グロービス経営大学院、2020年度全日制英語MBAプログラムの入試を追加実施へ 新型コロナウイルスの影響を受け、海外留学が困難なビジネススクール志願者へ選択肢を提供

グロービス経営大学院(東京都千代田区、学長:堀義人)は6月1日、2020年度の全日制英語MBAプログラムの入試を追加実施することを決定しました。新型コロナウイルスの影響による渡航制限を受け、海外留学が困難な状況にあるビジネススクール志願者へ、国内にいながら英語でMBAプログラムを履修できる選択肢を提供するものです。入学願書の提出期限は6月24日、書類と面接による入試を行い、合格者は9月から開講する2020年度の全日制英語MBAプログラムに入学することができます。

グロービス経営大学院では、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月2日(月)以降全てのクラスをオンラインで開講し、自宅などで安心して受講できる環境を提供しています。2015年に日本語、2017年からは英語で「オンラインMBA」プログラムの提供を開始しており、オンライン授業に豊富な実績を有しています。また、新型コロナウイルスによる経済的な影響を受け、学費の納付が困難な状況にある本学の学生を対象に「大学院生向けコロナ緊急奨学金制度」を創設するなど、学びの継続を支援する各種の施策を展開しています。

昨今、海外ビジネススクールの合格が決まっていた志願者が、渡航が困難になったことを受け、本学への進学を相談される事例が出てきています。グロービス経営大学院では、新型コロナウイルスの影響下で、海外留学の計画を中断するなどの事態に見舞われたビジネススクールの志願者に、英語でMBAプログラムを履修できる選択肢を提供するため、2020年度全日制英語MBAプログラムの入試の追加実施を決定しました。

グロービス経営大学院の英語MBAプログラムでは、2019年度に全日制と「パートタイム オンキャンパス&オンラインMBAプログラム」とを合わせて91名が入学しました。入学生91名の出身国は27カ国に及び、学生の多様性は年々高まっています。2019年度は、テクノロジー企業の経営メンバーなど海外からトップリーダーを招いたセミナーを複数回開催。アリババグループの元副社長であるポーター・エリスマン氏らがセミナーに登壇しました。学生は東京のキャンパスで、多様性に富む仲間とグローバル企業の最先端の経営知などを学んでいます。


◆グロービス経営大学院 2020年度全日制英語MBAプログラム概要
開講時期:  2020年9月
開講場所:  グロービス経営大学院 東京校
標準修業年限:1年間(インターンシップ期間含む)
願書締切:  2020年6月24日(水)
詳細:    https://www.globis.ac.jp/admissions/
問合せ(メール): imba-info@globis.ac.jp


◆グロービス経営大学院
(日本語プログラム: https://mba.globis.ac.jp 英語プログラム: https://www.globis.ac.jp

グロービス経営大学院は、2003年開始のグロービス・オリジナルMBAプログラムGDBAを前身として、2006年に開学(当初は株式会社立、2008年に学校法人に変更)。開学以来、「能力開発」「人的ネットワークの構築」「志の醸成」を教育理念に掲げ、ビジネスの創造や社会の変革に挑戦する高い志を持ったリーダー輩出のために尽力しています。東京・大阪・名古屋・仙台・福岡の5キャンパスに加え、2014年からオンラインでプログラムを提供。2009年にパートタイム英語MBAプログラム、2012年に全日制英語MBAプログラムを開始し、日本国内のみならず世界各国から留学生を招き入れています。2017年10月には英語オンラインMBAプログラム(本科)を開講しました。2006年開学当初78名だった大学院本科入学者数は、2020年4月には日本語プログラム(通学・オンライン)で1095名に達し、日本最大のビジネススクールに成長しています。グロービス経営大学院は、今後も創造と変革を担うビジネスリーダーの育成を支援し、アジアNo. 1のビジネススクールを目指していきます。


◆グロービス (https://www.globis.co.jp
グロービスは1992年の設立来、「経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきました。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内集合研修事業 を行うグロービス・コーポレート・エデュケーションとeラーニングやオンラインクラスなどを提供するグロービス・デジタル・プラットフォーム、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに情報発信サイト/アプリ「GLOBIS知見録」により、これを推進しています。さらに社会に対する創造と変革を促進するため、一般社団法人G1によるカンファレンス運営、一般財団法人KIBOW による震災復興支援および社会的インパクト投資を展開しています。

グロービス:
・学校法人 グロービス経営大学院
 ・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)
 ・英語(東京、オンライン)
・株式会社 グロービス
 ・グロービス・エグゼクティブ・スクール
 ・グロービス・マネジメント・スクール
 ・企業内集合研修
 ・出版/電子出版
 ・「GLOBIS知見録」
・株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
・顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司
・GLOBIS ASIA CAMPUS PTE. LTD.
・GLOBIS Thailand Co. Ltd.

その他の活動:
・一般社団法人G1
・一般財団法人KIBOW
・株式会社 茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント


■本件に関するお問い合わせ先
グロービス 広報室 担当:田中隆丞
E-MAIL: pr@globis.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
学校法人グロービス経営大学院
ホームページ
http://mba.globis.ac.jp/
代表者
堀 義人
上場
未上場
所在地
〒102-0084 東京都千代田区二番町5-1住友不動産麹町ビル
連絡先
0120-153-981

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所