医療ビッグデータ利活用促進で世界の創薬研究に貢献 IQVIA、TriNetXと連携強化し、グローバル展開へ

医療ビッグデータ利活用促進で世界の創薬研究に貢献
IQVIA、TriNetXと連携強化し、グローバル展開へ

 国内最大規模の診療データベースを保有するメディカル・データ・ビジョン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:岩崎博之、以下「MDV」)は、国際的な創薬研究に貢献する医療ビッグデータの利活用を促進するために、全世界で医療データサービスを提供する米国のIQVIA(ノースカロライナ州およびコネチカット州)の日本法人のIQVIAソリューションズジャパン株式会社とTriNetX, LLC (マサチューセッツ州、読み方:トライネットエックス)と業務提携契約を締結したことをお知らせします。

 MDVの保有する診療データベースの国内の実患者数は3,669万人(2021年7月末日集計)に上ります。創薬につながる研究のための世界からの国内診療データへの旺盛なニーズに対応するため、 IQVIAとTriNetXとの連携を強化します。両社の国際的なネットワークを活用し、日本国以外でのMDVの診療データの利活用を加速させていきます。


 IQVIAは、世界100以上の国と地域で製薬会社を中心に、臨床開発やマーケティングなどのコマーシャル領域でのパフォーマンス向上に向けたサービスを提供しています。

 IQVIAがMDVのデータを用いたサービスを海外展開することにより、研究開発、コマーシャル領域におけるフィージビリティ(事業化調査)など、海外の製薬企業や研究機関がMDVのデータを利活用しやすくなります。

 TriNetXは、世界29か国にまたがる医療機関等と提携し、患者数にすると4億人を超えるグローバルヘルス研究ネットワークを構築しています。また、世界有数の治験プラットフォームを保有しています。TriNetXは株主である三井物産株式会社(東京都千代田区)と共に、国際共同治験などでのMDVのデータの利活用を促進します。
MDVの診療データベースについて情報発信している『EBM情報局』の二次元バーコード(https://www.mdv.co.jp/ebm/
本件に関するお問合わせ先
メディカル・データ・ビジョン株式会社 
広報室 : 君塚・赤羽、汲田
TEL:080-9023-1506(君塚携帯)
MAIL:pr@mdv.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
メディカル・データ・ビジョン株式会社
ホームページ
https://www.mdv.co.jp/
代表者
岩崎 博之
資本金
99,266 万円
上場
東証1部
所在地
〒101-0053 東京都千代田区神田美土代町7番地住友不動産神田ビル10階
連絡先
03-5283-6911

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所