MLBオールスターゲーム2021を分析 史上初の二刀流で選出されたエンゼルス・大谷翔平さん登場シーンは テレビ中継で注目を集めていた?

  人体認識技術を用いて、テレビの視聴態勢「アテンションデータ」の取得・提供を行うTVISION INSIGHTS株式会社(所在地 :東京都千代田区、代表取締役社長 郡谷 康士、以下TVISION)は、2021年7月14日にテレビ朝日で中継された「MLBオールスターゲーム2021」はどのように見られていたか分析しました。
  どんな属性の方が「MLBオールスターゲーム2021」を視聴していたか?先日、日本人として初登場したホームランダービーでも話題を独占したエンゼルス・大谷翔平さんの登場シーンは注目されていたのか?をTVISION独自の指標であるアテンション含有率(*1)を使って考察しました。
*1アテンション含有率:
世帯視聴率1%あたり「どのぐらいちゃんと見ている人がいるのか」がわかります


■スポーツ番組関心層、中でも女性(50歳以上)が特に注目!
  野球中継なので、個人全体のアテンション含有率に加え、TVISIONが保有する属性、スポーツ番組関心層での見られ方を比較調査しました。結果、スポーツ番組関心層のほうが、6%も番組をじっくり見ていたことがわかります。  

  また、前週の同時間帯と比較すると個人全体では、見られ方が若干減少していましたが、スポーツ番組関心層では増加しており、このオールスターゲームがスポーツ番組関心層から注目されていたことが伺える結果になりました。

  スポーツ番組関心層の中でも、性年代をわけてみたところ特に女性(50歳以上)の指示を集めていることが分かりました。平日の午前中ということもありますが、女性の関心を集めていたといえそうです。
F1:女性(20~34歳)
F2:女性(35~49歳)
F3:女性(50歳以上)
M1:男性(20~34歳)
M2:男性(35~49歳)
M3:男性(50歳以上)


■1番じっくり番組を見ていた女性(50歳以上)のスポーツ番組関心層はどのシーンに注目していたのか?
  では、1番アテンション含有率が高かった女性(50歳以上)のスポーツ番組関心層は番組のどのシーンで注視が高かったのでしょうか?毎分のデータで解析してみました。
 
  前半の、大谷翔平さんが打席に立ったシーンや今回は惜しくも直前でメンバーから外れてしまった菊池雄星さんとの過去のハイライトシーンに注目が集まっていました。一番注視が高かったシーンは試合後半の名プレー場面でしたが、大谷翔平さんへの関心が高いことが分かりました。

〈今回分析に使用したアテンション含有率について〉


本件に関するお問合わせ先
<本件に関する問い合わせ先>
 TVISION INSIGHTS株式会社 広報担当 佐野、峯島
 東京都千代田区大手町1丁目6番1号大手町ビル6階
 E-mail info@tvisioninsights.com
 Tel(担当直通) 050-5468-2758/050-5472-8861

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
TVISION INSIGHTS株式会社
ホームページ
https://tvisioninsights.co.jp/
代表者
郡谷 康士
上場
未上場
所在地
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル6階
連絡先
03-6268-8056

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所