聖学院大学のリリース一覧

聖学院大学は【SDGs及びダイバーシティを主題とする秋の公開講演会】シリーズとして、国連世界食糧計画(WFP)および国際移住機関(IOM)より講師を迎え、飢餓そして移住の課題を考える講演会を開催。

聖学院大学(埼玉県上尾市、学長:清水正之)は、SDGs及びダイバーシティを主題とする秋の講演会シリーズとして、国連世界食糧計画(WFP)より大室直子氏、国際移住機関(IOM)より佐藤美央氏をお招きし、講演会を実施します。日本社会が、そして地球全体が直面する諸課題を見据えながら、私たちは日々...

聖学院大学はSDGsおよびダイバーシティを主題とする秋の公開講演会シリーズ第一弾として「生き続けるということ~宝来館女将が語る釜石のあの日・今・未来~」を学園祭で実施。

聖学院大学(埼玉県上尾市、学長:清水正之)は、SDGsおよびダイバーシティを主題とする秋の講演会シリーズの第一弾として、連携に関する協定を締結(*)している岩手県釜石市との共催で公開講演会を実施します。公開講演会は聖学院大学の学園祭(ヴェリタス祭)開催日である11月2日に行い、政治経済学部...

聖学院大学生による小学生への防災教室「東日本大震災からの教訓を次の世代へ」 -- 当時小学5年生だった大学生による母校5年生への防災授業実施 --

東日本大震災がおきて8年と半年。関東では震災の風化が進んでいるように感じられます。特に小学生にとっては、過去の出来事であり、震災そのものの記憶もありません。しかし、関東では数十年のうちに首都直下や南海トラフによる大きな地震が起きることが予想されています。そのことに危機 感を持った東日本大震...

聖学院復興支援ボランティアスタディツアー「よいさっ!プロジェクト6」 震災8年目。継続的な関わりを見据え 聖学院大学学生、聖学院中高、自由の森学園高校の生徒がプログラムを企画しました

東日本大震災から8年、聖学院大学(埼玉県上尾市/学長:清水正之)は岩手県釜石市と協定を結び、継続的に復興支援活動を行っています。震災8年目も「被災地と共に考え、共に歩む」ことを目指し、現地の方々と一緒に感じ、考え、関わりながら、現地のニーズに即した活動を展開しています。今回は、本学学生、系...

聖学院大学は「多様性(ダイバーシティ)に開かれた社会をめざして -- 日本社会の<これから>を考える」というテーマの下、「『弁護士』という仕事」を主題とする全3回の公開講演会を実施します

聖学院大学(埼玉県上尾市、学長:清水正之)は、7月3日、7月10日、10月23日の全3回シリーズで、第一線で活躍中の女性の弁護士による公開講演会を実施します。公開講演会はアセンブリアワーという聖学院大学の特色ある教育プログラムの中で行われるもので、政治経済学部を中心に多くの学生が事前学習を...

聖学院大学が6月22日に高校生ビブリオバトル・ワークショップを開催 -- 当日飛び入り参加、見学も可能

聖学院大学(埼玉県上尾市/学長:清水正之)は6月22日(土)に高校生を対象とした「ビブリオバトル・ワークショップ」を開催。高大接続の観点から、大学生がファシリテーターとして参加し、高校生と一緒にアクティブラーニング(参加型学習)によるワークショップ形式で行います。今年で4年目となるこの取り...

聖学院大学・学生による復興支援ボランティアツアー「桜プロジェクト8」を実施します

聖学院大学(埼玉県上尾市/学長:清水正之)は、岩手県釜石市で、2011年より継続的に復興支援活動を行っています。今年8年目となる復興支援ボランティアスタディツアー「桜プロジェクト」を、4月19日~21日に実施します。 これまでお届けした盆栽桜の植え替え等のお手入れを目的に、大学近隣の盆栽町...

聖学院大学がWEBサイト『聖学院大学研究者図鑑』を更新 研究成果を社会に還元~ソーシャル・イノベーションの推進を目指して~

聖学院大学(埼玉県上尾市、学長:清水正之)はこのたび、2018年9月に公開したWEBサイト『聖学院大学研究者図鑑』( https://www.seigakuin-researchers.jp/ )に、ピアサポートに関する研究を行う相川章子教授や、憲法や人権の研究を専門とする石川裕一郎教授な...

SDGsワークショップで課題をジブンゴトでとらえる学び 『ボランティア/市民活動と持続可能な世界(SDGs)』(第二版)発行~聖学院大学ボランティア活動支援センターがブックレットを制作~

聖学院大学(埼玉県上尾市、学長:清水正之)ボランティア活動支援センターは2019年3月、『自分とみんなの幸せをつくる ボランティア/市民活動と持続可能な世界(SDGs)』(A4判、24ページ)を発行しました。これは2月に発行したブックレットの第二版で、内容は初版と同じですがサイズがB5判か...

聖学院大学・人文学部特別上映会「チャペルで映画を観よう -- 『ワンダー 君は太陽』から学ぶこと」を開催。上映終了後、アフタートーク&ワールドカフェを行います。

聖学院大学(埼玉県上尾市、学長=清水正之)人文学部が3月26日(火)、映画の上映会を開催します。生まれつきの障がいにより、人とは違う顔をもつ10歳の少年オギー。初めて学校へ行ったその日から始まった、彼と家族のワンダーな心の旅を描いた作品「ワンダー 君は太陽」を、聖学院大学のチャペルで上映...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所