横浜市立大学のリリース一覧

タンパク質を増やすSINEUPのメカニズムを解明 -核酸医薬品への応用にさらなる期待-

 理化学研究所(理研)生命医科学研究センタートランスクリプトーム研究チームの土岐直子研究パートタイマー(横浜市立大学大学院生命医科学研究科博士後期課程)、高橋葉月特別任期制研究員(同客員研究員)、ピエロ・カルニンチチームリーダー(同客員教授)らの国際共同研究グループ※は、タンパク質合成を促進す...

ヒストンテイルの動的構造変化を解明

 横浜市立大学大学院生命医科学研究科の津中康央特任助教と西村善文特任教授(広島大学大学院統合生命科学研究科長兼任)らは、NMRという特殊な分光器を用いて、ヒストンシャペロンFACTによって誘導される、クロマチンの基本構造であるヌクレオソーム中のヒストンテイルの動的な構造変化を初めて解明しました...

横浜市立大学 JST新技術説明会(ライフイノベーション新技術説明会)にて技術発表

2020年10月27日(火)に、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)と公立4大学(横浜市立大学、名古屋市立大学、静岡県立大学、岐阜薬科大学)が主催する新技術説明会をオンラインにて開催します。 JST新技術説明会は、大学、高等専門学校、国立研究開発法人等の公的研究機関から生まれた研究...

iPS細胞由来ミニ肝臓の再生医療用製造法を開発 ~再生医療応用における機能性・安定性の向上に貢献~

 横浜市立大学大学院医学研究科臓器再生医学谷口英樹特別契約教授(東京大学医科学研究所附属幹細胞治療研究センター再生医学分野教授)、関根圭輔客員准教授(東京大学医科学研究所附属幹細胞治療研究センター再生医学分野客員研究員、国立がん研究センター独立ユニット長)らの研究グループは、味の素株式会社、東...

中枢神経原発悪性リンパ腫PCNSLの原因と進行のメカニズムおよび治療標的分子の解明

 横浜市立大学学術院医学群 脳神経外科学 立石健祐助教、三宅勇平助教、山本哲哉教授、国立がん研究センター 細胞情報学分野 河津正人ユニット長、間野博行分野長、脳腫瘍連携研究分野 市村幸一分野長らの研究グループは、独自に樹立したヒト由来脳腫瘍マウスモデル(PDXモデル)を通じて、中枢神経原発悪性...

産公学でイノベーションを生み出すまちづくりプロジェクト 「横浜をつなげる30人」がスタート! ~第1回セッションを開催します~

 横浜市立大学国際商学部の芦澤美智子准教授※1と吉永崇史准教授※2は、産公学連携で新たなイノベーションを生み出すことを目指し、「横浜をつなげる30人」を立ち上げました。  「横浜をつなげる30人」は、横浜に関係する様々なセクター(大企業・地元中小企業・ベンチャー企業・NPO・大学・市民・行政...

アイディア・チャレンジ2020の募集を再開します !

 横浜市立大学データサイエンス学部は、参加型コンテスト「WiDS※1 Tokyo @ Yokohama City University アイディア・チャレンジ※2 2020」 (以下「アイディア・チャレンジ2020」という)の募集を再開します。  「アイディア・チャレンジ2020」は、201...

生殖過程の核融合の鍵となる、進化的に保存された核膜タンパク質を同定

 新潟大学理学部の西川周一教授、大学院生の矢部あやか、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所(WPI-ITbM)・東京大学大学院理学系研究科の東山哲也教授、横浜市立大学木原生物学研究所の丸山大輔助教らの研究グループは、モデル植物のシロイヌナズナを用いた研究で、陸上植物の生殖過程に必須の...

横浜市立大学 BioJapan2020「横浜・川崎パビリオン」出展のお知らせ

横浜市立大学は、2020年10月14日(水)から16日(金)までパシフィコ横浜で開催されるBioJapan2020「横浜・川崎パビリオン」へ出展いたします。 BioJapanは、国内外よりバイオ関連企業、研究機関・大学が一堂に会し、共同研究や事業提携先の探索を行うアジア最大級のパートナリン...

身近な医療の質と高齢者の予防接種率の関連が明らかに

 横浜市立大学大学院データサイエンス研究科ヘルスデータサイエンス専攻の金子 惇講師(研究当時浜松医科大学特任助教)らの研究グループは、患者が最初に受診する総合的な診療「プライマリ・ケア*1」を受診した65歳以上の高齢者1,000名を対象とした調査研究から、「必要なときに幅広い内容の相談ができる...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所