OPPO、OPPO Find X2 ProがEISA ADVANCED SMARTPHONE 2020-2021を受賞



【2020年8月18日、ドイツ、デュッセルドルフ】革新的なデザインとテクノロジーで業界をリードするスマートフォンブランドOPPOは、世界の主要な消費者向け電化製品専門誌60誌が加盟するEuropean Image and Sound Association(EISA)の「EISA AWARDS 2020-2021」において、OPPO Find X2 Proが「EISA ADVANCED SMARTPHONE 2020-2021」に選出されたことを発表しました。

「OPPOのテクノロジーを満載したOPPO Find X2 Proは、斬新なデザイン、特に手触りの良いヴィーガンレザー仕上げが特徴で、他の追随を許さないユーザー体験を日々提供しています。OPPO Find X2 ProはOPPOの最高のスマートフォンであり、特別な品評会においてもとりわけ優れた1台です。」-- EISAコメント

OPPO西ヨーロッパの社長であるマギー・シュー(Maggie Xue)は、以下のように述べています。「OPPO Find X2 Proが評価され、初めてEISAにて受賞できたことを光栄に思います。OPPOは、消費者の皆様に総合的な5G体験をお届けするため、ディスプレイや写真、急速充電、デザインに至るまで、商品のあらゆる面で常に革新を続けています。OPPO Find X2シリーズのクリアで滑らかなディスプレイは既存のスマートフォンの水準を大きく上回り、5G時代のモバイルの応答性だけでなく、ディスプレイ体験を新たなレベルに引き上げました。」

OPPO Find X2 ProはQHD+の画面解像度と最大10億色の有機ELを搭載しており、120Hzのリフレッシュレートをサポートする市場でも最高品質に値するディスプレイです。
また、ウルトラビジョンカメラシステムによって、多彩で高度な写真撮影を可能にしています。フラッグシップSoCのQualcomm® Snapdragon™ 865モバイルプラットフォームとQualcomm® Snapdragon™ X55 5G Modem-RFシステムに65W SuperVOOC 2.0フラッシュチャージ(OPPOが設計・開発:約38分でフル充電が可能)を組み合わせることで、新たなユーザー体験を提供します。

EISAは写真、ホームシアター・ビデオ、ホームシアター・オーディオ、Hi-Fi、車載、モバイル・エレクトロニクスに分類される6つの専門家グループから成り立ち、さらにヨーロッパをはじめとする30か国に及ぶ61の専門誌とウェブサイトと提携しています。
各国の新製品情報とマルチメディア技術の専門家による世界最大級の共同研究組織として、消費者向け電化製品市場においてグローバルかつ独自の視点で技術の水準を審査しています。
EISA Awardは製品のパフォーマンスや技術水準の査定結果において、消費者へ向けて購入を推奨するに値した製品に与えられる賞です。

OPPOについて
OPPOは、世界をリードするスマートデバイスブランドです。2008年に最初のフィーチャーフォン「A103 Smiley Face」を発表以来、OPPOは美的満足度と革新的技術の相乗効果の実現に熱心に取り組んできました。現在OPPOは、OPPO CloudやOPPO+などのインターネットサービスに加え、FindシリーズやRシリーズを中心とした多様なスマートフォンやColorOSも提供しています。 OPPOは、40以上の国と地域で事業を展開し、世界で6箇所の研究機関と4箇所のR&Dセンター、ロンドンに国際デザインセンターを構えています。OPPOの40,000人以上の社員は、世界中のお客様のより良い生活を実現することに日々取り組んでいます。

オッポジャパン公式WEBサイト: http://www.oppo.com/jp/index.html
Twitter: https://twitter.com/OPPOJapan
Facebook: https://www.facebook.com/oppojapan/
Instagram: https://www.instagram.com/oppojapan/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
OPPO Japan株式会社
ホームページ
http://www.oppo.com/jp/
代表者
鄧 宇辰
資本金
130,000 万円
上場
未上場
所在地
〒140-0002 東京都品川区東品川2-5-8天王洲パークサイドビル
連絡先
03-4589-3030

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所