東京と姫路市の高校生・大学生がともに地方創生 -- 姫路市と昭和女子大学が連携協定を締結



学校法人昭和女子大学(理事長・総長:坂東眞理子/東京都世田谷区)と兵庫県姫路市(清元秀泰市長)は、実践的なプロジェクト型学修と地方創生を目的とした連携協定を締結しました。この協定により、学生の学修成果を地方活性化のための課題発見・解決に役立てることを目指します。




 昭和女子大学では、社会の課題解決をめざす「プロジェクト型学修」に力を入れています。学生は一般教養や専門科目で身につけた知識を活かしながら、社会や企業、自治体が抱える課題を発見し、解決のための企画を提案、自治体や企業と協働しています。
 グローバルビジネス学部会計ファイナンス学科高木俊雄准教授のゼミでは、2018年度から兵庫県姫路市の大学生や高校生とともに、姫路市の魅力を発掘する「姫路プロジェクト」に取り組んでいます。若い世代にいかに姫路の魅力を伝えるか、現地調査と東京の大学生に対するアンケート調査を行い、その結果を姫路市役所で発表しています。本協定を踏まえ、今後は活動をさらに発展させ、姫路市や周辺地域の活性化を目指して研究を進めていく予定です。


▼本件に関する問い合わせ先
昭和女子大学 広報部
TEL:03-3411-6597
メール:kouhou@swu.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
昭和女子大学
ホームページ
http://www.swu.ac.jp/
代表者
小原 奈津子
上場
未上場
所在地
〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所