公益財団法人 笹川スポーツ財団のリリース一覧

「パワフルカナ」の愛称で親しまれ、数々の迫力あるプレーでファンを魅了した大山加奈氏 (バレーボール元日本代表)によるスポーツアカデミー 1月15日(水)19:00より開催

「スポーツで人生を豊かに――バレーボールから学んだ子どもとの向き合い方」
 「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する笹川スポーツ財団(東京都港区赤坂 理事長:渡邉一利 以下、SSF)では、有識者による公開講座「スポーツアカデミー」を開催しております。 2019年度の第7回スポーツアカデミーは、バレーボール元日本代表の大山加奈氏を講師に招き、特に女子のスポーツ...

大切なのは、スポーツの振興――競技の枠を超える、本質を見抜く目 川淵 三郎 氏インタビュー(日本トップリーグ連携機構会長、大学スポーツ協会顧問)

笹川スポーツ財団「スポーツ歴史の検証 スポーツの変革に挑戦してきた人びと」 川淵 三郎 氏 氏インタビュー「原動力の根底にあるスポーツへの愛情」
▲ Bリーグオープニング記者会見で挨拶する JBA川淵会長(2012年) ©日本トップリーグ連携機構 「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する笹川スポーツ財団(所在地:東京都港区赤坂 理事長:渡邉一利 以下:SSF)では、日本のスポーツの歴史を築かれてきた方々のお話...

東京パラリンピック開催前 企画【障害者のスポーツ環境について、記者説明会】 12月19日 (木) 11:00より開催

障害者のスポーツ実施率は? スポーツ施設数は? 競技団体の現状は?
   笹川スポーツ財団(東京都港区赤坂 理事長:渡邉 一利 以下、SSF)では、今般、障害者のスポーツ環境についての記者説明会を12月19日(木)11時より笹川スポーツ財団会議室にて行います。  2020年東京パラリンピックを目前に控え、障害者スポーツへの関心が高まりつつある一方、...

あなたが選ぶ!2019年スポーツ重大ニュース&活躍したアスリート

羽生結弦の活躍が続く一方、ラグビーワールドカップ2019で初のベスト8入りを果たした日本代表のうち6人が20位以内にランクイン!3位には渋野日向子
「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する公益財団法人笹川スポーツ財団(所在地:東京都港区 理事長:渡邉一利 以下:SSF)は、「あなたが選ぶ!2019年スポーツ重大ニュース&活躍したアスリート」を発表しました。 2019年11月28日から12月6日にかけて当財団ウェブサイトでアンケート...

日本スポーツ協会×笹川スポーツ財団×日本スポーツボランティアネットワーク 「スポーツボランティア活動の推進に関する協定」を締結

スポーツボランティア活動に参加する人と場の拡充を図りスポーツボランティア文化の醸成を目指します
 日本スポーツ協会(東京都新宿区 会長:伊藤 雅俊 以下、JSPO)、笹川スポーツ財団(東京都港区赤坂 理事長:渡邉 一利 以下、SSF)および日本スポーツボランティアネットワーク(東京都港区赤坂 理事長:渡邉 一利 以下、JSVN)では、本日、「スポーツボランティア活動の推進に関する協定」を...

スポーツボランティア活動の推進に関する協定書 調印式のご案内 12月9日(月)10:00より開催

日本スポーツ協会・笹川スポーツ財団・日本スポーツボランティアネットワーク スポーツボランティア文化の醸成に向けて
日本スポーツ協会(東京都新宿区 会長:伊藤 雅俊 以下、JSPO)、笹川スポーツ財団(東京都港区赤坂 理事長:渡邉 一利 以下、SSF)および日本スポーツボランティアネットワーク(東京都港区赤坂 理事長:渡邉 一利 以下、JSVN)では、今般、「スポーツボランティア活動の推進に関する協定書」調...

スポーツは、もっと自由だ――ボウリング界の立役者が語るスポーツと日本の未来 赤木 恭平 氏インタビュー(日本オリンピック委員会名誉委員、日本ワールドゲームズ協会会長)

笹川スポーツ財団「スポーツ歴史の検証 スポーツの変革に挑戦してきた人びと」 赤木 恭平 氏インタビュー『スポーツ=学校教育』からの脱却に寄与したボウリング界
▲ 世界テンピンボウリング協会(現:世界ボウリング連盟)の会長として会議で挨拶(2010年) 「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する笹川スポーツ財団(所在地:東京都港区赤坂 理事長:渡邉一利 以下:SSF)は、日本のスポーツの歴史を築かれてきた方々にお話を伺い、スポーツの価値や意...

ラグビーワールドカップ2019や2020年東京オリンピックのために奔走 遠藤 利明氏インタビュー(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 会長代行)

笹川スポーツ財団「スポーツ歴史の検証 スポーツの変革に挑戦してきた人びと」 遠藤 利明氏インタビュー「スポーツ振興くじ」の導入や、「スポーツ基本法」の制定などにも尽力
▲ オリンピック担当大臣として関連イベントで挨拶する遠藤利明氏 「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する笹川スポーツ財団(所在地:東京都港区赤坂 理事長:渡邉一利 以下:SSF)は、日本のスポーツの歴史を築かれてきた方々にお話を伺い、スポーツの価値や意義を検証、あるべきスポーツの未...

内田良氏ら4名によるトークセッション「持続可能な運動部活動を考える」11/7(木)開催

■登壇者 内田 良 氏(名古屋大学大学院 准教授) 柳見沢 宏 氏(長野スポーツコミュニティクラブ東北 理事長) 中塚 義実 氏(特定非営利活動法人サロン2002理事長、筑波大学附属高校教諭) 古杉 航太郎 氏(静岡聖光学院高校3年、部活動サミット実行委員会リーダー)
 「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する笹川スポーツ財団(東京都港区赤坂 理事長:渡邉一利 以下、SSF)では、有識者による公開講座「スポーツアカデミー」を開催しております。  第4回スポーツアカデミーは、「持続可能な部活動」をテーマに開催します。前半では、『学校ハラスメント...

散歩・ウォーキング、高齢者層の日常生活に普及・定着 60~70歳以上の実施率(週1回以上)は、1996年から約3倍に。新たなコミュニティ創出など副次的効果も。

「スポーツライフに関する調査2018」 高齢者を含む成人の散歩・ウォーキングの実施状況について、1996年から2018年までの過去22年間の推移と年代別の分析
 「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する公益財団法人笹川スポーツ財団(所在地:東京都港区 理事長:渡邉一利 以下:SSF)は、全国の18歳以上の『スポーツライフに関する調査』を、昨年7月~8月に実施いたしました。(全体の調査結果は2019年3月に発表済み)  今回、敬老の日に合わせ、高齢...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所