武庫川女子大学のリリース一覧

島根県三瓶山の天然水を使用 武庫川女子大学ブランドのペットボトル水、発売

武庫川女子大学は島根県大田市の三瓶山(さんべさん)で採取される天然水を使用したオリジナルのペットボトルウォーター(500ml)を発売しました。パッケージに大学のロゴやビジョンをあしらい、学内で販売するほか、大学ブランドのPRに活用する予定です。  もとになる商品は、山陰クボタ...

女子高校野球史上初めての「夏の甲子園」が実現。武庫川女子大学は女性活躍を推進する女子総合大学としてこの歴史的な一歩を応援しています。

第25回全国高校女子硬式野球選手権大会の決勝が8月23日、初めて阪神甲子園球場で開催され、神戸弘陵(兵庫)が高知中央(高知)を4対0で破り、優勝しました。武庫川女子大学は女性活躍を推進する女子総合大学として新聞広告の掲出やテレビ番組の協賛で、女性史に残るこの試合を応援しています。 ...

武庫川女子大学の研究力と日本三大ねぎの岩津ねぎから生まれたスティックタイプの栄養機能食品「ねぎのチカラ」発売

機能性食品の研究開発で知られる武庫川女子大学食物栄養科学部食創造科学科の松浦研究室(松浦寿喜教授)が株式会社「味来」とコラボし、兵庫県朝来市の特産品で日本三大ねぎの一つ、岩津ねぎの成分を分析。ビタミンCを補給する機能を明らかにし、岩津ねぎの栄養を手軽に取れるパウダー化を実現しました。スティ...

コロナ禍でもつながりを。団地の広場で400個の手作りランプに明かりをともす''非接触型''のイベントを学生が企画。24日にYouTubeでライブ配信します。

芦屋市の団地で住民の交流促進に取り組んでいる武庫川女子大学生活環境学部生活環境学科の4年生8人が7月24日(土)、無人の広場に手作りのランプ約400個を点灯し、YouTubeでライブ配信します。制作から鑑賞まで「人が集う」ことを避けて行う、コロナ禍ならではの “非接触型”のイベントです。 ...

コロナ禍で、日本語教員を目指す学生が海外の日本語学習者とオンラインで交流

武庫川女子大学文学部日本語日本文学科で、日本語教員をめざす学生たちが海外の日本語学習者とオンラインで交流しています。コロナ禍で外国人留学生が減少、海外協定校での実習も中止となる中、日本語学習者と接する機会を創出するのが目的です。これまでに、日本語を学ぶ各国外交官や公務員、協定校である韓国・...

武庫川女子大学甲子園会館は、七夕に託す願い事をWebで募る「星に願いを@甲子園会館2021」を開催しています

武庫川女子大学甲子園会館(旧甲子園ホテル)では、七夕の笹飾りの短冊に託す願い事をWebで募る「星に願いを@甲子園会館2021」を開催しています。昨年に続き、2回目の開催となります。甲子園会館の七夕の笹飾りは「夏のチャリティ特別見学会」で実施してきた恒例行事ですが、コロナ禍のため見学会の開催...

特許申請中の新技術から生まれたスイーツ 豆蜂(トーファン)発売へ

豆腐に特化した研究で知られる武庫川女子大学食物栄養科学部食創造科学科の有井研究室(有井康博教授)が、豆乳をはちみつで固める研究に成功。特許申請中のこの技術で神戸市の食品会社「ハートスフードクリエーツ(株)」とコラボし、淡路島産はちみつを使った新しいスイーツ「豆蜂(トーファン)」を開発しまし...

「SNSと『関西』方言 -- 大学生の方言使用実態とその意識 -- 」 武庫川女子大学言語文化研究所が「LCりぽーと47」を発刊しました。

武庫川女子大学言語文化研究所(所長:影山尚之文学部教授)は、「SNSと『関西』方言-大学生の方言使用実態とその意識-」と題した「LCりぽーと47」(2021年3月)を発刊しましたので、お知らせします。  武庫川女子大学言語文化研究所は大学生が日常的に利用しているSNSが、新型コロナ...

オンライン体育祭開催のお知らせ コロナ禍に負けず、実施します。

武庫川女子大学では、新型コロナウイルスの緊急事態宣言が発令される中、体育祭を5月15(土)、16日(日)にオンラインで開催します。オンラインでの開催は初めてです。 武庫川女子大学の体育祭は、学生が組織する「体育祭実行委員会」が主催し、1965年から続く伝統行事です。1年生は全員参加...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所