「JMP(R) 16」、「JMP(R) Pro 16」の提供開始を発表

~モデルのスクリーニング、再現可能なワークフロー、予測プロファイル機能の拡張や追加など、より効果的な分析環境を提供~

アナリティクスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役社長:堀田 徹哉、以下 SAS)のJMPジャパン事業部は、探索的データ分析ソフトウェア「JMP(ジャンプ)」の最新バージョン「JMP® 16」と、JMPに高度な分析機能を追加した「JMP® Pro 16」を、全世界同時にリリースしたと発表しました。

JMP 16とJMP Pro 16は、3月8日から12日まで開催された「Discovery Summit Europeonline」で紹介され、本日利用可能となりました。

有機太陽電池フィルム開発会社Heliatekのプロセス統合エンジニアであるTorsten Weber氏は、従来のアラーム回路基板からインスピレーションを得て、JMPスクリプトにて管理限界を超えたプロセスをオペレーターに迅速に警告するHeliatekの工場のカスタムダッシュボードを構築しました。 「JMPは非常に魅力的で使いやすいソフトウェアであり、実験計画法(DOE)や私にとって必要な統計分析の手法などで面白い機能を備えています。JMPがあること、そしてJMPのスクリプトが使用できることは素晴らしいことです。」と述べています。

放火犯や環境汚染源の責任を追及するコンサルタント会社「Chemistry Matters」の法化学者、Court Sandau氏は、結果を伝える際の効率性と透明性が重要だと考えています。 「視覚的にコミュニケーションをとることにより、結論に至った経緯を明確にする必要があります。そのため、クライアントにもJMPを見せています。私のデータを読み込んで分析を行い、どのように解釈に至ったかを示します。それが視覚化の力です。データとコミュニケーションして、そこから新しい知見を得ます。また、クライアントがデータの出所を確認できるようにしています」と、Sandau氏は述べています。

このように、建造物が完全にエネルギーニュートラルになるのに役立つ超軽量で超柔軟なソーラーフィルムの開発や、環境犯罪裁判で陪審員に科学的証拠を示すためなど、JMP®はさまざまな場面で、科学者やデータアナリストに、人生を変えるような影響をもたらす手助けをします。JMPにさらに高度な分析機能を加えたJMP Pro 16には、予測モデルの構築や比較のための方法が追加されました。

SAS Institute Inc. 共同設立者 兼 上級副社長でJMPビジネスユニットのトップであるJohn Sallは、3月8日~12日に開催された「Discovery Summit Europe」の基調講演「Thanks for the Memory」の中で次のように述べています。「最新版により、ユーザーは、対話的に分析するだけでなく、実行した内容を正確にスクリプトとして記録することができるようになりました。」

JMP® 16の主な新機能
・アクションレコーディングと拡張ログモードにより、インタラクティブセッション中に実行された操作をキャプチャし、再生可能なワークフローを作成
・ドラッグ&ドロップでグラフを作成するグラフビルダーの様々な拡張(カテゴリカル変数の水準値の順序変更、ラベル機能の強化、要約統計量としての累積和のサポートなど)
・検出力、標本サイズ、信頼区間のインタラクティブな探索をサポートする標本サイズエクスプローラ

JMP® Pro 16の主な新機能
・取り組んでいる問題を解決するために最適なモデルを探すモデルのスクリーニング
・構造方程式モデルの強化(要約した統計量に対するあてはめ、モデルのショートカットの拡張、インタラクティブなモデルの比較など)
・予測プロファイルでの外挿を制御するオプションの追加

※JMPの機能を30日間無料でお試しいただけるJMPトライアル版は、弊社のWebサイトよりダウンロードいただけます。
https://www.jmp.com/ja_jp/download-jmp-free-trial.html
また、JMP 16、JMP Pro 16の新機能の詳細はこちらからご確認いただけます。
https://www.jmp.com/ja_jp/software/new-release/new-in-jmp.html

JMP® 16およびJMP® Pro 16の動作環境
■Windows
 OS: いずれも64 bit版のみ
 Windows 10(Windows 10 Sエディションを除く)
 Windows 8.1(RTエディションを除く)
 Windows Server 2019
 Windows Server 2016
 Windows Server 2012 R2

注:年間ライセンスのJMP、JMP ProをWindows Serverで使用する場合は、Windows Severを使用OSとする年間ライセンスのご契約が必要になります。

 CPU: x64 プロセッサ
 RAM: 4GB以上推奨
 ドライブ領域 : 最低2GBの空き領域(追加するソフトウェアによりさらに250MB必要)

■Macintosh
 macOS Big Sur (11.1、11.2 -IntelアーキテクチャまたはAppleシリコンアーキテクチャ)
 macOS Catalina (10.15)
 macOS Mojave (10.14)
 RAM: 4GB以上推奨

 ドライブ領域 : 最低1.5GBの空き領域

※詳細は、JMPシステム必要条件をご確認ください。
https://www.jmp.com/ja_jp/support/system-requirements.html

<JMPについて>
JMPは、1989年に米国で販売が開始されて以来、主に企業の製品企画開発部門や品質管理部門、データ分析担当者や医師、大学および公共の教育、研究機関などにおいて統計学のリファレンス的ソフトウェアとして利用されてきました。日本では1990年に販売が開始されて以来、主に製造業の品質管理やデータ分析を行う部門や、医師、大学および公共の教育、研究機関のユーザーに支持され、毎年2桁の伸びでユーザー数を増やしてきました。2001年以降、JMPの日本語版を市場に投入し、より多くの日本のユーザーに提供できるよう努めています。

SASについて
SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。
その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
SAS Institute Japan株式会社
ホームページ
http://www.sas.com/jp
代表者
堀田 徹哉
資本金
10,000 万円
上場
未上場
所在地
〒106-6111 東京都港区六本木六本木ヒルズ森タワー 11F
連絡先
03-6434-3000

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所