2018年度『年間テレビCM注視度ランキング』発表。 年齢層別では、アマゾンプライムやNetflixの動画配信サービス、グーグルやバイドゥのアプリサービスなどのCMもランクイン

人体認識技術を用いて、テレビ視聴者の視聴態勢から「視聴質」データを取得・提供するTVISION INSIGHTS株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:郡谷康士 以下「当社」)は、「2018年 年間テレビCM注視度ランキング」を作成しました。
今回のランキングは、独自に計測した視聴質データを基に、2018年1年間を通じて視聴者がどんなCMを注視していたかを発表致しました。
本ランキングでは、AI値(注視度)の高い順に順位づけしました。数値が高いほど、CMが流れている時に画面を注視していた時間が長く、人数も多いことを示します。

<要点>
  • 個人全体の1位はKDDI「意識高すぎ! 高杉くん お見舞い」篇 30秒、2位はNTTドコモ「いたずら」篇 30秒、3位はニベア花王 「ハンドミルク・嫁姑」篇 30秒
  • M1層は昨年に続き15秒CMが多く目立つ、F1層は45秒・90秒CMがランクイン。M3層・F3層は30秒CMを中心に、M3層は携帯電話キャリアが多数、F3層は保険のCMが他の層よりも多かった。
  • アマゾンジャパン(アマゾンプライム)とNetflixの動画配信サービス、グーグルやバイドゥのアプリサービスなどがランクイン(年齢層別など)。

神木隆之介さん出演のKDDI「意識高すぎ! 高杉くん お見舞い」が1位、幅広い層でも注目

2018年 年間テレビCM注視度ランキング(個人全体)
個人全体では、KDDIが1位のほか、合計5件が20位以内にランクイン



2018年 年間テレビCM注視度ランキング(M1層)
M1層では、俳優・中村倫也さんがママ役をされたバイドゥ「きせかえキーボード・Simejiってご存知?」篇 15秒が1位にランクインした他、住宅情報や調味料などのCMがランクイン。



2018年 年間テレビCM注視度ランキング(F1層)
F1層は、女優・佐藤仁美さんが出演するRIZAP「佐藤進化」篇 15秒が2位にランクインした他、アプリや動画配信、AIサービスなどのCMが注目された。



2018年 年間テレビCM注視度ランキング(M3層)
M3層は携帯電話キャリア3社で7件ランクインする他、俳優・役所広司さんがボーカルをされたダイワハウス「物流にAIを」が3位にランクイン。



2018年 年間テレビCM注視度ランキング(F3層)
F3層には料理愛好家・平野レミさんと、食育インストラクター・和田明日香さんが共演するニベア花王「ハンドミルク・嫁姑」篇 30秒が1位にランクイン。



■注釈
2018年1月1日(水)~12月31日(月)に放送されたCMのトップ20のAI値(注視度)を抽出。1000GRP以上流れたCMの最初の1000GRPのAI値。延べ接触人数が各属性50回未満を除外。小数点第3位以下は四捨五入、また同じAI値の場合は小数点第3位で順位をランキング。広告主、広告素材名はTVISIONのデータベースの登録名称であり、正式名称と異なる場合がある。


■視聴質についてについて
人々がテレビの前に滞在している度合いを示すVI値と、テレビ画面に顔が向いているかを示すAI値を数値化し計測しています。
  • 視聴質を示す数値
    • VI値(滞在度=Viewability Index)
      テレビの前に人が滞在している度合いを示す。数値が高いほど、テレビの前の滞在人数が多く、滞在時間が長い。
    • AI値(注視度=Attention Index)
      テレビ画面に人の顔が向いているかを示す。数値が高いほど、画面を注視した人数が多く、注視秒数が長い。
  • データの収集方法
    関東800世帯の一般視聴者宅に人体認識アルゴリズムを組み込んだセンサーを設置し、顔認証システムを用いてテレビの前に人がいるか、視聴者の表情、番組のどこで画面に注目したかといった視聴態勢を判断・計測しています。2015年6月より計測スタートし、2019年2月現在、地上波6局7チャンネルの全番組について、毎秒レベルで視聴質の計測を行っています。

■TVISION INSIGHTS株式会社について
TVISION INSIGHTS株式会社は、テレビの「視聴質」を計測する会社です。当社が開発した人体認識技術を用いて、テレビの視聴態勢を取得しデータ化する独自手法で、データセットを取得・蓄積・提供しています。国内では、関東エリアの800世帯、地上波6局7チャンネルの全番組を毎秒レベルで計測(2019年2月現在)。またグローバルにも拠点を広げ、ボストン・ニューヨークでも展開。米国では主要放送局が導入しているほか、日本では放送局や広告主、広告会社をはじめ70社以上が活用しています。テクノロジーとビッグデータを用いて、テレビ本来のポテンシャルを顕在化することを目指しています。


■企業概要
会社名:TVISION INSIGHTS株式会社
代表 :代表取締役 郡谷 康士
所在地:東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル6階 Inspired.Lab 内
設立 :2015年3月6日

<本件に関する報道関係のお問い合わせ先>
コーポレート:太田 Tel:070-1488-3702 E-mail:pr@tvisioninsights.com

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
TVISION INSIGHTS株式会社
ホームページ
https://tvisioninsights.co.jp/
代表者
郡谷 康士
上場
未上場
所在地
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル6階
連絡先
03-6268-8056

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所