Brule Inc代表 ダグラス・クローン氏 All3DP社 のエディトリアルアドバイザリーボードメンバーに就任

ダグラス・クローン氏は、10名からなる3DプリンティングビジネスのオンラインマガジンAll3DP Proのエディトリアルアドバイザリーボードメンバーのひとりに選出された。

東京、2020年9月29日 –Brule Inc、代表取締役社長 ダグラス・クローン氏は、3DプリンティングビジネスのオンラインマガジンAll3DP Proのエディトリアルアドバイザリーボードメンバーに選ばれた10人の業界専門家の一人である。

業界を率いる10人の主要なアディティブマニュファクチャリングの思想家からなる、錚々たるメンバーは、専門知識と深い知識を提供し、本誌の業界の成長に貢献する。

Brule Incの代表であるダグラス・クローン氏は、次のように述べる。「工場の治具、製品のプロトタイピング、小規模生産など、産業界での3Dプリンターの利用は、日本のみならず、世界中で勢いを増しています。All3DP.proは、現在利用可能な製品やサービスに焦点を当てたリーディングサイトであり、弊社は、お客様が3Dプリントを利用してビジネスを変革するために支援します。 このアドバイザリーボードの一員になれたことを光栄に思っており、Bruleのお客様に最も価値のある製品やサービスを提供していきます。」

2020年初頭に開始されるAll3DP Proは、毎月200万人以上の訪問数を持つ世界で最も人気のある3Dプリント情報のオンラインソースであるAll3DPの専門家と産業界を提供する。All3DP Proでは、アディティブ・マニュファクチャリング(AM)におけるイノベーション、インフルエンサー、テクノロジーに独自のフォーカスをしていく。

「これらのAM業界の巨人は、3Dプリントのビジネスアプリケーションを理解して利益を得たいと考えている幅広い視聴者に影響を与える最も重要な課題についてアドバイスをしてくれます。」とAll3DPのCEO兼共同設立者であるMathias Plica氏は述べている。「彼らは、現場の目であり耳であり、当社のコンテンツが最先端で、有益で、正確であることを保証してくれます。」

これら10名の業界のベテランの専門知識は、アディティブ・マニュファクチャリングの分野でプリンターや材料からソフトウェアやビジネス戦略まで、あらゆるベースをカバーする。All3DP Pro3Dプリントのビジネスサイドを深く掘り下げていく中で、エディトリアルボードメンバーはAll3DPの編集基準のスチュワードとしての役割を果たし、最も差し迫った問題やイノベーションについて指導やアドバイスを行う。

エディトリアルアドバイザリーボードメンバーは、10月1日から1年間の任期を務める。

All3DP Proのエディトリアルアドバイザリーボードメンバー詳細については、
以下リンクを参照。
https://all3dp.com/editorial-advisory-board/.

Brule Incについて:
Brule Incは、3Dプリント・ソリューションのリーディングカンパニーである。日本で最初にMakerbot、Ultimaker、Formlabs、Nexa3Dを販売開始した企業であり、Desktop Metalなどの製品も提供している。Brule Incは、企業、政府機関、教育機関が3Dプリンターを多く導入し、生産性を向上させるために利用することを支援する。

All3DP社について:
All3DP.comは、毎月200万人以上のユーザーが利用する世界有数の3Dプリントマガジンである。初心者と専門家の両方を対象としたAll3DP.comは、有用で、教育的で、面白い魅力的なコンテンツを提供している。Craftcloudは、同社のワンストップ3Dプリントサービスで、企業や個人ユーザーがプロジェクトに適した3Dプリントサービスを見つけるのを支援している。All3DPはドイツを拠点とする企業であり、ドイツの主要な投資家であるHighTech-Gründerfonds、バイエルン・カピタル、ドイツ・バラトンAG、民間のビジネス・エンジェルから投資を得ている。
ダグラス・クローン

本件に関するお問合わせ先
Brule Incセールスチーム
Emailアドレス: sales@brule.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
BRULE Japan
ホームページ
https://www.brule.co.jp/
代表者
モートン クレイトン
上場
未上場
所在地
〒110-0011 東京都台東区三ノ輪1-28-10丸嶋ビル8F

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所