Brule Inc、米国Desktop Metal社製 中量生産向けバインダージェット方式 金属3Dプリンター「Shop System」販売開始

〜業界初、5つの統合システムで直ぐに金属造形が可能〜

Brule Inc(本社:東京都台東区、代表者:モートン・クレイトン(Morton Clayton))は本日、米国Desktop Metal社の最新金属3Dプリンター「Shop System」(以下Shopシステム)の国内における取り扱いを開始いたします。

近年、3Dプリンティング業界では金属3Dプリンターが注目され、各種製造業において、開発段階での試作品のみならず、製品そのものを高い生産性で製造するツールとしての市場ニーズが急激に拡大しております。

Shopシステムプリンターは、ローラーで金属粉末材料を平に均一に敷き詰めた後、インクジェットヘッドよりバインダー(金属粉を固着させる糊)を印刷するように塗布する工程を繰り返して、高速にモデルを作成するバインダージェット方式を採用しております。従来のDesktop Metal社のBMD方式金属3Dプリンター「Studio System」を大幅に上回る1日あたり最大約70kgの造形を実現します。また、インクジェットの解像度は1600 x 1600dpiと高精細であるため、精度の高い造形品の生産を実現します。治工具をはじめ、保守部品、少量から中量生産品への対応も可能で、自動車やコンシューマ製品、電子機器、航空宇宙などの幅広い業界でご活用いただけます。

Shopシステムは3Dプリンターから焼結炉まで5つの統合されたシステムで、専用ソフトウェアで制御されます。従来のバインダージェット方式金属3Dプリンターのように造形後の後処理装置の選定や、様々な試験により得るノウハウを蓄積する必要がなく、誰でも簡単に金属造形を実施することが可能となります。また、3Dプリンターは造形エリアの高さにより4種類から選択可能で、後からアップグレードも可能です。

画像:「Shopシステム本体」

Shopシステム本体の製品スペック
  • システムサイズ:199.4(W) x 76.2(D) x 162.6(H)cm
  • 造形サイズ:350(W) x 220(D) x 50〜200(H)mm
  • 積層ピッチ:0.05-0.1mm
  • 造形材料:17-4PHステンレス鋼
  • 電源:110V/220V, 50/60Hz, 11/6A, 1.1kW

<Desktop Metalについて>
会社名称:Desktop Metal, Inc.
CEO:Ric Fulop
本社所在地:米国マサチューセッツ州バーリントン
設立:2015年
URL: https://www.desktopmetal.com/


本件に関するお問合わせ先
<Brule Incについて>
2006年に設立したBruléは、3Dプリンター、3Dプリンティングソリューションを、各種製造業、教育期間、公的機関を含む幅広いセクターに提供しています。世界有数のトップ3Dプリンティングブランドを抱えるBruléは、お客様ニーズに合わせ最適且つ専門的な3Dプリンティングソリューション提供します。詳細については、www.brule.co.jpをご覧ください。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
BRULE Japan
ホームページ
https://www.brule.co.jp/
代表者
モートン クレイトン
上場
未上場
所在地
〒110-0011 東京都台東区三ノ輪1-28-10丸嶋ビル8F

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所