を開催いたします。国内外の看護や医療、大学教育の現場に精通した4名の講師が登壇し、それぞれの立場から「新しい未来」を提案します。  大手前大学国際看護学部...

大手前大学が2019年4月に日本初の「国際看護学部」を新設 -- 多様性を有する人々に対応できる看護師を養成

大手前大学は、文部科学省大学設置・学校法人審議会において、認可を「可」とする答申を受けた。日本国内の大学で初めてとなる国際看護学部は、日本人以外に、定住外国人や訪日外国人、または在外日本人等、地球を多様な人々が暮らす地域ととらえて、多様性を理解・受容し、対応できるグローバル人材としての看護...

活動盛んな「カレー研究会」/大手前大学健康栄養学部、食品メーカーとレトルトカレーを開発

2016年に開設した大手前大学健康栄養学部では、開設年度より学生たちが「大手前カレー研究会」を立ち上げ、活動を続けています。学生が持つ健康と栄養の知識と、日本人の国民食であるカレーの可能性をかけ合わせた「おいしくて体にいい日本一のカレー」をめざし、日々、研究を続けており、食品メーカーと共同...

大手前大学が日本初となる「国際看護学部」(仮称)の設置認可を申請 -- 2019年4月開設予定

大手前大学(兵庫県西宮市)は2019年4月、国際看護学部(仮称)の開設を予定している。従来より取り入れて実績を重ねている「実践英語」教育を活かし、定住外国人、訪日外国人ら多様な人々に対応できる看護師の養成をめざす。2018年3月20日には文部科学省に設置認可申請書類を提出しており、認可が下...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所