Ultimaker社の日本総代理店であるBrule Inc社-新製品Ultimaker 2+ Connectを発売

頑丈なシングルノズルにシームレスなデジタルワークフローが加わる

日本、東京 – 2020年11月16日–プロフェッショナルな3Dプリンティングの世界的リーダーであるUltimakerの国内総代理店であるBrule社は、Ultimaker 2+ Connectを発売します。

シンプルな3Dプリンティング用途の構築のためにUltimakerのエコシステムを最大限に活用したいお客様にとって最も手軽に利用できるソリューションです。

新しいUltimaker 2+ Connectは先行モデルを引き継ぎつつ改善が加えられ、ユーザーがWi-Fiまたはイーサネット経由でプリントジョブを送信できます。Ultimaker Digital Factoryを使用したクラウド3Dプリンティングにより、世界のどこからでも高セキュリティのリモートファイル転送が可能であり、複数のプリンターの設置が簡単です。Ultimaker 2+ Connectはまた、2.4インチのカラータッチスクリーンを通じた直感的な操作、人間工学に基づいたフィーダーレバー、およびより頑丈なビルドプラットフォームにより、使いやすさと信頼性が強化しています。

UltimakerのCEOであるJos Burger氏は次のように述べています。「真の進歩は、信頼性の高い技術が場所を問わず誰でも利用できるようになったときに起こります。当社の最も普及しているシングルノズル3Dプリンターを手頃な価格のまま本格的にアップグレードすることで、教育者の方々や中小企業は昼夜問わず作動するエントリーレベルの強力な3Dプリンターを継続的に入手することができます」
迅速なセットアップと簡単な操作のおかげで、Ultimaker 2+ Connectは一般的に使える3Dプリンティングラボでの使用に最適な3Dプリンターとなっており、より多くの高等教育を受ける学生に積層技術を利用してもらうことができます。また、安価な材料を幅広く選んでプロトタイプをプリントすることで、中小企業は時間およびコストの80%を超える削減を達成することができます(外部委託との比較)。

各Ultimaker 2+ Connectには、Ultimaker 3D Printing Academyの一環として無料のeラーニングが付属します。Ultimakerのエキスパートが作成したこのコースは、セットアップやメンテナンス、Ultimaker Curaの使用などについて説明します。シンプルで改良されたデザインは、定期メンテナンスを年間わずか4時間に抑え、長い稼働時間を確保します。メンテナンスタスクに特別なツールは必要ありません。

Ultimaker 2+ Connectに搭載されている0.4 mmノズルは、精緻な造形物なら0.25 mm、比較的高速な造形物なら0.6 mm、簡単な試作品や3Dスケッチなら0.8 mmというように、ユーザーが付け替えることができます。

Ultimaker 2+ Connect Air Managerも発売します。これはトップカバーとフロントエンクロージャーを組み合わせたもので、超微粒子を最大95%除去することが実証されており、高温になる部品や可動部品からユーザーを守ります。これによりさらに自信を持つことができ、またセットアップの柔軟性が高まります。
価格と提供開始日
Ultimaker 2+ Connectの価格は319,800円にて、Ultimakerのグローバルな正規販売代理店を通じてすぐにご注文いただけます。オプションのUltimaker2 + Connect AirManagerの価格は65,000円です。詳細については、Brule社のウェブサイトをご参考ください。

本件に関するお問合わせ先
本件に関するお問合わせ先
Ultimaker販売店
BRULE Incセールスチーム
https://www.brule.co.jp/3d-printers/ultimaker-2-plus-connect.shtml
03-6803-0563

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
BRULE Japan
ホームページ
https://www.brule.co.jp/
代表者
モートン クレイトン
上場
未上場
所在地
〒110-0011 東京都台東区三ノ輪1-28-10丸嶋ビル8F

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所