昭和女子大学現代教育研究所が現役教師を対象にオープンラボを開催  「社会に開かれた教育課程」と「共創する学び」の作り方を実体験



昭和女子大学(理事長・総長 坂東眞理子、東京都世田谷区)現代教育研究所は、学校で教育に携わる教師を対象にオープンラボを開催します。




学習指導要領の改訂で「アクティブラーニング」は「主体的・対話的で深い学び」へと進化しました。アクティブに授業をするのでなく、学習を児童・生徒の「探究」へと結びつけることが重要だとされています。
また、新学習指導要領では「社会に開かれた教育課程」や「コミュニティスクール」の推進など、学校と地域社会との関係を深め、探究する学習の場づくりの充実を求めています。今こそ「教科をこえ社会にひらく」学びづくりに挑戦する時です。
オープンラボでは、地域・学校・児童生徒が「共想する学び」の作り方を参加者と一緒に考えていきます。教科学習に加え、アートやデザインなどの表現力を加えることが、教育改革の鍵になると私たちは考えています。


◆ 昭和女子大学現代教育研究所オープンラボ2019 概要
【日 時】平成31年2月24 日(日) 10時30分〜16時30分(10時開場)

【場 所】昭和女子大学(世田谷区太子堂1-7-57)8 号館6階 オーロラホール
【内 容】
〇 第1部 基調講演
九州大学大学院 芸術工学研究院 環境デザイン部門 藤原惠洋 教授
 小さな物語を紡ぐとき――〈足思手考〉が教えるフィールドからの学び


〇 第2部 共創する学びの実践紹介 Co-Creative Learning Session

昭和女子大学 現代教育研究所 青木幸子 所員
 昭和女子大学現代教育研究所×附属昭和中学校・高等学校「衣から紐解く私たちの暮らし」


〇 第3部 共創する学びづくりワークショップ

ファシリテーター:昭和女子大学現代教育研究所 緩利誠 副所長・青木幸子 所員
 専門家のマントを羽織ってみよう︕


※終了後に名刺交換会を予定しています。(自由参加)


【お申込み方法】
下記サイトからお申込みください。
http://iome.jp/forum/


主催:昭和女子大学 現代教育研究所・大学院 生活機構研究科 人間教育学専攻
後援:東京都教育委員会・世田谷区教育委員会
このイベントはJSPS 科研費JP18K02345 の助成を受けて行うものです





▼本件に関する問い合わせ先
昭和女子大学 広報部
TEL : 03-3411-6597
E-mail: kouhou@swu.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
昭和女子大学
ホームページ
http://www.swu.ac.jp/
代表者
金子 朝子
上場
未上場
所在地
〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所