オッポジャパン 新製品&CM発表会を開催

日本参入2年で果たした大手通信事業者での5Gスマートフォンの採用と、顧客満足最大化のための3つのアクションを披露

  • ハイエンドとミッドレンジの5G対応スマートフォン「OPPO Find X2 Pro」と「OPPO Reno3 5G」をいち早く投入。日本市場参入から2年で、KDDI株式会社様、ソフトバンク株式会社様での採用が決定
  • 日本市場のニーズを満たす防水防塵・おサイフケータイ対応スマートフォン「OPPO Reno3 A」を投入。SIMフリー市場における更なる信頼獲得へ
  • スマートウォッチ「OPPO Watch」、ワイヤレスイヤホン「Enco W51」、「Enco W11」の3機種を発表。消費者のニーズを満たすIoT商品を日本でも投入へ
  • 「お客様満足度100%の実現」を目指した、3つのアクションを披露
【2020年7月21日、東京】革新的なデザインとテクノロジーで業界をリードするスマートフォンブランド、OPPOの日本法人、オッポジャパン株式会社(本社:東京都品川区、オッポジャパン 代表取締役:鄧 宇辰(トウ·ウシン/Deng Yuchen))は、本日「新製品&CM発表会」を開催しました。本発表会では、新商品と新CMの紹介と共に、2018年に日本市場に参入してから信頼獲得に向けて取り組んできた成果と、今後の目標として掲げている「お客様満足度100%の実現」に向けた3つのアクションについて披露しました。

日本市場での取り組みの成果
オッポジャパン株式会社 取締役 河野謙三は本発表会内で、2018年に日本市場参入以降、2年半で日本での信頼獲得のために取り組んできた成果として「5Gスマートフォンの大手通信事業者(キャリア)での販売」と「SIMフリー市場での支持の獲得」を挙げました。

5Gスマートフォンの販売について、「私たちOPPOは5Gの可能性に一早く注目し、2015年頃から5Gスマートフォンの開発を始め2019年にはヨーロッパで初の商用モデルを発売するなど、意欲的な取り組みをしてまいりました。培った技術は、日本の市場環境に合わせて、全く違う5Gスマートフォンを同時にリリースできることを可能にし、この7月、KDDI様とソフトバンク様に、私たちの5Gスマートフォンを導入いただけることになりました。キャリアでの販売は、私たちの商品をより多くのお客様に触れていただく、大変大きな機会です。」と述べました。

SIMフリー市場での支持の獲得について、「SIMフリー市場で私たちの商品は、2018年から2年で、お客様支持のトップ3圏内に随時エントリーするほどまで成長を果たしています。商品への評価が売上げに直結しやすいSIMフリー市場では、お客様のニーズに応えた商品づくりがとても重要と考えています。たとえば、昨年10月に日本専用モデルとしてリリースしたOPPO Reno Aは日本人のニーズを捉えた製品として大変高い評価をいただき、先月6月25日にリリースした後継機種、OPPO Reno3 Aの評価・売れ行きは大変好調です。SIMフリー市場で確固たる基盤を作ることができたのは、私たちの力だけではなく、パートナー企業様のご理解とご支援あってのことだと思っています。」と述べました。

お客様満足度100%の実現に向けて
OPPOは、設立時から「本分を尽くす」ことを企業理念に掲げています。この本分には、「自分たちが売りたいものではなく、お客様が必要としているものは何かを考え、そのための商品づくりに専念する。結果は後からついてくる。」という意味が込められています。オッポジャパンではこの理念を基に「お客様満足度100%の実現」を目指しており、これまで当社商品をお使いいただいているお客様の皆様の調査を行い、その調査結果から商品に共通する「心地よい使用体験」であることを発見しました。オッポジャパンでは「お客様満足度100%の実現」に向けて、この「心地よい使用体験」をさらに磨き上げていくため、以下の3つのアクションを推進してまいります。

1. 体験の心地よさを重視した商品設計:充電の速さと安全性、カメラの画質、美しいデザインといった体験価値に加えて、圧倒的に進化した映像体験や、誰でも手軽に始められる5G体験など、「使って心地よい」と思っていただく端末ラインアップを随時行っていく予定です。

2. 体験の心地よさを拡張させる商品展開: 5GとAIが普及を迎える中で、スマートフォンを入り口に、お客様のニーズや課題に応じた必要な機能やサービスをシームレスに繋げるIoT商品の開発を行い、リリースを続けることで、心地よい体験提供を強化・拡張してまいります。その第一弾として、“健康管理”のニーズを満たすスマートウォッチ「OPPO Watch」と、“コンテンツ視聴の充実”のニーズを満たすワイヤレスイヤホン「Enco W51」、「Enco W11」の3機種を日本市場に投入してまいります。

3. 体験の心地よさを訴求するコミュニケーション:OPPOの商品の心地よさを多くの人々に知ってもらうため、昨年からイメージキャラクターを務めていただいている指原莉乃さんに加えて、OPPOのDNAである“飽くなき挑戦~Spirit of youth“をし続けている、新セレブリティとして木梨憲武さんも起用し、CMを中心にOPPOの魅力を紹介してもらうコミュニケーションを展開していきます。

OPPOについて
OPPOは、世界をリードするスマートデバイスブランドです。2008年に最初のフィーチャーフォン「A103 Smiley Face」を発表以来、OPPOは美的満足度と革新的技術の相乗効果の実現に熱心に取り組んできました。現在OPPOは、OPPO CloudやOPPO+などのインターネットサービスに加え、FindシリーズやRシリーズを中心とした多様なスマートフォンやColorOSも提供しています。 OPPOは、40以上の国と地域で事業を展開し、世界で6箇所の研究機関と4箇所のR&Dセンター、ロンドンに国際デザインセンターを構えています。OPPOの40,000人以上の社員は、世界中のお客様のより良い生活を実現することに日々取り組んでいます。

オッポジャパン公式WEBサイト: http://www.oppo.com/jp/index.html
Twitter: https://twitter.com/OPPOJapan
Facebook: https://www.facebook.com/oppojapan/
Instagram: https://www.instagram.com/oppojapan/
本件に関するお問合わせ先
【本件に関する報道関係者からのお問い合せ先】
オッポジャパン 広報
Mail: press@oppomobile.jp Tel: 03-4589-3030(代表)

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
OPPO Japan株式会社
ホームページ
http://www.oppo.com/jp/
代表者
鄧 宇辰
資本金
130,000 万円
上場
未上場
所在地
〒140-0002 東京都品川区東品川2-5-8天王洲パークサイドビル
連絡先
03-4589-3030

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所